2016年現在の『ラグナロクオンライン』では、序盤から転生あたりまでは非常にスムーズにキャラクターが育成できるようになっています。新キャラ作成時にもらえる「レベルアップボックス」から冒険に役立つ便利なアイテムが入手でき、極端な話、ほとんどZenyを消費せずに転生が可能(もちろん転生費用も実質無料!)です。


 しかし、レベルの高くなったキャラ用に装備を手に入れようとすると、手持ちのZenyが足りないということに気がつくかもしれません。初心者としては「そういえば、Zenyってどうやって稼げばいいんだろう」と思う方も多いのではないでしょうか。


 『RO』は長く稼働しているゲームなので、流通しているZenyの量も多くなっています。相対的に見て、NPCが売っている消耗品などは安価に思えるはずなので、その点は嬉しいのですが、ワールド内に流通しているアイテムの中には、初心者がビックリするくらい高いものも存在しています。露店でそれらの価格を見て絶望的に思う人もいるかもしれません。


 ただ、全体的にアイテムの値段が高いということは、自分が手に入れたアイテムの中にも高く売れるものがあるかもしれないということ。そう、初心者や低レベルのキャラが狩るような敵からドロップするアイテムも、案外高値がついたりするのです。


01
▲露店を見ていると高額品ばかりが目についてしまうかもしれませんが、実はやる気になれば案外簡単にZenyを稼げるのが今の『RO』だったりします。


 今回は、「初心者からできる金策」をテーマに、現在の『RO』でゼロからZenyを増やすためにはどうすればいいかを紹介していきましょう。



■“売れるモノ”を知ろう!


 『RO』の流通の本場はプロンテラです。特に南側の大通り沿いには多くのプレイヤー露店が並んでいます。ワールドにもよりますが、高額なアイテムなどは十字路付近で販売されることが多く、逆に言うとそのあたりの露店は初心者にはあまり縁がないかもしれません(笑)。


 さて、露店で注目したいのは、「買取露店」です。買取露店のウィンドウに置いてあるものと同じアイテムをドラッグ&ドロップすると、自動的にアイテムを売ることができ、Zenyが支払われます。もちろんこれもプレイヤー露店の一種です。


02
▲買取露店はアイコンの色が違うのですぐにわかるはず。


 他プレイヤーが欲しいと思ったアイテムを、買い取りたい金額で募集しているため、自分自身で露店を出して他プレイヤーに売るよりも安値になることが多いですが、手早くZenyに換金できるというメリットもあります。


 『RO』のアイテムの価値的がまだよくわからないという人は、まず、買取露店で何が買い取られているのかを確認してみましょう。もしそれらの中に自分で入手できそうなものがあれば、まずはそのアイテムを集めて金策をしていきましょう。


 とまぁファーストステップとしてはそんなところですが、「具体的には?」と聞かれるのはわかっています。ワールドごとに多少の違いはありますが、買取露店でよく見かけるアイテムに関して、その種類と入手方法を以下に記載してみます。あくまでも例ですので、必ずこれらが買い取られているというわけではありません。


●各種コンバーター材料


・「サソリの尻尾」

 「ベインスフィールド 01」などに多く出現する「スコーピオン」がドロップ(「ノーグロード 2層」の「ギグ」もドロップします)。


・「華麗な蟲の皮」

 「プロンテラフィールド 00」などに多く出現する「スタイナー」が高確率でドロップ。


・「硬い角」

 「ミョルニール山脈 09」などに多く出現する「ホルン」がドロップ。


・「カタシムリの皮」

 「ゲフェンフィールド 09」などに多く出現する「アンバーナイト」が高確率でドロップ。


03
▲どれも低レベルで倒せるモンスターのドロップアイテムなので金策のスタートはこのあたりからがオススメ。「コンバ材料」などといった略称だったり、看板に具体的なアイテム名を書いていない買取露店もありますのでよく確認してみましょう。もちろん自分のマーチャント系キャラで露店販売してもいいでしょう。


●精錬関連


・「エルニウム」(エルニウム原石)

 さまざまなモンスターがドロップしますが、人気の狩場はデワタの「イスタナ洞窟」に出現する「バナスパティ」。


・「オリデオコン」(オリデオコン原石)

 さまざまなモンスターがドロップします。「フェイヨン地下洞窟B5F」の「火狐」などは経験値も高く人気(BaseLv100以上推奨)。


●ポーション系材料関連


・「白ハーブ」

 さまざまなモンスターがドロップ。初心者でも「白い草」からは入手しやすく、ウンバラから行ける「フベルゲルミルの泉」で草刈りをするのもアリでしょう。


・「魔女の星の砂」

 「アルデバラン時計塔地下 4F」などに多く出現する「バースリー」がドロップ。ただし、「アルデバラン時計塔地下 4F」入場には「時計塔地下のカギ」が必要です。「時計塔地下のカギ」は「エルダー」「時計塔管理者」「クロック」などがドロップします。


●回復アイテム関連


・「イグドラシルの実」
・「イグドラシルの種」

 さまざまなモンスターがドロップしますが、初心者が入手しやすいのは「英雄の痕跡 ゲフェン魔法大会」の報酬です。


04
▲“イグ実”“イグ種”などと略されている場合もあります。「ゲフェン魔法大会」で優勝できなかったとしても、ランダムでこれらが入手できる場合があります。比較的単価が高いのも特徴です。


●「毒薬の瓶」の材料関連


・「サボテンの針」

 「ソグラト砂漠 18」などに多く出現する「ムカー」が高確率でドロップ。


・「毒キノコの胞子」

 「ミョルニール山脈 07」などに多く出現する「ポイズンスポア」が高確率でドロップ。


・「毒の牙」

 「ソグラト砂漠 13」などに多く出現する「アナコンダク」が高確率でドロップ。


・「ハチの針」

 「ミョルニール山脈 03」「~04」などに出現する「ホーネット」が高確率でドロップ。


・「カルボーディル」

 「生体工学研究所 01」などに多く出現する「リムーバ」がたまにドロップ。


05
▲手持ちキャラが高レベルキャラばかりになると低レベルモンスターを狩るのが面倒になるのか、「ハチの針」などはどのワールドでも不足気味のようです。


●その他


・「古びた燃料タンク」

 「ファンタスマゴリカ」クエストをはじめとして、ウェルス発掘地のデイリークエストなどで継続的に入手可能(BaseLv100以上)。


・「王家貢献の証」

 2016年11月8日(火)実装の「七王家とユミルの心臓」クエストの報酬のほか、そこから派生するデイリークエストなど、BaseLv70以上であれば継続的に入手可能。


・「高級武器の箱」

 初心者が入手しやすいのはマラン島のメモリアルダンジョン「地下排水路(お掃除ビギナー)」の報酬です。


06
▲「高級武器の箱」はボス撃破後に地面にばらまかれていることがあります。「マラン島特産缶詰」ばかりだと思ってスルーしないようにご注意を。


■クエスト関連報酬などによる金策


 上でも「古びた燃料タンク」や「王家貢献の証」、「高級武器の箱」などを紹介しましたが、クエスト報酬のアイテムの中にもZenyになるものがあります。


●露店で出してプレイヤーに売れるもの


・「冒険者のリュック[0]」

 アカデミーの試験のクリア報酬としてもらえる装備品。もちろん各キャラ1個しか入手できませんが、倉庫経由で受け渡しは可能なので、1着を使いまわしも可能です。コアプレイヤーが複数のキャラに持たせたい場合や、クエストをするのが面倒だというプレイヤー向けに結構な高値で売れます。


07
▲アカデミーの試験は通しでやるとそれなりに時間はかかりますが、新キャラを育成するついでにクリアしていけば一石二鳥です。


●NPCに売って儲けられるもの


・「銀塊」
・「黄金」

 入手元はいろいろありますが、初心者では、主に『LORD of VERMILION ARENA』とコラボレーションしたメモリアルダンジョン「永劫の戦」の「転成儀」を行うことで入手可能。「黄金」は一部のクエストやアイテム作成でも使用します。なお、これらのほかにも「金塊」「宝箱」という換金用アイテムも存在しています。ダブルクリックすると即金で1M(100万)Zenyが手に入る「豪華な宝箱」というアイテムもあったりします。


08
▲「転成儀」ではコラボカードなどのレアアイテムも出現することがあり、それが出れば大儲けは確実。この「転成儀」、試行回数に差こそ出ますが、初心者でも熟練者でも確率は同じ。まさに“ワンチャンある”コンテンツなのです。


・「飛行船セット」&「ペルロックセット」

 メモリアルダンジョン「英雄の痕跡 飛行船襲撃」で入手できる装備品。メモリアルダンジョンの入場場所付近にいるNPCに特殊な精錬を行ってもらい、その精錬値によって買取額が高くなります。詳しくは「飛行船襲撃」攻略記事を参照してください。


・「グレイトネイチャ」

 「ジュノーフィールド 06」などに出現する“師匠”こと「スリーパー」などがドロップする「グレイトネイチャ」は、ひと昔前の金策の定番でした。買取露店で買い取りをしている方もいますが、「グレイトネイチャ」はウンバラのNPC(マップ北東の家にいるシャーマン)に「イエローライブ」に砕いてもらい、それをマーチャント系キャラでNPCに売るという方法で金策をするのが一般的。「グレイトネイチャ」1個あたり5,000Zeny前後になるので安定した儲けが見込めます。


 ただし、シャーマンに砕いてもらうためにはウンバラの「言語習得クエスト」をクリアして、村長に認められる必要があります。「なめらかな紙」5個、「油紙」10個、「墨汁」1個、「鳥の羽毛」1個、それに仮面系装備(「スマイルマスク[0]」でOK)が必要となります。


09
▲昔に比べると金策手段が増えたため、最近は「グレイトネイチャ」の人気も下火かも? なお、属性原石への分解はソーサラーの「エレメンタルアナライシス」でも可能です。


■一攫千金が狙える「カード」


 各モンスターが超低確率でドロップするカードは一攫千金のチャンスです。とはいえ、カードの性能によっては二束三文の流通価格になってしまっているものも……。そんな中で、比較的初心者でも倒しやすく、かつカードが高額で取引されているモンスターもいます。


・「マルクカード」
・「ヒドラカード」
・「フェンカード」


 「イズルード海底洞窟」、通称、伊豆。なかでも「イズルード海底洞窟 4層」、“伊豆4”は未転生キャラでも狩れる強さにも関わらず、高額カード所持モンスターが多数いる狩場。カードのドロップ率自体は低めなので、カードだけを狙って狩りをするのはオススメしませんが(なかなか出ないので……)、気分転換に遊びに行ったらカードが出たという嬉しい偶然も……あるかも?


10
▲なんだかんだ言っても「マルクカード」は昔から人気の高いカード。逆に“伊豆4”で残念なのは「半漁人カード」あたりでしょうか……。


・「ハンターフライカード」

 通称“シャアc”。武器に挿すことで、敵に与えた物理攻撃ダメージに応じて自分のHPを回復できるため攻撃職に人気。ひとつの武器に複数枚挿すのが通例で、常に品薄となっています。「グラストヘイム 地下監獄00」や「迷宮の森」の「ハンターフライ」狩りが人気です。


11
▲メカニックなど、範囲攻撃で一撃で倒して「グリード」して「テレポート」するといった感じで黙々と狩り続ける人もいるくらいです。


・「スノウアーカード」

 通称“ウアーc”。倒した敵から「アイスクリーム」をドロップするようになり、「アイスクリーム」自体の回復力も増加させるカード。一時期に比べると人気は落ちたものの、狩りのついでに回復アイテムを増産できるため、比較的重量に余裕のあるカート持ちの職業(メカニック、ジェネティックなど)に根強い人気を誇っています。「氷の洞窟 02」に出現する「スノウアー」自体は経験値もそこそこ美味しいので中級者がカードを狙うついでに狩るのに最適です。


12
▲HP回復手段が増加したので一時期ほどの需要はありませんが、狩りのついでにカードが狙える狩場ですし、チャレンジしてみる価値はあります。


・「イビルドルイドカード」

 鎧に不死属性を付与できるカード。シャドウチェイサーのクローンスキル系で回復スキルをクローンするのに使ったり、状態異常の石化を防ぐ目的で使用したりします。「イビルドルイド」自体はHPが高いのですが、プリーストスキルの「ターンアンデッド」(また、武器「グランドクロス[0]」など)で倒せるうえに経験値も美味しいため、カードを狙いつつ育成というのも十分可能です。狩場は「グラストヘイム 修道院」が人気。


13
▲アコライト系の狩場としては定番の「イビルドルイド」。支援タイプは「ターンアンデッド」、殴りタイプは「グランドクロス[0]」などで狩れる敵です。


 その他、「スケルワーカーカード」や「タラフロッグカード」など、比較的多い中型モンスターに関連するカードや、対人戦で有用なカードなどは昔から人気が高いです。これらの敵も低レベルキャラで十分倒せるので、狙う価値はあります。


■イベントはZeny儲けの大チャンス!?


 季節イベントやぷちイベントなど、頻繁に開催される各種イベントも実は金策のチャンスです。特にイベントのポイントで消耗品や装備品がもらえる場合などは、初心者にとってはかなり重要です。


 例えば2016年のイベントで、内容的に比較的初心者でも十分金策ができたものだけを例に挙げるとしても、1月の「ウェルス発掘 トリプルダブル」、2月の「ビーンズウォーズ2016 ~御供とワイワイ鬼退治~」、3月の「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」、4月の「ラヘルにおいでよ! フワルのお気楽精錬(かんかん)らいふ」、6月の「深淵の回廊 ~シンソウの王~」、8月の「僕のドキドキ冒険記III ~復活のボンブー伝説!?~」、そして「猫船長と行く、夏休み豪華クルーズ紀行」、9月の「シルバーウィークスタンプラリー」、10月の「生体工学研究所:獄 実装1周年カーニバル」と、だいたいひと月に1回程度はお得なイベントが開催されていました(そして11月末からのアニバーサリーイベントでもお得なことがきっとあるはず……!?)。


 そのイベントによってできることは異なりますが、積極的にイベントに参加していけば確実にZenyはプラスになります。公式サイトでイベント告知があったらしっかりチェックするのも重要だと思いますよ。


14
▲通常の更新では触れていませんでしたが、初心者・復帰者企画の育成を行っていたワールドでも「シルバーウィークスタンプラリー」に参加していました。“「古いカード帖」の中身”がもらえるタイミングでなんと「深淵の騎士カード」を引き当てるミラクルが。そのワールドの相場では80M(8,000万)Zeny相当の高額カードです。極端な例かもしれませんが、初心者だってこんなチャンスがあるのがイベントの楽しいところですね。ちなみにこのカード、一応初心者設定を保つために売ったりはしていません(そもそもなぜメインで活動中のワールドで出てくれないのか……!)。


■あなたの金策、教えてください!


 という感じで、初心者向けの金策例を挙げてみましたが、いかがだったでしょうか。「ほかにこんな金策も美味しいよ」とか、「ステップアップしてこんな金策はどうかな?」といった独自の金策法を持っている方がいらっしゃいましたら、ぜひともコメント欄に書き込んでいただけるとありがたいです。コメント欄は公開はしていないのですが、いただいたコメントを次回の金策記事で紹介させていただければと思います。ご紹介可能であればぜひハンドルネームもお願いします。


※なお、次回の金策記事への反映コメントは2016年11月22日(火)までにいただいたものまでとさせていただきます。ご了承くださいませ。また、いただいたコメントはすべて読ませていただいていますので、その後でも書き込みはもちろん自由ですし、今後の記事の参考にさせていただきます。