リベリオンの実装に合わせてスタートした育成イベント「反逆のブートキャンプ」(公式特設サイトはこちら)もいよいよ終盤。2016年6月14日(火)の定期メンテナンス前までとなっています。リベリオンだけでなく、新規キャラ作成全般に便利なこのイベント。数時間で2次職転職はもちろん、とりあえず1次職のままBaseLv99に上げて、2次職のJobLvは「セージワーム」などでサクッと上げるなんてコースをたどれば転生も楽勝です。もし新キャラを作ろうと思っている人がいたらまだまだ有効活用ができそうですね。


 私は新キャラを作るよりはリベリオンのレベルを上げていきたい今日このごろ。「反逆のブートキャンプ」の実戦訓練を利用してBaseLv130を目指していましたが、前回の記事のあとも「悪夢のジターバグ」の「p・ジターバグ」と「地下排水路(お掃除エキスパート・3点盛り)」の「暗黒のシーラカンス」の討伐を続けていたら、余裕でBaseLv130に到達。「鬼教官シロトラ」から最終試験を言い渡されました。


01
▲BaseLv130になると「鬼教官シロトラ」から「アムダライス」1体の討伐を言い渡されます。なお、それまで使用可能だった「転送装置」は使用できなくなってしまいます。


 ……メモリアルダンジョン「古のグラストヘイム」のラスボス「アムダライス」の討伐とのことですが……うーん、さすがにこれはソロでは厳しい。強いキャラを使ってソロでクリアしまくっている方もいるので「GHMDに連れて行って!」などと臨時パーティー募集をかければ、ヒマな気のいい人が拾ってくれそうな予感もありますが……ううむ。


 ちなみに2016年6月7日(火)まで販売されていた、リベリオン育成に便利な「リベリオンスターターパック」ですが、今回は導入せずにBaseLv130に到達することができました。ということで、販売が終了する直前に駆け込みで「リベリオンスターターパック」を購入(笑)。「買うなら最初から買えよ!」とツッコまれそうですが、最初からスターターパック全開だと「それがないと育成できないの?」と思われそうだったんですよね。個人的には過剰精錬した銃やエンチャント、なによりも「たれリベリオン[1]」が欲しかった……!


 すべての報酬はあとからでも入手できるとのことだったので、「販売終了までにBaseLv130になれたら購入しよう」と密かに考えていたのです。


02
▲「ねんがんの リベリオンスターターパックを てにいれたぞ」! 「たれリベリオン[1]」のエンチャントは安定の「闘志9」をチョイス。改めて見直すと「よりいっそうぐでぐでしたよ」というセリフが気になります(笑)。また、銃へのエンチャントはかなり悩んだ挙句「+7 テンペスト <フェイタルネメシス> ダブル」(物理攻撃時、ボスモンスターに与えるダメージ+25%×2)に決定。


 ところで、これを読んでいる方はもうご存知だと思いますが、2016年6月2日(木)から「サマーパッケージ2016 ダウンロード版」(詳しくはこちら)が販売開始されています。プレイ利用権に加えてゲーム内アイテム5つ、ゲーム内スキンやPC&スマートフォン用の壁紙などなどがセットになった、毎年恒例のパッケージですね。


 毎回、ゲーム内アイテムが話題になるのですが、今回もいろいろと注目のアイテムが登場しています。リアルマネーが絡むだけに、ゲーム内での露店価格は高めなのですが、逆に言えばリアルマネーを使わなくてもゲーム内のZenyで入手も可能。私も手持ちのZenyと相談して露店からの購入を検討……するヒマもなく、激安価格で販売されていた、とある装備をサマーパッケージ販売初日に購入してしまいました。



■装備を強化してリベリオンをさらに強くしていきます!


 購入した装備品とは「熾天使の花冠[0]」。販売初日はZenyでの価格がまだ手探り状態で、“相場”が不明の状態。出品者も何Zenyで露店に出せばいいか迷うところです。特に「熾天使の花冠[0]」は頭中段装備のため精錬ができません。出品者は、「精錬によって消滅することがないため、早めに売り抜けたほうがいい」と踏んだのかもしれません。個人的な予想価格を下回っていた値段の露店のうち、プロンテラ内を見回って最安値だった露店から購入することにしました。販売開始から数日が経過した今の「熾天使の花冠[0]」の相場を考えると奇跡的な低価格でした。


03
▲「ねんがんの 「熾天使の花冠[0]」を てにいれたぞ」! ……またそのフレーズかという声は黙殺します。


 なぜ「熾天使の花冠[0]」なのかというと、個人的に今熱い、リベリオンの育成に使えそうだと思ったからです。リベリオンといえば、実装されている銃の攻撃力(Atk)自体は、他の物理攻撃職に比べるとさほど高くはありませんが、リベリオンスキルの「プラチナムアルター」でAtkを増加させることで、他のスキルの効果が目に見えて増加することから、Atkの底上げはかなり重要だと思われます。


 ご存知のように「熾天使の花冠[0]」は、Intを高めるとAtkが増加するという頭中段装備(今回、回復量増加の効果はほぼ無視状態です)。魔法に必要なIntを高めて物理攻撃力が増加する、一見すると使いにくい内容です。殴り型のアークビショップなど、Intが必要なわりにAtkを高めにくいキャラにはバッチリはまるのですが、それ以外でどう使おうかと考えたとき、育成中のリベリオンの攻撃力の底上げにいいのではと思いました。もともと30ほど振っていたIntを32にして、「熾天使の花冠[0]」の効果によりAtkを+20。これだけでも、敵に与えるダメージが結構違う気がします。これはもうちょっとIntを高めてもいいかも?


 ということで、さっそく「リベリオンスターターパック」を活用して、ステータスを振り直し。まさかいきなり活用することになるとは思いませんでしたが結果オーライ。Dexを100にまで落として、Intを振れるだけ振ります(今回は92)。作った装備もいろいろと試してみたいので「p・ジターバグ」を試し撃ち。


04
▲銃と頭中段装備の効果でかなりダメージアップしています。「ヒートバレル」込みで4,000そこそこだった「クイックドローショット」のダメージが7,000オーバーに!


05
▲その他、リベリオン用の装備として「マナナンガルカード」を2枚挿した「+6 ダブルヴァンパイア ミニーメイ[2]」も作成してみました。イベントでもらったものに加えて、露店で購入した「ミニーメイ[2]」、合計2個をメカニックで「武器精錬」して、+6を1個作成(1個は+6にする時点で消滅)。数日間露店を探しまわって「マナナンガルカード」を2枚購入。私の活動ワールド相場で、かかった費用は2,000万(20M)Zeny程度。攻撃時にSPが2増加し、敵を倒すとSPが3増加するというSP回復特化の「ミニーメイ[2]」です。


■「熾天使の花冠[0]」の能力を引き出すステータスに……!?


 さて、「熾天使の花冠[0]」の力を最大限に引き出すにはIntを120まで上げるのが望ましいのですが、さすがにそこまで偏ったステータスにしていいものか悩むところ。とはいえ、せっかく「リベリオンスターターパック」を導入したわけですし、残り1週間のステータスリセット期間を使わないのは損です。


 ということで、やってしまいました、Int120のガトリング型リベリオン。


 まずはAgiを110にして、次にIntを120に、最後に残りをDexに注ぎ込みますが、BaseLv130ではその数値はわずか36! ガンスリンガー系としてその数値はどうなのとも思いましたが、とりあえず試し撃ちに再び「悪夢のジターバグ」へ。


06
▲驚くべきことに、「ペル」へのダメージは、Dex110の頃とほとんど変わりません。「熾天使の花冠[0]」パワー、恐るべし!


07
▲「p・ジターバグ」に対してもほとんど変わらないダメージが出ています。


 結果的に、「熾天使の花冠[0]」により増加したAtk250のおかげで、それまでと変わらないダメージが出せるように。このままBaseLvの増加とともにDexに振り、攻撃力を上げていけばかなり強くなるんじゃないかという手応えを得ました。


 ただ、デメリットとして、そもそも攻撃がたまに当たらない(!)というのと、目に見えて詠唱が遅くなってしまいました。後者に関しては「熾天使の花冠[0]」の詠唱時間増加の影響もあると思います。「プラチナムアルター」を発動する際に、敵の攻撃で詠唱を中断されるようなこともあり、そこは注意したい点です。


 そういえば、図らずもIntが110を越えているので、ライフル系のスキルも活用できそうです。そちら方面の型のスイッチも視野に入れてもいいのかもしれません。うーん、いろいろ幅が広がりそうですね。


■復活した「セェム」と新たに登場した「セェムロボ」とは!?


 今週はいつもの「コスチュームミッション」は入れ替え期間でお休み。通りすがりに見かけた露店で「+7 ハット[0]」が格安価格で売られていて悲しみを誘いましたが、それはともかく。


 2016年6月7日(火)の定期メンテナンスでは、一部不具合が認められて撤去されていたNPC「セェム」が、ナゾの「セェムロボ」を引き連れて復活しています。一瞬「ついにロボットに改造されてしまったのか、セェム……!」と勘違いしましたが、「セェムロボ」とはセェムが作った精錬用のロボットとのこと。


08
▲これまでのように+4(安全圏)に一気に精錬するには「セェムロボ」を利用すればいいそうです。


 また、ラヘルのメモリアルダンジョン「真昼の弦月」関連のNPC「大神官補佐」では「神官のネックレス[0]」が無償で入手できるようになり、その関係で「神官のネックレス[0]」の売却価格が0zenyに変更されました。この経緯については公式サイトのプレイ情報(こちら)を参照してみてください。


■来週からはいよいよ「深淵の回廊」! 毎週の「サンデーナイトRAGホーダイ」も始まります


 ということで、すっかりリベリオン育成にかかりっきりですが、来週からはいよいよ「深淵の回廊 ~シンソウの王~」がスタート。公式Blogのささかまさんの情報によれば、BaseLv130未満のキャラの育成に便利なエリア「表層」も新設されるとか! 「反逆のブートキャンプ」を利用して育成し、3次職に到達したばかりのキャラなどのステップアップに使えるかもしれません。


 また、2016年6月19日(日)から4週連続で、毎週日曜日の19時から23時まで、プレイ利用権がなくてもログインできる「サンデーナイトRAGホーダイ」もスタート。久々にログインする友人を誘って「反逆のブートキャンプ」の成果を見せてあげるというのもいいかもしれません。


 最後に、コメントでいただいたご意見にご返信を。初心者向けの育成記事などに関して、以前から、転生後の育成や3次職になりたての育成に関しても記事にしてほしいというご要望を何回かいただいています。ちょうど先週も同様のご要望をいただきました。


 しかし、さすがに3次職になってくると、取得するスキルによって育成の場所もやり方もかなり変わってくるため、2次職までのようなまとめ方はできない感じなのです。たとえば私のソーサラーはスペルフィスト型ですが、同じBaseLvだったとしてもいわゆる大魔法型のソーサラーとはまったく異なる育て方で、狩場も重なりません。メインとする型をテーマにしたBlogを書いていらっしゃるユーザーさんも多いので、そういった諸先輩方の過去の育成法を検索してみるというのも手です。


 それでもあえてアドバイスをするとすれば、まずは育成タイプに合わせた装備、狩場を模索していくこと(たとえばスペルフィスト型のソーサラーの場合、Agi型前衛職の狩場で属性が有効に機能する場所を探しました)、そして、力が足りないうちは各種イベントなどを利用して経験値を稼いでいくというのがオススメです。ちょうど来週からは「深淵の回廊」がスタートしますし、自分のキャラで戦う方法を見出して挑戦してみるといいかと思われます。


 私自身、今回のリベリオン育成に関しても、「反逆のブートキャンプ」を十二分に活用しています。一連の記事で、それはおわかりいただけるのではないかと思います。あまり急いでレベルアップしても、装備の充実などが追いつきませんし、まずはスキルの使い方を学び、それに合った装備やカードを集めるなど、できるところからのんびり上げていくのがいいんじゃないかなと思ったりする次第です。