ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

大型アップデート「Episode:Banquet For Heroes ~七王家とユミルの心臓~」実装直前レポート(後編:アイテム&エンチャント編)


 2016年11月8日(火)に実装予定の『ラグナロクオンライン』の大型アップデート「Episode:Banquet For Heroes ~七王家とユミルの心臓~」。前編のクエスト&ダンジョン編に引き続き、こちらの記事ではアイテムやエンチャントについて詳しく紹介していこうと思います。Web検索などでこのページを開いた方は、前編からお読みいただいたほうがわかりやすいと思いますので、よろしければ上記のリンクから前編をどうぞ。


02_01

 さて、この後編記事ではスクリーンショットは少なめで、細かいデータなどが多いです。ただし、記事中では、わかりやすくするために、ゲーム中の表記を一部簡略化して書いている部分もあります。実際のゲーム中の用語とは異なっている箇所もありますので、ご了承願えればと思います。また、前編に引き続いての注意となりますが、掲載しているデータはテストサーバーにて検証中のものを元にしていますので、実装されたものと異なる場合があります。こちらもあわせてご了承ください。


続きを読む

大型アップデート「Episode:Banquet For Heroes ~七王家とユミルの心臓~」実装直前レポート(前編:クエスト&ダンジョン編)


 『ラグナロクオンライン』では、2016年11月8日(火)に、大型アップデート「Episode:Banquet For Heroes ~七王家とユミルの心臓~」が実装予定となっています。今回、さまざまなメディアにテストプレイという形でその内容の一部が公開されるとのことですが、当ブログでもその様子をお届けできることになりました。


 しかしこのアップデートは、予想していたよりはるかにボリュームがあり、取材時間のすべてを費やしてもその全容を確認するのはムリでした! とはいえ、注目点であるクエストや、気になるダンジョンの様子、新たに登場する武器や防具、新規エンチャントなど、できるかぎりの情報をお伝えしていこうと思います。そのため、記事をふたつに分割し、前編となる本稿では「クエスト&ダンジョン編」として新クエストの流れや実装されるダンジョンの体験レポートを、後編となる「アイテム&エンチャント編」では、新規実装されるアイテムやそのアイテムに施す「ニーヴエンチャント」の性能などを詳しく紹介していきます。記事自体はいつも以上のかなりの長さとなりますが、これでも全部紹介しきれていないので、アップデートのボリューム自体にも期待していただけるのではないかと思います。


 なお、今回ご対応いただいたのは、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の長澤誠吾氏、中村聡伸氏、白川昌平氏、伊藤健氏の4名の方々。また、取材内容はテストサーバーでの検証中の時点のものであり、実装時には紹介したものと異なる可能性があることもご了承ください。


01_01

 さて、詳しいアップデート内容の前に、今回のアップデートの概要を紹介しておきましょう。今回メインとなるのはプロンテラのあるルーンミッドガッツ王国の王位継承。「歴史学者クエスト」や「王位継承クエスト」()でも描かれているように、ルーンミッドガッツ王家では建国に関わった七王家から国王を選出することになっています。


不具合により進行が停止されていた「王位継承クエスト」は、このアップデートにて新ストーリーが展開される関係上、撤去される予定とのことです。詳しくは公式サイトをご確認ください。


 冒険者(プレイヤー)ならご存知の方も多いと思いますが、前国王「トリスタン3世」は、コモドで誘拐されたあと、アルナベルツ教国にて誘拐犯から助け出されました。しかしルーンミッドガッツ王国とあまり友好的とは言えないアルナベルツ教国。その対処に困ったため、とりあえず情報が漏れないように一時的にとある島に隔離し、保護(幽閉)することにしました。ですが、その島で悪魔召喚の儀式を行う者が現れ、「ヴェルゼブブ」が召喚、島全体をモンスターの徘徊する魔境に変えてしまいます。こここそが「名もなき島」と呼ばれる場所。「修道院クエスト」ではその顛末を追うことになりますが、国王「トリスタン3世」はすでに犠牲となっており、プレイヤーは名もなき島の「修道院 03」でその亡骸と遭遇することになります。


 「修道院クエスト」をクリアした冒険者によって伝えられた情報は七王家にももたらされ、新たな国王が選出されることになりました。しかし、候補者から国王に相応しい者を選ぶ審査中に、王位継承候補のひとり「アイゼン・アルム」が乱心し処断されるという事件が起こってしまいます。混乱する七王家ですが、そこへさらに魔王モロクの復活が起こり、王位継承どころの騒ぎではなくなってしまいます。


 そして時は流れ、魔神となってしまったモロクが、ついに冒険者たちによって討たれました。その戦勝の祝賀の儀、冒険者たちも招かれた宴に合わせて、王位継承が執り行われようとしていました。


 ……というわけで、名もなき島が実装された「Episode 6.0 Beginnings and Upheavals 【名もなき島】」アップデートからリアル時間で約8年。再び王国の歴史が動き出すことになります。


 物語中にもあるように、冒険者(プレイヤー)は、魔神モロクの討伐に大きく貢献したことで、宴に招待されます。具体的には各街にいるNPC「王室急使」(プロンテラの場合、中央カプラの復帰地点近く)に呼びかけられることで新たなクエスト「七王家とユミルの心臓クエスト」がスタートします。


01_02
▲クエストはNPC「王室急使」に呼びかけられることで始まります。ここで1点予備知識を。今回のアップデートから、一部のクエストNPCは、該当のプレイヤーキャラにしか見えないものが登場するようになりました。つまり、今後実装されるクエストなどでは、過去にあったように、他人がプレイしているクエストの影響でNPCが消えてしまい、話したいのに話しかけられないということがなくなるわけです。今回の「王室急使」も、クエストを受けられるプレイヤーキャラクターが通りかかったとき、その人だけに見えるように声をかけてくるそうです。


 なお、ストーリー的には、“魔神モロクの討伐に貢献したキャラ”となっていますが、「魔神殿」のクリアが条件というわけではありません。クエストの条件的には「異世界クエスト」(BaseLv70以上)をクリアしていればOKだそうです。今回のアップデートに合わせて、おなじみのイベント「異世界ツアーズ」や、低レベルキャラ育成用のぷちイベント「新キャラ育成ダイス勝負!」も行われています。新たにゲームをスタートしても、すぐに最新クエストに挑戦できるというわけです。


 ここで予備知識の2点目。韓国ではこのアップデートと同時にプロンテラのマップがリニューアルされましたが、日本では現行のマップのまま変更はしないとのことです。リニューアルによってグラフィックはキレイになるのですが、マップの形状なども変わってしまうため、ふだんから“たまり場”にしている場所が消失してしまうなどのデメリットを考慮しての判断とのこと。韓国情報を知って不安に思っていた人はひと安心といったところでしょうか。


01_03
▲韓国ではプロンテラがリニューアル済み。マップの構造や雰囲気などが大きく変化してしまっているとのことです。ちなみにこれはプロンテラ南西の復帰地点付近。


 もうひとつおまけの余談ですが、メインビジュアルに描かれたイラストは公開に合わせて日本側で制作されたもの。また、各王家の紋章は、韓国では公開されておらず、今回が初公開だそうです。


 ということで、概要を知ってもらったところでいよいよ詳しい内容に迫ってみましょう。


続きを読む

【チャレンジ079】大型アップデートに備えてイベント&キャンペーンが目白押し!? 魔女育成の「ハロウィンイベント」も開催中!

01

 「グリード」ができる喜び!


 いきなり失礼しました。「生体工学研究所:獄 実装1周年記念 生体カーニバル」(詳しくはこちら)開催中で「ハロウィンジャック」から「カボチャヘッド[1]」を手に入れる日々を送っている方も多いと思われる『ラグナロクオンライン』ですが、2016年10月25日(火)のアップデートにて、イベントやキャンペーンが一気にスタートしました。


 その中のひとつが、「クエスト参加チケットGetキャンペーン」(詳しくはこちら)。これは公式サイトの「ラグナロクネットストア」から「30日利用券(キャンペーン)」を購入すると、期間限定で開催されているクエストへの参加券がもらえるというもの。利用券の価格は通常と変わらず1500円なので、『RO』を継続してプレイする人なら買っておいて損はない感じです。


 この利用券を購入すると「キャンペーンクエストチケット」のアイテムIDがもらえます。IDを入力すると、該当のアカウントでイズルードのNPC「ギムレット」に話しかけることで、ゲーム内アイテムとして「キャンペーンクエストチケット」(の箱)が手に入ります。そのチケットを持った状態でプロンテラ南西にいる「クラッシャーハッスル」に話しかけると特別なクエストが発生します。


02
▲「キャンペーンクエストチケット」の知られざる秘密が明らかに!? ちょっとしたクエストにもネタを仕込んでいますよね(笑)。


 このクエストは、いくつかのアイテムを渡すことで「[衣装] 平和の眼帯」か「[衣装] 繁栄の眼帯」を作ってもらえるのですが、このアイテムが超絶良性能。2016年11月22日(火)の定期メンテナンス前までの期間、攻撃力増加はもちろんのこと、上の画像のように「グリード」が使えるようになったり、移動速度が常時アップしていたり、特定のモンスターから「時間の結晶」がドロップするようになったりと……まぁ一言で言うと神性能です。ちなみに2種類の違いはグラフィックと、HPが回復寄りか、SP回復寄りかというあたり。詳しくは上記にてリンクしている公式特設Webページをご覧ください。


 『RO』を休止されている方の中には「期間限定とはいえ、なんで突然こんなアイテムが!?」と思う人もいるかもしれません。その理由は「次期大型アップデートの到来」です。

続きを読む

【チャレンジ078】“生体工学研究所:獄”実装1周年の生体カーニバルは2週目に突入! 一方、「ドラモ マシーン」の課題は難度高し!?


 『ラグナロクオンライン』では先週から始まったイベント、「生体カーニバル」が継続中(詳しくはこちら)。経験値アップと「戦死者のマント[0]」のスロットエンチャント緩和は終了しましたが、「ハロウィンジャック」がドロップする「カボチャヘッド[1]」は、付与される効果が変化しており、今週はスキルディレイ短縮のオプションがつくようになっています。


 ちなみに公式特設サイトに追記されていますが、毎週変わるこの効果は、鑑定時に決定されるわけではなく、ドロップ時に決定されるとのこと。つまり、今週手に入れた未鑑定の「カボチャヘッド[1]」を、来週になってから鑑定しても、ついている効果はスキルディレイ短縮のままということになります。まぁ、拾ったら細かいことを気にせずさっさと鑑定しちゃいましょうってコトですね。


 ということで、今週も「リムーバ」から「囚人の腕輪」を500個集めつつ、ダンジョン内をうろついている「ハロウィンジャック」を倒してみます。「囚人の腕輪」を500個集めるのにかかった時間はやはり1時間弱。ソーサラーで行ったのでアイテムを拾うのがちょっと大変でしたが、やっぱり大量のドロップアイテムというのは妙に嬉しいですよね。


 前回は1時間で6個ほどドロップしてくれた「カボチャヘッド[1]」でしたが、今回は3個とやや不作。手に入った中では、物理攻撃時にボスモンスターに与えるダメージ+25%というオプションはまぁまぁといったところでしょうか。スキルディレイ-10%(たぶん最大効果だと思います)という効果も出ましたが、そちらはもうひとつの効果が、魔法攻撃時にボスモンスターに与えるダメージ+5%と微妙でした。


01
▲今週の「カボチャヘッド[1]」には、2番目の効果にスキルディレイ短縮が付与されています。先週同様、数値はランダムなので、1番目と2番目の両方の効果にいい数値がつくのはかなりレアになりそうですね。


02
▲そして、「囚人の腕輪」が500個溜まるごとに別キャラで「ロバート」に渡して、着々と「怨嗟の腕輪クエスト」をクリアしたキャラを増やしていきます。これで後日、複数の「怨嗟の腕輪[0]」をゲットできるはず。


 「生体工学研究所 01」での「リムーバ」狩りは地味なように見えて、経験値やその他のドロップアイテムもかなり美味しいので、復帰者さんなどにもオススメです。先週のアップデートで、「生体工学研究所侵入クエスト」をこなしていないキャラでもダンジョンに入場できる(ただし、BaseLv60以上)ようになっているので、限られているRAGホーダイの時間中でもいきなり挑戦することができます。超久々に「生体工学研究所 01」に行くという人は、「リムーバ」の数の多さとドロップアイテムの多さにビックリすると思うので、ぜひ堪能してほしいところです。


 なお、プレイ利用権がなくてもログイン可能なRAGホーダイは、今月は残すところあと2回! 2016年10月23日(日)と30日(日)の19時~25時となっていますのでお忘れなく。詳しくはこちらを参照してください。


続きを読む

【初心者・復帰者企画41】「モンスターハウス」で遊んでみませんか?(後編)


 前回、「モンスターハウス」の概要について紹介しましたが、今回は実践編とでもいいますか、実際の「モンスターハウス」を遊ぶ際に気をつけたいことなどをまとめて紹介していきたいと思います。


01
▲迫り来るモンスター軍団を退けて、最後に待ち受けるボスを倒すことを目標とする多人数参加型PvEアトラクション「モンスターハウス」。2016年10月現在、毎週水曜日の22時~、毎週金曜日の23時~と、週2回の開催です。


 前回も書きましたが、基本的な流れは「初級」、「中級」、「上級」で大きな差はありません。もちろん、敵から受けるダメージや敵のタフさなどは異なりますので、その点は留意願います。ではさっそくですが順を追って説明していきましょう。


続きを読む