『ラグナロクオンライン』では、毎年恒例の夏イベントがスタートしています。「僕のドキドキ冒険記VI ~水底の図書館に沈みし魔導書~」(詳しくはこちら)と名付けられたこのイベント、舞台となるのはタイトル通り「水底の図書館」です。


 本来は海底に沈んでいたはずの図書館ですが、もともとはとある一冊の魔導書を封印するために建造されたもの。その魔導書「絶筆のグリモワール」の封印が弱まり、海上に浮上してきてしまったそうです。


 冒険者は、図書館にいた「司書アルフ・ライラ」の依頼により、この「絶筆のグリモワール」の中に入り込み、悪しき力を排除することになります。


 ……というのが基本ストーリー。


215_01
▲このイベントでは、ワールドを問わず、1アカウント内で13キャラクターまでが参加可能です。


 ゲーム的な説明をすると、メモリアルダンジョン「絶筆のグリモワール」に挑み、内部の宝箱の罠を解除しながらさまざまなお宝を手に入れるのが目的となります。


 「絶筆のグリモワール」は第一章(難度:低)、第二章(難度:中)、最終章(難度:高)の3パターンがあり、内部に出現する敵の強さとお宝のレアリティが変化します(ただし、ボスの強さはどの章でも同じ)。


 ダンジョン内のフロアに出現する敵を全滅させると宝箱が出現。この宝箱には罠が仕掛けられており、表示されるヒントをもとに、罠名を選択して解除を行います。罠が発動してしまうと宝の質が落ちてしまうため、レアアイテムを狙うなら罠解除は必須。


 罠の解除が得意なのはシーフ系、忍者系、レンジャー系、その他の職業という順番。罠解除が得意なほど、ヒントとして表示される文字数が多いので、失敗の確率が減少します。


215_02
▲罠解除が得意でないキャラクターの場合、表示される罠名のヒントは1~3文字程度。イベントポイントのアトラメンタムを消費することでさらにヒントがもらえますが、ソロだと罠を特定するのはちょっと……いやかなり困難。


215_03
▲シーフ系だと文字数がかなり増えて、よほど紛らわしい罠同士でない限り、ほぼ特定できる感じになります。理想はシーフ系がひとり以上いる多人数パーティーですね。


 出現する宝箱にもレアリティが設定されており、一番レア度が高いのは紫色のオーラを放つ宝箱。もしお目にかかれたら、アトラメンタムを支払ってでも確実に罠解除を成功させましょう。


215_04
▲ちょっとレアな黄色オーラの宝箱はよく見るのですが、紫オーラは本当にレア。


 もちろん、ダンジョン内では下層へ行くほどレアな宝箱が出現しやすくなるようです。


215_05
▲第三節のボス「九つの冠をいただく流体」を倒せば、最下層への入り口が。最下層に行くには追加でアトラメンタムが必要になるうえ、イリュージョンダンジョンのモンスターなどが出現する激戦必至のフロアですが、そのぶんレア宝箱の可能性が大。


 さて、毎年遊んでいるという人にとっては特に説明する必要はないと思うのですが、何気にコンテンツ量が多いのが「僕ドキ」シリーズ。初めて参加するという方は迷ってしまうかもしれません。そこで今回は状況に応じた「僕ドキVI」の楽しみ方を紹介していこうと思います。


215_06
▲なお、季節イベントをクリアするには、1アカウント内のどのキャラクターでもいいので1回、「レリューナ」から鑑定アイテムを受け取ること。ちなみにアイテムを受け取る際には、ランダムでいずれかの星座の欠片系のアイテム2個をもらえるようになっています。


■初めて「僕ドキ」シリーズを遊ぶ方へ


 夏イベント「僕のドキドキ冒険記」シリーズは、ダンジョン内で未鑑定アイテムを見つけてきて「レリューナ」に鑑定してもらい、1日1個(+α)のアイテムをゲットしていく、というのが基本的な流れです。


 いらないアイテムをイベントポイント(今年はアトラメンタム)に交換してもらい、3%回復剤や消耗品を手に入れることも可能です。


 また、ダンジョン内のフロアの敵を一掃すると出現するクリスタル的なオブジェクト(今年は「二十四面体」)を壊した数に応じて「マスター師匠」に稽古をつけてもらい、経験値を得ることもできます。ただし、3次職、影狼、朧、限界突破したスーパーノービス、リベリオン、サモナーの職業ではJob経験値はもらうことができません。ちなみに「マスター師匠」はBaseLv165までのキャラクターの育成に向いていて、それ以上のキャラクター育成では、そこまで美味しいわけではありません。


 BaseLv165未満のキャラクターを持っている人はその育成を行っていくといいでしょう。


 一方、ひととおり高レベルまで育成してあるという人の場合は、経験値はあまり気にせず、レアアイテム発掘に注力していくほうがいいかもしれません。


215_07
▲経験値が欲しい人はこの「二十四面体」を22個破壊するのを重視しましょう。パーティーで挑んでいる際は、画面内に全員がいることを確認してから破壊しないとキルカウントが進まないこともありますので要注意。


■今年からの新要素は?


 「僕ドキVI」では、「サラ」にいろいろなものに交換してもらえる「エッダの断章」が入手可能です。


 ダンジョン内の部屋の敵を全滅させた際、設定された確率に応じて階層入り口付近に「取り残されしエッダ」が出現します。


215_08
▲敵を全滅させるとたまにこんなメッセージが。階層の入り口近くに「取り残されしエッダ」が出現した合図です。


 「取り残されしエッダ」は能力値がひとつ指定されていて、その能力値が高いほど解読の可能性が高くなります。能力値のハードルはダンジョンの難易度に応じて高くなり、近くに生えているタコ足の数が多いほど難度が高いことを示しているようです。


215_09
▲「第一章」で出現した際、タコ足は1本でした。難度も低いようで、得意な能力であればほぼ成功する感じですね。


215_10
▲「最終章」で発見できたタコ足は3本。かなりハードルが高いらしく、得意な能力でも成功しませんでした。一説にはタコ足本数×100というのがクリアの目安と言われていますが、能力値を300にしても失敗したという報告があり、その全容はいまだ解明されていません。


 注意しなければいけないのは、この解読を試みられるのはパーティー内で1名のみということ。臨時パーティーで潜っている際などは、指定された能力値が一番高い人が代表して挑むようにしましょう。


 なお、「エッダの断章」は難度に応じて入手数が増加するほか、パーティー人数が多ければ多いほど入手できる数も多くなるようなので、できるだけ大人数パーティーで挑むほうが効率よく集められます。


 「エッダの断章」は「サラ」に持っていくことで、「デモニッシュシリーズ」の装備に「断章エンチャント」をしてもらえるほか、「迅雷の指輪[1]」との交換も可能です。ただし、「断章エンチャント」には「エッダの断章」100個、「迅雷の指輪[1]」と交換してもらうには3,000個という数が必要なので、ソロで集めるのは結構大変。買い取り露店やワールド倉庫(スタンダードプラン)にも対応していますが、パーティーを組んで集めるのがいいでしょう。


 集めるのが面倒という人は、割り切って「エッダの断章」を露店で販売して金策をするのもひとつの手ですね。


215_11
▲「エッダの断章」は1個で「サラの手紙」と交換してもらえます。「エッダの断章」を集めないという人も、これだけは交換しておきましょう。


215_12
▲「サラの手紙」は「スキアの手紙」と同様の効果になっているのでとても便利。なお、1アカウントにつき1回しか交換できません。


 そして、細かな変更点としては、今年のイベントでは、ダンジョンのフロアの敵をすべて倒したあとで階層を移動すると、再び敵とクリア報酬、ボスなどが出現するようになっています。これを利用して、弱いキャラでも第1節(第1層)を周回し、「おSEN値」を獲得しつつ「二十四面体」討伐をこなし続けることができます。


215_13
▲第1節のボス「火の星に咲く妖華」はそこまで強いわけではありません。凍結を防ぐ装備を用意しておき、詠唱の長い「ロードオブヴァーミリオン」を確実に避けるように注意しましょう。耐性が取れていれば「ロードオブヴァーミリオン」はそのまま食らっても回復アイテムで乗り切れると思います。敵HPが減ると爆裂波動状態になるので、そこは注意が必要。こちらのHPは多めに保つようにしておきましょう。


215_14
▲今年はボスを撃破した際の報酬も毎回手に入ります。周回していると、意外にアトラメンタムと「たこ焼きパック(50個)」が稼げてしまいます。


 そうそう、新要素というとアレですが、今回は罠のうちのひとつ、ダンジョン外へ転送されてしまうものが「宇宙的恐怖」に名称変更になっています。相変わらずこの転送は致命的なので、ソロで挑んでいる場合などは、可能性のある文字が表示されたら優先的に選択せざるを得ません。「よ」1文字で確定だった吸魔の抱擁が2択になるなどの弊害(?)も……。


・宝箱のトラップ一覧(2019年版)
 冷血な一撃(れいけ「」ないち「」き):凍結状態になる(危険度:低)
 天使の祝福(てんしのしゆくふく):HPとSPが回復(危険度:無)
 オークの祝福(おおくのしゆくふく):一定時間、オークの顔になる(危険度:無)
 天地回転(てんち「」いてん):一定時間、幻覚(画面が上下逆)状態になる(危険度:低)
 緊急警報(きんきゆうけいほう):敵が再出現。全滅後に再び宝箱(危険度:高)
 吸魔の抱擁(きゆう「」のほうよう):SPが大幅減少(危険度:高)
 思考の放棄(しこうのほうき):一定時間、スキル発動時間増加(危険度:高)
 死者の祝福(ししやのしゆくふく):一定時間、不死属性が付与(危険度:高)
 キャストオフ(きや「」「」おふ):衣装装備、矢・弾丸以外の装備が外れる(危険度:低)
 冷酷な天使(れいこくなてんし):一定時間、HP回復量減少(危険度:中)
 死者の福音(ししやのふくいん):一定時間、リザレクション不能(危険度:中)
 宇宙的恐怖(うちゆうてききようふ):ダンジョン外へ追い出される(危険度:高)
※「」内は1文字確定トラップ


 その他、「マスター師匠」から獲得できる経験値が増加する「研鑽の書」がアイテムではなく、アカウントで共通のフラグ(ポイント)扱いになったりと、細かい変更点はいろいろあったりします。


215_15
▲もちろん、「ミスティ」に話しかけることで体験できるストーリーイベントも必見! イベント全体のバックグラウンドストーリーからも予想されるように、ベースは「クトゥ○フ神話」。某所ではTRPGをほうふつとさせるダイスによる成功判定的パロディも散りばめられています。同行するNPC「オリバー」がいいアクセントになっていますね。


215_16
▲と思ったら突然の、年末恒例の笑ってはいけない某番組のパロディも!? アプチャオルリギがタイキックの代わりなんですね(笑)。


215_17
▲ストーリーイベントをクリアすると「[衣装] ぶたさんマスク」が獲得できます。これ、頭下段衣装装備なので帽子などと組み合わせることができちゃうんですよね。


■もちろん、昨年までの要素もしっかりあります!


 ダンジョンの宝箱からは、昨年同様「ゴッズシリーズ」の装備品はもちろん、「スタッフオブパフィ[1]」や「スターフィッシュスーツ[1]」、「特殊環境活動用ブーツ[1]」、星座の頭装備シリーズなども入手できます。「ゴッズシリーズ」などの装備には「オリバー」による「ドリームエンチャント」も可能。


 細かいところでは、「パワスポ師」の称号が獲得できるパワースポット巡りも可能です。昨年イベントに参加していなかったという人も、去年の分までイベントを満喫できるはず。


215_18
▲マラン島によく似たマップ内に配置されたたこ足を順番にクリックしてゴールまでたどり着ければ「パワスポ師」の称号が獲得できます。ルートさえわかればわりと簡単なので、やったことがないという人はイベントの息抜きがてら挑戦してみてください。


■4日に1回! 超師範代ドラゴの特別ショップ


 「マスター師匠」から獲得できる経験値が2倍になる覚醒と同じタイミングで、「超師範代ドラゴ」のショップがオープンします。アトラメンタムでさまざまな消耗品などが購入できるので、この機会にいろいろ入手しておきたいところ。イベント序盤はアトラメンタムも不足しがちですが、ダンジョンに通っているうちにだんだん余裕が出てくるハズです。ここでは特別ショップのラインナップを記載しておきましょう。なお、今年はある程度まとまった数での交換になっているようです。


・超師範代ドラゴの特別ショップ(2019年版)
<<消耗品>>
イグドラシルの種2個【2300
イグドラシルの実1個【1900
ホワイトスリムポーション16個【1200
毒薬の瓶2個【1500


<<材料>>
光の粒32個【1200
エルダーの枝20個【1200
神秘のルーン原石8個【1300
エンペリウム1個【1800
石炭32個【1200


<<触媒>>
くもの糸32個【1200
ファイアーボトル3個【1300
アシッドボトル7個【1300
イエロージェムストーン54個【1200
レッドジェムストーン80個【1200
コーティング薬2個【1200


215_19
▲モノによっては結構な数が一気に交換できるようになっています。ダンジョンで冒険をせずとも「ルーン」から毎日もらえるアトラメンタムを貯めておけば交換できるので、とりあえず毎日ルーンさんのお手伝いだけしておいて、イベント後半になったら入手を検討してみるといいかも。


■7月の「攻城戦YE」2回目も開催間近! 恒例の30時間RAGホーダイも実施!


 イベントも気になるところですが、今週末、2019年7月28日(日)には今月2回目の「攻城戦YE」が実施されます。メンバー人数の表示や、登録情報の確認ができるようになるなど、細かな改善も行われているほか、攻城戦では砦の城主が維持され、正式開催に向けて徐々に進んでいる感じです。


 公式ブログによれば、問題がなければ8月にも2回開催を予定しているとのことなので、プレイヤー側も通常の攻城戦から「攻城戦YE」へのシフトを意識していったほうがいいかもしれませんね。


 今週末は7月27日(土)19時から29日(月)1時まで月末恒例の30時間RAGホーダイも予定されています。「僕ドキVI」では公式特設サイトの最下段に書かれているように、いろいろ制限があるので注意が必要ですが、土曜日22時30分からの「ティアマト攻城戦YE」や日曜の「攻城戦YE」などを覗いてみるのはいかがでしょうか。


 なお、Yggdrasillワールドでのイベントは、各Yggdrasillワールドへのキャラクター作成が必要なので、できるだけ余裕を持ってログインしておくといいと思います。



 ということで最後はいつものお知らせを。当ブログでは、リンクしてくださるブログさんやサイトさんを募集しています。また、『RO』プレイヤーから運営チームへの質問も募集しています。リンクの詳細、質問の方法など、詳しくは以下のそれぞれのカテゴリからご覧いただければと思います。いずれも投稿から記事掲載まで少しお時間がかかってしまいますが、いただいたコメントはすべて確認させていただいていますので、どうぞよろしくお願いします。


・リンク募集告知
・運営チームへ突撃Q&A!