『ラグナロクオンライン』では、「攻城戦YE」のマッチング戦を使った初のオンライン大会「RJS WebMoney杯 2020冬の陣」がスタートしようとしています!

 今週末から全10回に渡って開催される「攻城戦YE」マッチング戦の結果によって、日本一のギルドを決定するというもの。基本的なルールや参加方法は通常のマッチング戦と同じなので、気軽に参加することができます。ただし、大会開催にあたって、これまでのギルドの登録情報やポイントはリセットされているそうです。ギルドマスターの方は開催時間が迫ってから慌てないように、しっかりと確認しておいたほうがよさそうですね。

 注意すべき点はほかにもいくつかあります。大会期間中は一度マッチング登録を行うと参加ギルドを変更できません。また、第1回戦終了後からも途中参戦は可能です。ただし、大会中にポイントを積み重ねていったとしても、第10回戦に参加宣言をしないと大会自体の参加辞退とみなされるそうです。特に最後の注意点は要確認。ギルドマスターの方はスケジュールをチェックしておきましょう。その他、細かい規定やルールなどは公式特設サイトを参照してみてください。

 大会ではもちろん賞品も出ます。今回はWebMoney杯となっているように、WebMoneyさんが協賛してくれており、上位3ギルドにはWebMoneyが贈られるとのこと。「上位入賞は難しそうだなぁ」という人にも運営チームから「1000小為替」が大量にプレゼントされるそうです。40位でも600個ももらえるので、“ダメもと”でも参加してみるのはアリだと思います(笑)。

 「対人戦はあまりやらないんだよなぁ」という人には勝利ギルドの予想イベントも行われます。こちらは外れたとしてもポイントがもらえるので、参加しない手はありません。ただ、予想受付時間が決まっており、マッチング決定後、試合直前までの1時間のみ。毎週日曜日20時~21時の間となっています。もちろん予想受付はYggdrasillワールドなので、もしキャラクターを作成していないという方は時間の余裕のあるうちに作成しておいたほうがいいでしょう。

 こちらは、予想でもらえるポイントとの交換アイテムとしてランダム衣装のほか、話題のアクセサリー「○○式鍛錬符(良)[0]」などももらえてしまうそうです(「○○式鍛錬符(良)[0]」がわからないという方は後半にて紹介していますので、とりあえず読み進めていってくださいね)。

 日曜日に時間限定でログインが難しいという方は、2020年2月25日(火)の定期メンテナンス終了後から始まる最終結果予想だけでも参加するといいでしょう。こちらでは的中結果に応じてZenyが山分け分配されるとのこと。

 大会の結果は公式特設サイトやポ三郎のツイートなどで発表されるそうなので、これからしばらくは毎週注目していきたいところです。

 一方で、同じYggdrasillワールドを使ったアトラクション「ティアマト攻城戦YE」にもアップデートが到来。かねてから予告されていたように、最凶難度とも言える「INFERNO」モードが実装されたのです。

 マップこそ同じですが、敵の配置や強さなどが段違い。これまで「HARD」モードでもわりとカンタンにクリアできていた場所でも決壊して大惨事に……!? 私も現場を覗いてきましたので、その様子は後半にて!

243_01
▲「ティアマト攻城戦YE」にINFERNOモードが追加。メンテ明けのYggdrasill3ワールド、カデス地方(今回からカデス地方はINFERNOモード専用になった模様)には多くの参加者が押し寄せ、後半はかなり重くなるほどでした。

243_02
▲通称東ルートでは、序盤も序盤、塔マップに入る時点で決壊。いわゆる“洞窟系モンスター”が大量に襲ってきて手も足も出ないという状況になることも……。

 今回のINFERNOモード実装にあたり、新アイテムなども追加されています。「YEP」にて交換可能な装備に「栄光の御旗(赤)[1]」(肩にかける物)と「鷹の目の首飾り[0]」(アクセサリー)が増えているほか、衣装装備なども増加。装備に関しては、おなじみ「世界樹の新芽」でエンチャントが可能になっています。「鷹の目の首飾り[0]」に関しては、「光速」や「大鷲の眼光」がエンチャントされる可能性もあるのですが、エンチャントの上書きが不可という仕様になっており、非常に悩ましいところ。交換ポイント自体が低めになっているのはそういう理由なんですね……!?

243_03
▲「栄光の御旗(赤)[1]」はキャラクターにグラフィックが反映される装備。物理・魔法両方において、火属性モンスターに与えるダメージが30%もアップするという性能もなかなか。

243_04
▲「鷹の目の首飾り[0]」はエンチャントを4つもつけられます。世界樹エンチャントなのでもちろん失敗はありません。ただし、エンチャントの上書きはできないので、それぞれが一発勝負。「最適解」なエンチャントになるまで突き進むと“沼”にハマりそうですが……。

 そして、毎月恒例のラグ缶も更新。今回は「ラグ缶 2020 March」。2020年2月13日(木)15時より販売が開始されており、「森羅万象の指輪[1]」、「暴威のマフラー[0]」、「イルシオンシールド[1]」、「ラブダッドバンダナ[1]」が新登場です。「イルシオンシールド[1]」はもちろんイルシオンエンチャントでカスタマイズが可能。さらに盾用のエンチャントも新規に実装されている模様です(詳しくは公式サイトのイルシオンエンチャントを参照)。「サンダーストーム」や「ヴェラチュールスピアー」がオートスペルで発動できてしまう新エンチャント「T-Electricity」などが気になりますね……!

■「ティアマト攻城戦YE」INFERNOモードに挑戦してみました

 さてさて、「ティアマト攻城戦YE」のINFERNOモード実装を記念して、Yggdrasillワールドでは約2週間、毎日「ティアマト攻城戦YE」INFERNOモードが実施されています。イベント対象になっているのはINFERNOモードだけなので、HARD以下の難度に関しては、通常どおり、月曜と土曜のみの開催です。

 HARD以下の難度に関してはそれぞれ緩和が行われるという話もありましたので(年頭インタビューを参照)、土曜と月曜はINFERNO以外の難度に挑戦してみるのもいいかもしれません。

 さて、話を戻してINFERNOモードですが、冒頭でも述べたようにさっそく挑戦してきました。最初に私が挑戦してみたのはメンテ明け直後、15時からの昼の部。「昼の部だし、参加人数もあまり多くないかな?」と思っていたのですが、気になる方は多いようで、ふだんの夜の部と変わらないくらいの人数が参戦していました。

 とはいえ、新たな配置や敵の強さもあって、序盤から前線が決壊することも多々。私はふだん東ルート方面に参加しているのですが、敵に阻まれて停滞も確認されたので、北ルートを覗きに行ったりと城の中をうろちょろしていました。

243_05
▲東ルートの塔。転送装置のパワー注入ギミック中、階段付近にまで“洞窟系モンスター”が押し寄せ、一時はどうにもならない状況に。とはいえ結果的に徐々に押し返していたようです。

243_06
▲北ルートはゆっくりですが確実に攻略が進んでいた様子。もともと強敵が多いルートなので慣れている方も多かったのでしょうか。

243_07
▲東ルートに戻ると、少し進んでいました。が、塔の転送装置に力をそそぐギミック中、広範囲に混乱などが発生するモンスターのスキルを受けてしまうと、パワー注入中のキャラが中断させられてしまうことも……。パワー注入ギミック中はモンスターを倒すことで無限に湧いてしまうのもネック。「敵を倒さないで」というチャット看板が立ち続け、これまで以上に注意が必要なポイントになっています。

243_08
▲塔のギミックをクリアし、B1階の守護天使、サタナキアが出てくるマップへ到達。いわゆる“草原系モンスター”を見た瞬間に「ランドプロテクター」を使って「アースストレイン」を封じます。「ランドプロテクター」は味方の地面指定のスキルも効果を発揮できなくなるので悩みどころなのですが、さすがにコイツら相手では使わざるをえません……よね?

243_09
▲その後は水門、秘密の庭園、大ホールなどもクリアし、ドラゴン山盛りの城門を越えたあたりで時間切れ。個人的には敵に触られると即戦闘不能になるような状態なので、かなりヒヤヒヤものです。INFERNOモードでは戦闘不能になると即座にセーブポイント送りになるため、立て直しが難しいのも攻略速度を低下させている要因なのかもしれませんね。

243_10
▲初日、15時開始回(昼の部)、Yggdrasill3ワールドのカデス地方(INFERNOモード)、獲得点数は347点のランクCでした。

243_11
▲開始直後とはいきませんでしたが、早めの段階から参加でき、なんとか貢献度は満たしていたようで、報酬ももらえました。

 さて、報酬をもらった際に見慣れぬアイテム名が飛び込んできました。もうご存知の方も多いと思いますが、「○○式鍛錬符(良)[0]」です。

 こちらは通常の「○○式鍛錬符[0]」同様、装備して修行僧に話しかけると極意を授けてもらえる装備(その際、鍛錬符自体は消滅します)。ただし、その獲得経験値はかなり多めになっていました。

 BaseLv175のキャラで極意を授けてもらったところ、数値1につき8億(800M)のBase経験値が獲得できました。通常の「○○式鍛錬符[0]」ももちろんもらえ、こちらは数値1につき2億(200M)のBase経験値。今回はどちらも「零参」だったので24億(2.4G)+6億(0.6G)、合わせて30億(3G)のBase経験値を獲得できたことになります(なお、どちらもBaseLv180以上になると獲得経験値が増加します)。

243_12
▲「○○式鍛錬符(良)[0]」。BaseLv175(~179まで)の場合は数値1につき8億のBase経験値を獲得。通常の「○○式鍛錬符[0]」ももらえるのでお得に感じます。ちなみに「○○式鍛錬符(良)[0]」はBaseLv175以上という装備制限があります。

 続けて実装初日、22時30分からの“夜の部”にも参加しました。昼間の傾向を見て、Yggdrasill3ワールドは人が集まりすぎる気がしたので、Yggdrasill2ワールドで参戦。昼の様子からしてどこまで行けるかといったところでしたが、昼間苦戦した塔のパワー注入ギミックは予想以上にすんなりとクリア。さすがという感じです。なんだかんだで結局“洞窟系モンスター”以外の敵は(よほど数が多い場所でない限り)押し切って進んでいった印象です。最終的には「王家の封印」を解除したところで時間切れに。個人的には予想以上に進んだ気がします。

 一方、Yggdrasill1ワールドでは王家の封印の数マップ先にいる「魔女ジラント」に会えたようですね。そしてYggdrasill3ワールドは人が集まりすぎてなかなか進めなかったとのこと。噂によると800人を越えたそうで、それはさすがに動けないだろうなという感じでした……。

243_13
▲Ygdrasill2ワールドには450人オーバーの人数が参戦。キャパシティ的にはギリギリな感じ?

243_14
▲終了2分前に王家の封印が解除。あの凶悪な各部屋のモンスターをどうやってやっつけているのか、私にはもうわかりません(苦笑)。

243_15
▲初日、22時30分開始回(夜の部)、Yggdrasill2ワールドのカデス地方(INFERNOモード)、獲得点数は512点のランクBでした。

243_16
▲もらえた報酬は「零伍式鍛錬符[0]」、「零伍式鍛錬符(良)[0]」、「ティアマトYEガチャチケット」5個でした。BaseLv175のキャラで鍛錬符を経験値に換えたところ、Base経験値を合計50億(5G)獲得。

 初日の進展具合を見ていると、苦戦を強いられつつも、この記事が掲載される頃にはクリアに迫ってしまうのでは……? という勢いも感じられます。イベント開催時にはINFERNOモードに人が集中してしまいますが、他の難度も同時開催となる月曜&土曜の参加人数の分散傾向など、しばらく状況を見ていきたい感じです。


 ということで、今週も最後はいつものお知らせで。当ブログでは、リンクしてくださるブログさんやサイトさんを募集しています。また、『RO』プレイヤーから運営チームへの質問も募集しています。リンクの詳細、質問の方法など、詳しくは以下のそれぞれのカテゴリからご覧いただければと思います。いずれも投稿から記事掲載まで少しお時間がかかってしまいますが、いただいたコメントはすべて確認させていただいていますので、どうぞよろしくお願いします。