初心者向けメモリアルダンジョン攻略の第3弾は、BaseLv70から挑戦可能な「飛行船襲撃」。このメモリアルダンジョンは“英雄の痕跡”と呼ばれるシリーズのひとつ。とはいえ、メモリアルダンジョンのルールとしてはほかのものと同じなので、あまり気にしなくても大丈夫です。


【ポイント】
 英雄の痕跡とは、『ラグナロクオンライン』の原作コミックのシーンをフィーチャーしたメモリアルダンジョン。原作の主人公、ケイオスをはじめとした、さまざまなキャラクターが登場します。また、英雄の痕跡はすべて「次元の狭間 時の通路 01」「次元の狭間 時の通路 02」という繋がったマップにまとまっており、アクセスしやすいのも特徴です。


 「飛行船襲撃」は2015年9月、初心者がマラン島の「地下排水路(お掃除ビギナー)」からステップアップできる内容のメモリアルダンジョンとして実装されました。


 メモリアルダンジョンの中には、挑戦可能なBaseLvと余裕でクリアできるBaseLvに開きがあるものもあるのですが、このメモリアルダンジョンは、初心者プレイヤーがBaseLv70に到達したばかりのキャラクターでも十分クリアできるくらいの難度になっています。


 ただし、「飛行船襲撃」はソロ専用。2人以上のパーティーで挑戦することはできません。必然的に、戦闘に不向きなキャラクターで挑む場合は難度が高くなってしまいます。まだ『RO』自体の操作に慣れていない場合は、まずは戦闘向きのキャラクターで挑戦し、敵の強さなど、内容を把握していくのがいいでしょう。


 なお、英雄の痕跡シリーズに限らず、ストーリー重視のメモリアルダンジョンでは、キャラクター同士の会話シーンなども多く発生します。が、1度クリアしたキャラが再び挑戦する場合は、会話の大部分をスキップできる仕様も取り入れられていますので、2回目以降は手早くクリアすることも可能です。


【ポイント】
 「飛行船襲撃」では、2回目以降は会話部分をほぼすべてスキップ可能です。


 ちなみに、当サイトでは実装前にテストサーバーでテストプレイをさせてもらった際のプレイレポートも掲載していますので、興味がある方は以下の記事もどうぞ。


・初心者からのステップアップが可能な「飛行船襲撃」! 連続アップデート第2弾先行プレイレポート!
http://ro-challenge.blog.jp/archives/1038694462.html


■■■【DATA】■■■


【名称/通称】
正式名称:英雄の痕跡「飛行船襲撃」(えいゆうのこんせき・ひこうせんしゅうげき)
プレイヤー間の通称:「飛行船MD」など


01

【プレイヤー間での主な使われ方】
・未転生キャラや上位2次職などの中盤レベルアップ用
・装備品、「飛行船シリーズ」「ペルロックシリーズ」の入手
・「飛行船シリーズ」「ペルロックシリーズ」の特殊精錬による金策


【公式サイトリンク】
・特設ページ
http://ragnarokonline.gungho.jp/special/hero-vestige/episode06/
・リスタートガイドによる解説
http://ragnarokonline.gungho.jp/comeback/pickup-contents.html#anc07


【「次元の狭間 時の通路01」への行き方】
・マラン島NPC「英雄の痕跡案内員」に「マラン島特産缶詰」を5個渡し、「次元の狭間 時の通路 01」へのワープリンクを開けてもらう

・異世界各所や「時空の裂け目」などにある「次元移動機」から移動


【「飛行船襲撃」への行き方】
「次元の狭間 時の通路 01」の西側にあるワープリンクから「次元の狭間 時の通路 02」へ

「次元の狭間 時の通路 02」の最東端にある「次元移動機」からメモリアルダンジョンを生成


【入場制限/再入場時間】
入場制限レベル:BaseLv70以上
再入場可能時間:次の午前5時以降


【クリア時報酬など】
・モンスター「暴走した船長ペルロック」を討伐した場合
 Base経験値:1,000,000/Job経験値:500,000
 以下のアイテムから選択してひとつ入手
 「ペルロックのスーツ[1]」
 「ペルロックのブーツ[1]」
 「ペルロックのマント[1]」


・モンスター「怒りの船長ペルロック」を討伐した場合
 Base経験値:500,000/Job経験値:250,000
 以下のアイテムから選択してひとつ入手
 「飛行船スーツ[0]」
 「飛行船ブーツ[0]」
 「飛行船マント[0]」


・船長ペルロックと戦う選択をしなかった場合
 Base経験値:300,000/Job経験値:150,000


また、ボス撃破時に、クリア時に選択して入手できるものと同じ装備品をドロップすることがあります


【あると便利な装備、スキルなど】
特になし
強い武器がないなら「猫武器シリーズ」



■入場前にどんな準備が必要?


 難度が低いといっても、「飛行船襲撃」内部ではアクティブモンスターとの戦闘も発生します。防具に関しては、「レベルアップボックス」などから得たものがあるなら、自分のキャラに合うと思うものを装備させておきましょう(Agi型であれば「ヘルモードセット(2)」など)。特にマジシャン系の場合は、ダメージを受けても詠唱が中断されない「モルフェウスセット」が便利です。


 武器に関しては、実はほとんどのキャラクターで、マラン島で入手できる「猫武器シリーズ」がオススメ。メモリアルダンジョン「地下排水路」などとは違い、特に有利な効果はないのですが、初心者が簡単に入手できる武器として、単純に基本性能が高いのです。


 なお、「飛行船襲撃」に出現する敵の属性は風と闇なので、これらの属性に強い武器(地属性や聖属性など)があるなら随時それらに持ち替えるのもいいでしょう。


 それと、回復アイテムですが、強いほうのボスの「暴走した船長ペルロック」を除き、攻撃力は低めの敵ばかりなので、「初心者用ポーション」でも十分。ただし、初回はできるだけ多めに持って行きましょう。道中で「トゲの実」といった回復アイテムも入手できるので、それらを使って回復してもOKです(だからといって回復アイテムをまったく持たないで入場するということのないようにしましょう)。


02
▲実は未転生キャラにとって「猫武器シリーズ」は十分強力だったりするのです。


【ポイント】
 初心者でも「猫武器」で十二分に戦えるメモリアルダンジョン。ただし回復アイテムは忘れずに!


■合計6体の敵を9回撃退


 「飛行船襲撃」前半では、アクティブモンスター3体とノンアクティブモンスター3体の合計6体の敵がセットになって登場します。6体を倒しきると次の敵が出てくる仕掛けになっているので、着実に倒していきましょう。


03
▲最初の甲板では敵とは戦いません。3時(右)方向にあるワープリンクから船内へ降りて行きましょう。


 甲板でのストーリーのあと、船内へ入ると、階段から9時(左)方向に「スカイロータージャイロ」3体と「スカイビホルダー」3体が出現しています。「スカイロータージャイロ」は遠距離攻撃でアクティブ、「スカイビホルダー」はノンアクティブなので、まずは襲ってくる「スカイロータージャイロ」から倒していくようにしましょう。


 遠距離攻撃系の敵はDexが高めで、必然的にHit(命中率)も高いため、Agi型のキャラクターの場合は、3体すべてに攻撃されないよう、誘い出して1体ずつ戦っていくのがベスト。1度に3体以上から同時に攻撃されると“囲まれ補正”で敵の攻撃が当たりやすくなってしまうからです。


 「スカイロータージャイロ」のHPは3,900なので、それなりに攻撃力のあるキャラクターであればあまり苦労せずに倒せるハズ。残った「スカイビホルダー」を3体倒せば、次は12時(上)方向にまとまって敵が登場します。


04
▲2回目の敵の出現場所。


05
▲3回目の敵の出現場所。このフロアでは戦闘自体は特に苦戦することはないと思います。


 12時方向の6体、次の9時方向の6体をすべて撃退できればこのフロアは終了。下層フロアへと移動します。


【ポイント】
 「飛行船襲撃」では、アクティブとノンアクティブが混じったモンスターの群れをさばく練習が可能。


 下層フロアでは、階段を降りたところの3時(右)方向に敵が出現しています。このフロアから敵の編成が変わり、「レッサーワイバーン」(ノンアクティブ)3体と「スカイグレムリン」(アクティブ)3体に。これらの敵は前フロアの敵と比べるとかなりAtk(攻撃力)が高くなっています。特に「スカイグレムリン」は攻撃速度も速いため、複数体に囲まれないように注意したほうがいいでしょう。


【ポイント】
 外見が「ブルーオシドス」にそっくりな「レッサーワイバーン」ですが、こちらはかなり弱いモンスター。初心者の人は、別の場所で同じ姿のモンスターを見つけても、別物なので注意してください(カーソルを合わせた際の名前をよく確認すること)。なお、これは「飛行船襲撃」のモンスター全般にいえることです。


06
▲「レッサーワイバーン」は、「ライトニングボルト」なども使用してくるため、マジシャン系やアーチャー系などの遠距離攻撃職はもちろん、高Fleeを誇るAgi型キャラでも思わぬダメージを受けることが。回復アイテムを持って入場するように勧めたのはこのためなのです。


07
▲このフロアでも3セットの敵と戦闘。9時(左)方向に直進していくだけなので迷うことはないでしょう。


 下層フロアで3セットの敵を倒すと、来た道を戻って機関室付近にいるケイオスたちと合流することに。そこで飛行船の中枢である「ルーン機関」が致命的なダメージを受け、爆発炎上してしまいます。急いで脱出をすることになり、再び上層フロア(便宜上、3層目と書きます)へ移動になります。


 3層目へ移動するには、12時(上)方向と6時(下)方向の2つの階段のワープリンクがありますが、画面構造上、6時方向側のワープリンクのほうが若干戦いやすいかもしれません(敵が上側から来るので、会話ウィンドウなどに被らない)。


 3層目では、「ワイバーンキッド」(アクティブ)3体と「スカイビホルダー」(ノンアクティブ)3体の合計6体のセットが、やはり3回出現します。3層目では敵の出現位置的に障害物も多くなっていて、射線が通りにくく、戦闘の難度も少し高くなっていますので注意。


【ポイント】
 3層目は遠距離攻撃の射線が通りにくかったり、接近しづらかったりするマップ配置で、プレイヤー自身の戦闘経験(いわゆるプレイヤースキル)を高められる内容になっています。初心者は慎重に進むようにしてください。


 最も気をつけたいのが、3層目に移動してすぐの敵。何も考えずに進むと、3体の「ワイバーンキッド」に囲まれてしまいます。6時方向のワープリンクに入った場合は階段を回りこんでさらに下へ移動、12時方向のワープリンクに入った場合は階段を回りこんでさらに上へ移動し、敵から見つからない位置で状況を確認しましょう。


 敵が固まっているようであれば、バラけるのを待って1体ずつ誘い、各個撃破に持ち込みましょう。「ワイバーンキッド」はAtk(攻撃力)が871と高いため、低レベルキャラの場合は、攻撃されたらすぐに回復するように心がけてください。また、「ファイアーボール」を使ってくることがあるので、通常攻撃を避けられるAgi型のキャラも注意を怠らないようにしましょう。


 1セット目を倒したら、次は6時方向と告げられます。これは全体マップから見た場合で、1セット目の敵との交戦地点からすると8時(左下)方向に出現します。


 こちらもテーブルやイスなどがあるため、回りこんで進むことになるのですが、ゆっくり進まないと「ワイバーンキッド」複数体に囲まれる可能性があるので慎重に。やはり1体ずつ釣って各個撃破していきます。


 最後は9時方向のカジノ風のエリア。ここも障害物が多いため、ほかの「ワイバーンキッド」に邪魔されないように戦うには壁の外まで連れ出すほうがいいかも。あまり距離を取りすぎると「ファイアーボール」が飛んできますが……。


08
▲2回目の敵の出現場所。


09
▲3回目の敵の出現場所。画像のウィザードの場合は「モルフェウスセット」で詠唱中断されないことを利用し、「ストームガスト」(スキルLv1。スキルLvが低いほど凍結しやすい)で凍結(強制的に属性が水1になります)させ、「ユピテルサンダー」(水属性に特に威力を発揮する風属性魔法スキル)で攻撃しています。


 3層目の3セット目を倒せば前哨戦は終了です。中央の階段のワープリンクから甲板に上がりましょう。


■中ボス「ワイバーン」戦


 ボスとは戦わない選択肢もあるのですが、中ボスの「ワイバーン」とは必ず戦うことになります(なお、戦うのは1体だけです)。ある意味、最大の壁といえるでしょう。


 「ワイバーン」は「ファイアーボール」や「クァグマイア」などの魔法スキルを使ってきます。特に厄介なのが「クァグマイア」。AgiとDexを大幅に低下させられ、「速度増加」「ツーハンドクイッケン」「アドレナリンラッシュ」などの速度上昇系効果が消されてしまいます(速度増加ポーション系効果は消えません)。Agi型キャラは、「クァグマイア」を使われたら、即座に効果範囲外に出るようにしましょう。効果範囲外に出ればAgiとDexの低下は元に戻ります。が、消えてしまったスキル効果は復活しないので、かけ直す必要があります。


【ポイント】
 緑色の泡のエフェクトの「クァグマイア」内ではAgiとDexが大幅低下。連動してFleeやAspd、Hitも低下します。さらに、移動速度も低下するため、圧倒的に不利に。できるだけ範囲外に逃げるようにしましょう。


 「ワイバーン」はHPが29,500とやや高めなので、長期戦になることもあります。属性は闇4なので聖属性の攻撃ができるなら有効に使っていけるでしょう。また、ボス属性ではないため、スタンや凍結といった状態異常も効きます。


 見た目に反して、Atk(攻撃力)は376と低めなので、焦らずに攻撃を続けていれば戦闘不能に追いつめられることは少ないでしょう。いざとなったら回復アイテムを使いまくりましょう。もし、回復アイテムがなくなってしまったらボスとの戦闘を諦めてクリアしてしまえばいいわけですし、それでもクリア報酬の経験値は獲得できます。


10
▲慣れればどうということはないのですが、初回は戸惑うこともあるかも。移動速度はやや遅めで、全力で逃げれば振り切ることも可能。体制を立て直したい場合などは早めに逃げまわるようにしましょう(おそらく魔法攻撃が飛んでくるので回復を叩きながら逃げましょう)。画面左側の階段を昇って逃げると振り切りやすいはずです(これはボス戦のときにも使えます)。


■ボスの選択によって報酬や獲得アイテムが変化


 「ワイバーン」討伐後、アイリスに話しかけるとストーリーが進み、飛行船の船長であるペルロックが銃を持ち出して暴れ始めます。これに対処する選択肢は、説得して戦闘をしない、「怒りの船長ペルロック」と戦う、「暴走した船長ペルロック」と戦うの3つ。


 選択肢が下になるほど難度が高くなっています。入場下限レベルでも弱いほうのボス「怒りの船長ペルロック」程度なら倒すこともできると思います。逆に、「暴走した船長ペルロック」は最大HPが698,000と、文字通り桁違いに高く、使用してくる攻撃スキルも増えるので、高レベルキャラ向きです。


11
▲低レベルキャラの場合、戦闘なしか「怒りの船長ペルロック」戦を選択しましょう。


 「怒りの船長ペルロック」はボス属性の遠距離物理攻撃系モンスター。遠距離攻撃モンスターにしてはHit(命中率)はさほど高くないため、Agi型キャラであればかなり攻撃を避けられるハズです。特殊な攻撃はあまりしてきませんが、HPが低下すると「ソウルブレイカー」を使ってくることもあるので、もし詠唱バーが出現したら姿が見えなくなるくらい遠くまで移動して回避しましょう。「ソウルブレイカー」は低レベルキャラにとっては即死級の攻撃にくわえ、魔法攻撃判定部分もあるので、Agiを高めても避けられないからです。


12
▲画像のウィザードの場合、敵がボス属性でノックバックも凍結もしないことを利用して、「ストームガスト」(スキルLv10)を使って強引に倒しています。「モルフェウスセット」があるため、ダメージを受けても詠唱が中断されないので、ノーガード殴り合いといった感じですが……。


【ポイント】
 ボスで敗北してしまうと、当然ながらクリア扱いにはならず、次回も会話シーンをすべて見る必要が出てきます。もし自信がない場合は、報酬経験値はやや少なくなりますが初回は戦闘なしでクリアして、次から会話シーンをスキップできるようにしておくといいでしょう。


■初心者から中級者まで“意外と使える”セット装備


 ボスを倒してクリアすると、報酬として「飛行船シリーズ」や「ペルロックシリーズ」といった装備が入手できます。性能としてはどちらもほぼ同じで、「ペルロックシリーズ」にはカードスロットがあるのが違いとなっています。


 これらはスーツ、マント、ブーツの3種類をセットで装備することで、セット効果が発動する装備品。セットで装備することで、Def(防御力)やMaxHPなどが大幅に増加します。BaseLv50以上のすべての職業が装備できるという緩い制限のわりには性能が高く、特に序盤には頼もしい装備といえるでしょう。


 報酬として選択式でひとつ選ぶことができるほか、報酬と同じものをボスがドロップすることもあり、1回のクリアで3種類そろえることも夢ではありません(もちろん、3回クリアすれば確実に1セット揃います)。


 なお、この装備は倉庫経由による同アカウント内のキャラクターのみ受け渡しが可能となっており、他プレイヤーから譲ってもらったり、露店で購入・販売することはできません。


13
▲ボスが一度に複数の装備をドロップすることもあるのです。


【ポイント】
 セットで装備しなくても、各装備にはMaxHP増加効果などがあり、十分強力。装備が不十分な序盤では破格の性能を誇っているはずです。


■同じシリーズの装備品を消費して精錬し、売却することで億万長者を目指せる……!?


 「飛行船襲撃」独自のコンテンツとして、「飛行船シリーズ」と「ペルロックシリーズ」(まとめて「飛行船装備」と呼びます)の特殊精錬が可能になっています。


 「飛行船装備」は通常の精錬NPCでは精錬値を高めることができません。「飛行船襲撃」の入り口近くにいるNPC「道楽裁縫師」でのみ精錬することができるのです。「道楽裁縫師」で精錬を行うためには同じシリーズの装備品を1つ消費します。つまり「飛行船スーツ[0]」を精錬したい場合には「飛行船スーツ[0]」か、「飛行船マント[0]」か、「飛行船ブーツ[0]」のどれかを消費するといった具合です。


 なお、「道楽裁縫師」の精錬は+1から失敗する可能性があり、失敗した場合、装備品は両方とも消滅してしまいます。初心者の場合、自分で使う分は倉庫に入れておくなどして、残しておくように気をつけてください。


【ポイント】
 「道楽裁縫師」は「飛行船装備」しか精錬してくれませんのでご注意を。通常の精錬はプロンテラやモロクといった街にいるNPCで行います。


 精錬を行うと装備が強力になるのはもちろんなのですが、「道楽裁縫師」と同じく「飛行船襲撃」の入り口近くにいるNPC「飛行船愛好家」に売却する際の売却価格が高くなります。公式特設サイトにある買取価格を見てもらえばわかるとおり、最大で1,180,980,000(11億8千98万)zenyもの価格になります(「ペルロックシリーズ」の精錬値が10の場合)。


 価格から予想された方もいるかもしれませんが、精錬値10はさすがに“夢から醒めなさーい”状態。それはともかくとしても、精錬値4や5でも、初期プレイヤーからすれば一攫千金と言える価格だと思います。「飛行船襲撃」に通ってたくさんの飛行船装備を獲得し、うまいことそこそこの精錬値の装備ができたら、売却することでお金も稼げるのです。そういう意味でも、初心者にはぜひ挑戦してもらいたいメモリアルダンジョンといえるでしょう。


14
▲精錬をしなくてもセット装備としてはかなり優秀な部類の装備。1アカウントで1セットは揃えておきたいところです。余分な装備は精錬しまくって高額で売却を目指すもよし、適度な精錬値でお小遣い稼ぎするもよし。