2016年9月6日(火)の定期メンテナンス終了後から、『エミル・クロニクル・オンライン』(ECO)とのコラボが開始された『ラグナロクオンライン』。実は2回目となる『ECO』とのコラボですが、今回のコラボはなんと永久実装! 毎週水曜日と金曜日に開催されているPvEイベント「モンスターハウス」のポイントを使ってさまざまなアイテムが手に入るとのことです。


01
公式Blogにて、『ECO』コラボはモンスターハウスのポイントが重要と先行公開されていましたので、ここのところちょっとサボり気味だった「モンスターハウス」へ久々に参戦してきました。同様の人が多いらしく、「今日は参加者多いなあ」というチャットも飛び交ったり(笑)。今週はRAGホーダイもあったので、初めて参加してみたという人も多いのでは?


 コラボの詳細に関してはこちらの公式特設サイトを見ていただきたいのですが、ランダムで入手できるアイテムの中にはコラボカードや新規実装の頭装備もあり、注目を集めています。なかでも強力そうな「[ECO] モーモー・アルマカード」は、「ミルク」の回復量が+900%、つまり10倍になるほか、精錬値によってVitやIntが増加するそうです。「ディスカウント」(Lv10)を利用すれば、わずか19zenyで購入できてしまう「ミルク」が第一線で活躍できる回復アイテムになるというのはなかなか驚きです。さすがに強力なだけあって、入手確率はそれほど高くはない様子ですが……!?


 一方、新頭装備は殴り型のアークビショップが最も有効活用できそうな「神魔バフォメットの角[1]」。「デュプレイライト」使用中に敵に与えるダメージが増加するほか、物理攻撃命中時に一定確率でモンスター「ヴェルゼブブ」に変身。さらに変身中は一定確率で、「ヴァンパイアギフト」(周囲の敵にダメージを与え、その値に応じてHPを回復するモンスタースキル)が発動。さらにさらに、「神魔バフォメットの角[1]」の精錬値が8以上の場合は「デュプレライト」が実質的に無詠唱で使えるようになります。「ブラッディクロス[0]」自体が闇属性なので、使いどころはちょっと難しいかもしれませんが、アークビショップには「アスペルシオ」(聖属性付与)もありますし、工夫次第で十分使っていけるはずです。うーん、殴りアークビショップ垂涎の品になりそうですね。


※9月11日追記:「神魔バフォメットの角[1]」の性能について一部誤表記がありましたので訂正しました。コメントでのツッコミありがとうございます。

 そんな『ECO』コラボアイテムは、プロンテラの復帰地点付近にやってきた「ジェスター」に似たNPC「夢見のハレルヤ」で入手可能です。


 「モンスターハウス」で手に入れたポイントを消費することで、希望の品と交換する「想いの固定化」や、ランダムでアイテムを生み出す「想いの物質化」を選択できます。


02
▲「夢見のハレルヤ」でいろいろな“『ECO』コラボアイテム”を入手できます。


 「想いの物質化」はいわゆるランダム入手ですが、どうやら「モンスターハウス」の各ポイントが上級になるほどいいアイテムが入手できるとのこと。さっそく上級の報酬のKKポイントを使って何回か挑戦してみました。


 出てきたのは「[ECO] サラマンダー・アルマの想い」20個。使用すると「メテオストーム」(Lv5)が使える消耗品でした。こちらも新規実装のアイテムですね。今回、いろいろなスキルが使える消耗品が実装されています。ほかには「金塊」「宝箱」「豪華な宝箱」といったアイテムを入手。「豪華な宝箱」はともかく、「宝箱」は本来、TKポイント30で交換できるものなので、1回50ポイント必要な「想いの物質化」ではちょっと残念かも(TGポイントでも入手できる可能性があるので、一概にハズレとは言えませんが)。「金塊」は……確実に残念賞ですねコレ(笑)。


 まぁランダム入手なのでいきなりポンポン当たりが出るわけはないと思っていましたし、なによりこのコラボは永久実装ですから、今後もモンスターハウスのポイントがたまり次第、挑戦してみようと思います。


 ところで、「夢見のハレルヤ」さん、想いの固定化や物質化をする際に、右手で行うか、左手で行うか、両手で行うかと聞いてくるのですが、これって入手アイテムに差があったりするのでしょうかね……? ちなみに今回は両手で物質化してもらいました。


03
▲右手か左手か、それとも両手か。なんとなくですが、両手で物質化してもらうと、偏りが発生しない気がしたので両手で物質化してもらったのですが、この憶測は正しいのでしょうか(笑)?


 また、コラボ第1弾のアイテム「タイニー帽[0]」と「ECO×ROカードスリーブ[1]」を同時に装備すると、街エリア限定で「タイニー」に変身できる効果が追加されました。街中変身シリーズのラインナップがまたひとつ……!


04
▲街中限定で「タイニー」に変身できるセット効果が。「タイニー帽[0]」は持っていたのですが、「ECO×ROカードスリーブ[1]」は持っていなかったので、TGポイントを50ポイント使って入手しました。


 それと、今回のコラボを記念して、コスたまも『ECO』とコラボ。魅力的な衣装装備がラインナップされています。詳しくはこちらを参照してみてください。


 というわけで、かなりボリューミーな『ECO』コラボに驚きつつも、来週の定期メンテナンス時には終了してしまう「夏休み豪華クルーズ紀行」も最終週を堪能していきましょう。



■ラストクルーズはウェルス方面と“英雄の痕跡”再び!


 さて、いよいよ最終週となった「猫船長と行く、夏休み豪華クルーズ紀行」(詳しくはこちら)。今週のクルーズ先は以下のとおり。


・先週から続いての行き先
ファンタスマゴリカ(クエスト):クエスト経験値と獲得アイテムが2倍
地下遺跡アドベンチャー(クエスト):クエスト経験値と獲得アイテムが2倍
フレイムヴァレーへの道(クエスト):クエスト経験値が2倍


・今週からの行き先
英雄の痕跡・フェンリルとサラ:クエスト経験値が2倍
英雄の痕跡・ゲフェン魔法大会:各ラウンドで入手できる「ゲフェン魔法大会コイン」が2倍
ビオスの島モルスの洞窟:クエスト経験値が1.5倍
英雄の痕跡・呪いの剣士:クエスト経験値が2倍

中央実験室:報酬アイテムが2倍
チャールストン工場:クエスト経験値と獲得アイテムが2倍

ウェルスのデイリークエスト各種
:クエスト経験値と獲得アイテムが2倍
メカニック装備とエンチャント:3段階目のエンチャント失敗時の装備破壊がなくなり、「チャールストンパーツ」が期間限定で取引可能&買取可能に


05
▲今週の案内人はいつもお騒がせな「ニュオーズ」と白羽ギルドの「ミンミン」。そしてふだんは無口なのに好きな小説の話になるとと途端に饒舌になる「アルプオカート」の3名。「ニュオーズ」と「アルプオカート」のふたり相手では、さすがの「ミンミン」もたじろぐ場面が多々あるようで……!?


 今週の行き先で、個人的に、特に美味しいと思うのは「フェンリルとサラ」、そしてウェルスのデイリークエスト関連でしょうか。「フェンリルとサラ」は「サラの幻影」と戦わなければ、一切敵と戦闘しなくてもクリアできるため、短時間での経験値稼ぎや、クリアついでに「テレポートピアス[0]」「ヒールピアス[0]」の良エンチャントを目指すなど、いろいろと挑戦する目的が考えられます。ウェルスのデイリークエストの報酬倍増は、ご存知「古びた燃料タンク」を獲得するには最適の機会です。


06
▲「サラの幻影」とは戦わず、経験値目当てでクリアしても嬉しい「フェンリルとサラ」。クリアごとに「テレポートピアス[0]」か「ヒールピアス[0]」のエンチャント消去権利が1回ぶんだけ獲得できる(累積不可)ので、「ギガンテスの破片」の節約になります。


07
▲最近は徐々に市場価格も落ち着きをみせているとはいえ、金策アイテムとしてまだまだ活躍が期待できる「古びた燃料タンク」。逆に市場価格が低下してきている今こそ各種設計図を自力入手するチャンスかも? どちらにせよ、デイリークエストの報酬が2倍の今週は、できるだけ多くのキャラで「古びた燃料タンク」をゲットしていきたいですね。


 また、「ゲフェン魔法大会」のコイン2倍というのも、各種アイテム交換を狙っている人には嬉しいですね。そうそう、その「ゲフェン魔法大会コイン」ですが、経験値との交換には、今までは23時間のクールタイムがありましたが、今週の定期メンテナンス以後は、メモリアルダンジョンの再入場時間同様、朝5時を過ぎるとクールタイムが解除されるようになりました。これで低レベルキャラの育成もよりスムーズに行いやすくなりますね。


08
▲メモリアルダンジョンの再入場と同じ朝5時にクールタイムが解除されるようになった「ゲフェン魔法大会コイン」と経験値の交換。


■「真昼の弦月」その後……?


 さて、先週クルーズの対象だったラヘルのメモリアルダンジョン「真昼の弦月」ですが、ハードモードの「より深い夢の中」に毎日挑戦し続けて教皇の信頼度も大幅にアップしました。


09
▲この記事執筆時点での信頼度は136! あと3回で目標の150に到達します。


 ちなみにこのメモリアルダンジョン、教皇からの信頼度が高くなってくるとストーリー中の青字の選択肢が選べるようになり、ちょっとした変化が楽しめるというのは以前お伝えしたとおり。ようやくいろいろと見られるようになったので、挑戦の合間にたまにストーリーを見て、まだ選んでいない選択肢を選んでみたりしています。


10
▲「ルーミン」にもしつこくお着替えを迫ってみたり……。


11
▲「クトルラナックス」の名前をわざと「クトルナラックス」と間違えてみたり。ノリツッコミの流れで怒るクトルラナックスさんが見られます。尻尾をバシバシと叩きつけて妙にカワイイと評判だったので見たかったんですよねこれ(笑)