インタビュー時のちょっとした会話から生まれた、『RO』運営チームへの質問企画「運営チームへ突撃Q&A」! コメントにて読者さんから運営チームへの質問をいただき、運営チームのみなさんに回答してもらっちゃおうという企画です。読者さんからご質問を多数いただいておきながらも、イベントのトラブルの対応などで運営チームさん的に多忙な時期にバッティングしてしまったこともあり、掲載が遅くなってしまいました。申し訳ありません。


 企画進行中にも追加で質問や要望などがコメントで送られてきていましたが、とりあえずは順番にということで、まずはいちはやく質問を送ってくださった方々の内容に関してお届けしていきたいと思います。


 なお、ご回答いただいた内容に関しては、現時点でのものですので、今後の状況によっては変化するかもしれません。「今の状況に対する今の回答」ということでご理解いただければと思います。


 ということで、前置きはこのへんにして、気になるQ&A本編にいってみましょう!




――ギルドや攻城戦関連でいくつか質問がきています。まずayaneさんからの質問です。


「現状ではギルドレベルが最大になると、ギルドスキルポイントが6ポイントほど余ります。韓国などではギルド倉庫なるものが実装されているそうですが、日本の『RO』ではギルドスキルは増やす予定などはあるのでしょうか」


 また、なんてつさんからは、


「攻城戦砦のニダヴェリールとヴァルフレイヤにはマップ構造的に同じものが使用されているところがあります。構造がすべて異なるように変更されるなど、新たな砦が実装される予定はないのでしょうか」


 という質問も来ています。ギルドや攻城戦関連に関してはしばらくアップデートが行われていませんが、こうした方面での改修・アップデートなどは予定されているのでしょうか。


山本氏:


 ギルド倉庫については現在検討中であり、今のところ、ギルドスキル拡張の予定はありません。攻城戦関連については、メディアインタビューの際、「ロビーワールド」の話をさせていただきました(1月のインタビュー記事はこちら、続く3月のインタビュー記事はこちら)。ロビーワールドにあわせて、攻城戦の新しい企画を実装したいと考えております。ぜひ、完成をお待ちください!


――なるほど、ロビーワールド実装がますます楽しみです。ちなみに、追加でお聞きしたいのですが、攻城戦では日本独自の変更が可能なのでしょうか。それとも全世界の『RO』で共通にしないといけない(ゆえに変更には時間がかかる)ということもあるのでしょうか。


山本氏:


 開発元との協議しだいです。独自で認めてもらえるものがあれば、認めてもらえないものもありますね。攻城戦が重要なコンテンツというのは、日本だけではなく、世界での共通認識ですので、開発元と協議しながら決めていく必要があります。ちなみに、ロビーワールドで考えている攻城戦企画は、実現することが可能であれば、日本独自のものになる可能性が高いですね。


――なるほど。次はシステム関連の質問……というか要望です。匿名希望さんなど数人の方からいただきました。


「ログアウトしたままアイテムの売買などが行える仕組み(マーケットなど)を導入してほしい」


 「露店開設」というスキルとの兼ね合いもあると思うのですが、現状のシステムでは仕様的に難しいのでしょうか。それとも将来的には導入したいと考えて企画中だったりするのでしょうか。


山本氏:


 実はその機能は、「露店アルバイト」というシステムで、今年韓国に実装されました。韓国のユーザー様にとって非常に便利なシステムだと思いますし、日本のユーザー様にも需要が高いと考えています。現段階で「露店アルバイト」は、サーバープログラムやデータベースなどの拡張が多く、かなり規模の大きいシステムとわかっており、仕様の調査を行っているところです。


――次は774さんからの質問です。


「まだゲーム内で入手可能な頭装備が残っていると思うのですが、コスチュームミッションが2周目に突入したのはなぜなのでしょうか」


 一部、性能の関係上、コスミ化が難しい装備はあると思いますが、そうではない装備もたしかにちょっとだけ残っていたので、私も気になっています(笑)。


中村氏:


 コスチュームミッションで衣装化されていない装備に関しては、ぷちイベントなどで順次衣装化していく予定になっています。NPC購入だけで済むものからMVPモンスターのドロップアイテムまでいろいろありますので、難易度にあわせて提供方法を変えようと思っています。


――匿名さんからの質問です。


「『ラグナロクオンライン ファン感謝祭2008』のときにちらっと公開された、3次職の独自攻撃モーションがありましたが、あれはどうなったのか気になっています。ボツになったらボツになったと言ってほしいです」


 ……か、かなり懐かしい話題ですね。さすがにいまだに開発継続中ということはないと思うのですが、これはいわゆる「開発中のため実装時には異なる可能性があります」というものの一例という感じでしょうか。


山本氏:


 楽しみにしていただいていたところ、申し訳ありません。当時ご覧いただいたのはあくまでも開発中のもので、最終的に現在の仕様になりました。実装されている職業のモーションを変更する予定は、現在のところありません。がっかりさせてしまい、本当に申し訳ありません……。


――fries_roさんからの質問です。


「冒険者アカデミーの拡張予定はあるのでしょうか」


 私も、すごく昔にインタビューにうかがった際に、冒険者アカデミーの拡張の件について質問した気がするのですが、だいぶ時間が経過しています。現状では、冒険者アカデミーという施設に頼らずとも、「レベルアップボックス」などによって新キャラクターが転生までスムーズに育成できるようになっているため、新規施設の増設よりも、そういった企画にシフトしたのかなとも思いますが、そのあたりはいかがでしょうか。


山本氏:


 個人的には、「ポリン団」などはすごく拡張したい! とは思っているのですが、初心者さんでもマラン島のクエストやメモリアルダンジョンなどを経由することで、レベルアップスピードがかなり早くなっており、拡張する必要性が低くなっております。ただし、やらないというわけではありません。その時々に応じて必要なコンテンツを追加するようにしていますので、今後も必要があれば冒険者アカデミーの追加をしたいと考えています。


 余談ですが、以前社内で、「アカデミーシークレットストーリー」の続編をつくるという話があったりもしたんです。もし「こういうコンテンツが欲しい!」などのご意見があれば、Webヘルプデスクなどからご要望を送っていただければと思います。


――そういえば「アカデミーシークレットストーリー」は「夢幻の迷宮」にもチラッと関わりがあるみたいですね。ということで次は匿名希望さんからの質問です。


「以前、生放送にてユーザーといっしょにダンジョンを作るという企画がありましたが、その後どうなったのか知りたいです。立ち消えになってしまったのか、それとも動いてはいるけれど時間がかかっているのかだけでも教えてください」


 以前、インタビューでおうかがいした際は、「開発会社的には先に作らなければならないものが多く、開発優先度は低くなってしまっているものの、立ち消えになったわけではない(でも進展するのはちょっと時間がかかりそう)」とのことでしたが、その後の状況はいかがでしょうか。というか、山本さんがロビーワールド企画で忙しいというのもあると思いますが……。


山本氏:


 新マップ企画に関しては、ユーザー様にも楽しみにしていただきながら実現できておらず、申し訳ありません。マップ作成は、開発にものすごく時間がかかるらしく、他案件などで開発優先度が低くなってしまっている状態です。


 しかしながら、アメリカローカライズマップの「ROCKRIDGE」が数年越しに実装された(編注:日本では2017年の秋ごろ実装予定)という事例もありますので、追加のチャンスがあれば、再度開発を提案していきたいと思います。


 代わりといってはなんですが、配置変更やイベントで新規モンスター実装など、できる範囲で新しい遊びの追加や狩場の変化を出したいと思いますので、そちらもよろしくお願いします。でも、新マップ作成は、私の悲願でもあるので、継続して交渉に努力します!


――今回、春の精錬イベント「ウェルス アイアン・フェスタ」のタイトルが、直前まで「春祭り(仮)」でしたが、なぜ隠されていたのでしょうか。まさかストーリー的に何か深い意味が……!?


中村氏:


 いえ、そこまで深い意味はありません(笑)。精錬イベントを春に行うのは、ここしばらく毎年恒例となっていて、イベント名を書くよりも、「春祭り=精錬イベント」としたほうが連想しやすいかな……と思ったからなんですよ。


――というわけで、第1回のQ&Aはこのくらいで……。ご協力いただいた運営チームのみなさん、ご質問を送ってくださった読者のみなさん、ありがとうございます。


 やっぱり運営さんに聞きたいことはたくさんあるようで、読者さんからのご質問はたくさんいただいています。今後もタイミングを見てQ&Aを追加していけたらと考えていますので、疑問に思うことがあればこちらの記事の後半を確認してコメントをいただければと思います(コメント欄は非公開になっています)。


 ただ、いただくコメントでは、質問の形式を取った要望というのが結構多いように思えます。今回もいくつか取り上げていますが「○○というのは実装されないんですか」系です。それって要は「○○を実装してほしい」という要望を質問形式にしたものなんですよね。要望に関しては多数のプレイヤーが望んでいるかどうかというのが重要らしいので、正式な窓口であるWebヘルプデスクから運営側へ送るというのが手っ取り早いと思います。もちろん、要望があるから質問が生まれるということもありますので、そういった質問はNGというわけではありませんが、ほかの質問があった場合はそちらを優先して取り上げる可能性が高いと思っていただけると助かります。「私の質問はROチャレンジでは取り上げられないのか!」とがっかりされる方もいるかもしれませんので念のため。