『ラグナロクオンライン』では、2016年6月14日(火)の定期メンテナンス終了後から、大型イベント「深淵の回廊 ~シンソウの王~」、そして恒例のジューンブライドイベント「LoveLoveWedding大作戦2016」が開催されています。


01
▲「深淵の回廊」は、プロンテラ大聖堂の秘密の部屋から入れる特設マップがベースキャンプになっています。なお、NPC「シキナ」で「以前、会ったことがある」を選択すると事前の説明をスキップできます。


 まずは「LoveLoveWedding大作戦2016」(公式特設ページはこちら)ですが、こちらはマラン島の右上の小島で開催されており、結婚に必要なZenyが大幅に減額(結婚式費用は無料、必要アイテム類は3割引!)になっています。また、今回結婚したキャラだけでなく、既婚者や養子キャラにも新たな衣装装備がもらえます。さらに、今回は未婚のキャラにも「[衣装] 黒猫帽子」がもらえるということで、「結婚イベント? そんなの関係ないねっ!」という人にも関係があるイベントになっています。


02
▲イベント中にNPC「マリーニャ」に話すだけでもらえてしまう「[衣装] 黒猫帽子」。かなり可愛いのでオススメです。「知らなかった!」という人は次にログインしたら真っ先にもらいに行ってくださいね! なお、この「マリーニャ」だけは、2016年7月19日(火)の定期メンテナンス前までの設置となっているそうです。


 ちなみに、毎度、地味に便利なのが転送を行ってくれるNPC「ポータル修道女」。以下の地域に、未婚者なら5,000zeny、既婚者&養子なら2,000zenyで送ってもらえます。


●「LoveLoveWedding大作戦2016」の「ポータル修道女」転送先一覧


・特別転送01
 次元の狭間 01
 ジュノーフィールド 06
 氷の洞窟 01
 おもちゃ工場ダンジョン 02(分類所)
 星明かりの珊瑚礁


・特別転送02
 イズルード海底神殿
 グラストヘイム 騎士団内01
 生体工学研究所 01
 フレイヤ大神殿聖域 05
 ゲフェニア 02
 タナトスタワー上層部 06
 アユタヤダンジョン 02


・特別転送03
 カミダルトンネル
 名もなき島
 タートルアイランドダンジョン 03
 グラストヘイム 修道院
 フェイヨン地下洞窟 B4F
 トール火山ダンジョン 01


・特別転送04
 アビスレイク地下洞窟 02
 生体工学研究所 03
 ビフロストタワー 1階
 ホラーおもちゃ工場
 捻じれた時間の時計塔
 フレイムケイヴ
 地下シェルター
 チャールストン工場


 さて、そんなわけで、無敵のソロ軍団でもある私はもらうものをもらい、確認することを確認したら、さっさとマラン島をあとにすることにしました(笑)。



■まずは「コスチュームミッション2016 6月」に挑戦!


 大型イベント「深淵の回廊 ~シンソウの王~」……へと行く前に、今週からスタートした「コスチュームミッション2016 6月」(公式特設ページはこちら)をやっておかないと気がすまない私です。


 今回のお題は「アンテナ[0]」、「装飾用花[0]」、「プロペラ[0]」というラインナップ。倉庫を確認したら「アンテナ[0]」だけありませんでした。第1回目のお題なので不安だったのですが、ちゃんと「ドラモ マシーン」による支援があってひと安心。


 今回は来週分と2台体制の支援が行われており、手前の「ドラモ マシーン1号」では「デビアス」を100体討伐することで「アンテナ[0]」が確実に入手できます。奥の「ドラモ マシーン2号」では「ジオグラファー」を200体倒すことで「装飾用花[0]」を確実に入手できるとのこと。


 「装飾用花[0]」に関しては、その昔、アーチャー系やマジシャン系で「ジオグラファー」を倒しまくってレベル上げしたことがあったので、倉庫にいくつか残っていました。また、「プロペラ[0]」は人気のカードをドロップする「ハンターフライ」のドロップアイテムなので、全国的に狩られまくっているようで、ここぞとばかりに露店で売っている人も多い模様です。まぁ、私同様にすでに倉庫に在庫がある人も多いでしょう。


 「アンテナ[0]」も昔から存在する装備ですが、「デビアス」のドロップということで、あまり手に入れる機会がありませんでした。今回、「イズルード海底神殿」(通称、イズ5F)の「デビアス」の生息数が増加しており、「ドラモ マシーン1号」からの課題を受けると、そこに転送してもらえます(5,000zeny必要です)。


03
▲個人的には久々にやってきた「イズルード海底神殿」。「デビアス」は希少種というイメージですが、今週だけは増量中。とはいえ、もともとほかの敵も多いため、100体を倒すにはちょっと時間がかかりました。


 「イズルード海底神殿」は、「ポセイドン」「マーマン」「セイレーン」「クラーケンベイビー」といった敵が実装されて、昔より歯ごたえのある場所になっています。復帰者の方はきっと驚かれるでしょう。と同時に、しっかり準備をしておくことをオススメします。厄介なのが「ストラウフ」の「フロストダイバー」で凍結状態にさせられてしまうこと。いわゆる、アンフローズン系装備が欲しいところです。また、風属性の「ライトニングボルト」、水属性の「ウォーターボール」といったスキルを使う敵も多いので、鎧の属性にも注意が必要です。また、適当に範囲攻撃をぶっ放していると、マップ内に1体だけ隠れ潜んでいる、ノンアクティブの「スロフォ」に絡まれるかも……?


 私は今回BaseLv155のスペルフィスト型ソーサラーで挑みました。鎧は<A-Frozen>のエンチャントをした「エクセリオンスーツ[0]」、基本的には精霊(小型のアクア)を召喚し、ディフェンシブモードの「ウォータースクリーン」でダメージを肩代わりさせつつ徒歩索敵。途中、大量の敵に囲まれて精霊が消滅するほどのダメージを受けたことが1回、ディフェンシブモードが切れたタイミングで大ダメージを受け、「ヒールピアス[0]」に持ち替えて「ヒール」で回復したことが1回ありました。それ以外は回復も行わず(ウォータースクリーン中はHPが徐々に回復するのです)に襲ってくる敵を倒しつつ「デビアス」探しを継続。


 ちなみに今回、「デビアス」を100体狩る間に、「オボンヌ」から「セイントローブ[1]」を4つ、「マーマン」から「妖怪の槍[0]」1つをゲット。


 なにはともあれ、無事に討伐を終えて「アンテナ[0]」を確保。さっそく交換担当(?)のジェネティックに渡して今週のミッション完了です。


04
▲「[衣装] アンテナ」交換完了。改めて説明文を読むと「海の深い所で見付けた」と、「デビアス」から入手できることが匂わせてあるんですね。


■まずは「プロンテラ深淵(庭園)」に再び挑戦


 ということでいよいよメインイベント。「深淵の回廊 ~シンソウの王~」(公式特設サイトはこちら)は中~高レベルキャラ向けの育成ダンジョンと高レベル向けのメモリアルダンジョンが組み合わされたイベント。これは不定期に行われる予定のイベントで、今回が2回目の登場となります。


 前回の「深淵の回廊」は、2015年の12月にアニバーサリーイベントと同時に開催されました。なお、そのイベントの模様は先行レポートとしてこちらからご確認いただけます。今回初挑戦という方は、目を通しておくと、みんなが騒ぐ「古王グローザ」が待つ「深淵の王墓」がどんなところなのか、雰囲気は感じられると思います。


 さらに、今回はその「古王グローザ」を上回る強敵に挑むことができるとか。これがサブタイトルにもある「シンソウの王」なのでしょうか……? 公式Blogにて、そのヒントが公開となっていますが、具体的なことは、いまだ謎に包まれている模様です。


 さて、コアプレイヤー向けにチャレンジが追加された一方で、今回は、前回はなかった「表層」が追加されたことで、BaseLv90からの育成にも利用できるようになりました。先日終了した「反逆のブートキャンプ」で3次職になったというBaseLv90~100のキャラもそのまま狩りに挑めるという感じですね。


 ただし、BaseLv90から挑めるとはいっても、難度は比較的高め。もっとも人気の「プロンテラ深淵表層(庭園)」でも、「小さなエルヴィラ」の「ユピテルサンダー」などは厄介です。「レベルアップボックス(Lv95)」でもらえるハズの「エベシ嵐のうねり[1]」を装備するなどして対策を練っていきましょう。


 ……と言いつつも、個人的にもっとも新しいキャラのリベリオンはBaseLv132になっているので、表層には入れず、「プロンテラ深淵(庭園)」に行くしかないのですが……。


 このBaseLv132という微妙なレベルが問題。前回も「プロンテラ深淵(庭園)」に挑んでいるBaseLv155のスペルフィスト型ソーサラーだと、問題なく狩りを続行できるのですが、さすがに下限近いレベルのリベリオンだと、敵が強く感じられます。まずは強めのキャラで討伐をクリアし、「亡国の硬貨」をもらって、回復アイテムである「王級メロン」と交換するのが優先かもしれません。


05
▲最初は「+7 無双銃[2]」で、「プラチナムアルター」+「ファイアーダンス」で挑んでみたのですが、敵を倒すのに「ファイアーダンス」が3回必要で、ディレイ中にバリアが切れ、ダメージを受けてしまうこともしばしば。与えるダメージは高いのですが、攻撃回数が少ないぶん、回復系装備による回復発動が微妙かも?


06
▲私のキャラでは、結局ガトリングガンの「+7 テンペスト <フェイタルネメシス> ダブル[2]」による「ラウンドトリップ」で押し切るほうがいい感じでした。ただし、「ラウンドトリップ」は効果範囲が広いため、近くに人がいる場合は離れて使うように気をつけています(深夜だったので狩場が混んでいなかったというのもラッキーでした)。なお、Int120のおかげもあって、敵1体から「ラウンドトリップ」で倒してもSPは持つ感じです。Vitが1なのでスタンするとほぼ終わりですが。


 まあ、たまに戦闘不能になってしまっても十分すぎるほどの経験値は稼げるので、続けていけばレベルアップは間違いなし。BaseLv132でもお試しでいろいろ試行錯誤しているだけで次のレベルに必要なBase経験値80%程度の稼ぎになっています。


 一方、安定して狩れるBaseLv155のスペルフィスト型ソーサラーでも、今回から新たに追加された「小討伐」をクリア。かかった時間は「ハイスピードポーション」2本分で約1時間程度でした。当然ながら、早い人だともっともっとスピーディにクリアできるようです。


07
▲ソーサラーでの狩りは前回イベント時とほぼ変わらず。精霊のおかげで「エルヴィラ」の「ユピテルサンダー」によるダメージとノックバックにさえ注意すればノンストップで狩りが続けられます。


■表層の様子も覗いてみました


 私のメインアカウントでもっともBaseLvが低いのはBaseLv125のジェネティック。新設された「プロンテラ深淵(表層)」では上限に近いレベルですが、どんな感じなのか見に行ってみることにしました。


08
▲装備はリベリオン用に使っているものを流用しつつ、武器は「+7 無双剣[3]」。ステータス振りを迷っていてポイントがかなり余っているため、実力的にはBaseLvよりも低い感じです。


 ホムンクルスSもまだあまり育てていなかったので、キャラよりもむしろホムンクルスSがグングン成長中(笑)。最初は回復アイテム用に「+7 タコ帽子[0]」を被っていたのですが、そこまでダメージは受けなかったため、「+4 ラルフ・フォン・ツィーゲ666世[0]」に変更。なお、基本的には通常攻撃で倒し、囲まれたら「カートトルネード」連打で敵を片付けます。


 さすがにマップの想定レベルの上限に近いBaseLvだと狩りも楽。今はまだ「表層でもツライ!」という人でも、頑張って狩りを続けていくと目に見えて楽になってくると思うので、少しずつでもレベルを上げていくといいでしょう。


 そんなわけで、今回の記事ではまださわりだけという感じでしたが、「深淵の回廊 ~シンソウの王~」はスタートしたばかり。イベント期間は2016年7月12日(火)の定期メンテナンス前までと、比較的長めなので、いろいろなキャラで挑んでみたいところです。精錬イベントで入手できた「無双武器シリーズ」なども、まだまだ試しきれていませんからね。


■「サンデーナイトRAGホーダイ」スタート! そして気になるレンタルアイテムも!?


 以前からお伝えしているように、2016年6月19日(日)からは「サンデーナイトRAGホーダイ」がいよいよスタートします(詳しくはこちら)。毎週日曜日の19時から23時まで、プレイ利用権がなくてもログインが可能になりますので、今回紹介した「深淵の回廊 ~シンソウの王~」に挑んでみるもよし、攻城戦に参加してみるもよし、です。


 そして、気になる新企画(?)、「ラグ缶2016 July」(詳しくはこちら)で登場したアイテムのレンタルサービスが実施されています。今回は「[レンタル] 裁きの靴[0]」と「[レンタル] ホーリーステッキ[0]」が精錬済み状態でレンタルできるとのことなので、特に「ジュデックス」や「アドラムス」をメインに使うアークビショップを持っている人は注目かもしれません。……ちなみに私、退魔型のアークビショップを持っているのですごく気になってますよ!