先週に続き、「幻想叢書」のアップデートが行われた『ラグナロクオンライン』。第7弾となる幻想叢書は「エンジェリング育成日記 ~ポリンの見る夢~」。

426_01
▲まさかのポリン育成ゲーム! 可愛いポリンのイラストも満載です。

 タイトル通り、「エンジェリング」を目指して新米ポリンを育成していくという、いわば「ポリン育成ゲーム」。冒険者は新米ポリン「グラリン」の親となり、VR内部の時間にして約10ヶ月をかけて育成をしていきます。「グラリン」にどんな勉強を行ったらいいか、アドバイスを与える感じで、気分は完全に育成シミュレーションゲーム。与えた指示に応じて「グラリン」の能力値が変化していき、最終的に8種類の“ポリン族”の姿に成長するとのこと。目標はもちろん「エンジェリング」ですが……!?

 「エンジェリング」への育成ができなくとも、育成を終えれば報酬がもらえるので、とにかく挑戦してみるのがいいでしょう。

426_02
▲この本の作者はなんと「ニルレム」。宮廷魔術師のかたわらモンスターの研究家としても活動しているらしく、今回はポリンについてまとめた本がVR化された模様。

426_03
▲VR内でポリン育成の依頼をしてくるのは、なぜか立ち絵がドット絵のヴァルキリー「アカリ」。この世界での冒険者は「ポリンテラ」を救った英雄で、今は“ポリン族”とともに暮らしているという設定です。

426_04
▲「グラリン」は毎月3回の勉強(育成指示)ができます。各勉強に応じて能力値がアップ。最終的な能力値によって「グラリン」の形態が決定されるようです。

426_05
▲7月と12月はお休みなので勉強はできません(季節に応じたイベントが発生)。また8月からは1ヶ月(3回分)の育成期間を使って武者修行に出ることもできます。

426_06
▲冒険者は姿を隠して「グラリン」の武者修行をこっそり見守ります。キャンプ中に襲われそうになる「グラリン」を守るために戦闘が発生! 敵はそれほど強くはありませんが、サクッと蹴散らすために武器防具は一応装備しておきましょう。なお、武者修行に出なければ戦闘は発生しないので、戦闘が極端に苦手なキャラだったり、面倒だと思う方は、武者修行をさせないことで完全無戦闘でクリア可能です。

426_07
▲毎月の会話で冒険者自身のことを教えたりすると「不思議な力」が上がります。いかにもエンジェリング育成に必要な能力値っぽいですが果たして!?

426_08
▲どの能力値も平均的に上げていったら、最終形態は「ポリン」に。各能力値をピーキーに上げていくことでそれぞれ別の“ポリン族”になるようです。

 ……と、本気で育成を進めていくにはなかなか時間がかかりそうな印象も受けますが、クリア周回するだけであれば毎月のコマンド入力だけでいいので(武者修行もスルー可能)、それほど手間はかかりません。育成に興味はないという方はその方向で。

 報酬は「幻想叢書完読記念カード」300個と、選択報酬として「小さなゼロピー」か「一口食べたリンゴ」のどちらか1個。BaseLv180以上230未満のキャラには次のレベルアップに必要なBase経験値5%分が与えられます。

●「エンジェリング育成日記~ポリンの見る夢~」クリア報酬
確定報酬
・Base経験値5%分(BaseLv180以上220未満) 記事公開時は実装記念イベントにより2倍の10%
・「幻想叢書完読記念カード」300個
選択報酬(クリア時に選択)
・小さなゼロピー(30個で「[衣装] グラリン・ミニミー」、または「[衣装]」 エンジェリング・ミニミー」と交換可能)
・一口食べたリンゴ(1個で「幻想叢書カード(グラリン)」と交換可能)

426_09
▲「幻想叢書カード(グラリン)」は「一口食べたリンゴ」1個で交換可能。幻想叢書バフは「聖属性魔法攻撃で与えるダメージ+5%」。カーディナルなど、聖属性魔法攻撃がメインのキャラに使っていきたいですね。

 2023年9月26日(火)定期メンテナンス終了後から10月3日(火)定期メンテナンス開始前までの約1週間は、恒例の実装記念のボーナスイベントが開催中です。BaseLv180以上230未満のキャラが受け取れるBase経験値が2倍(10%)になっています。

 ボーナスイベント分を含めると「幻想叢書」シリーズだけで合計60%分のBase経験値が毎日獲得できるようになっています。日々のレベリングに活用していきましょう。

 さて、2023年9月26日(火)定期メンテナンス終了後からは、「攻城戦YE マッチングボーナスイベント」も開催されています。Yggdrasillワールドで行われる「攻城戦YE」のうち「マッチング戦」や「小規模戦」に参加することで「マッチングサポートポイント(MSP)」が獲得できます。MSPはここでしか入手できない「ゲフィオンシールド[1]」やその精錬サービスなど、さまざまな報酬と交換することができます。

 MSPは対戦に負けても獲得できるので、「攻城戦YE」が初めてというギルドでも努力が十二分に報われます。参加のハードルが低めで、かつ決着がつけば終了となる「小規模戦」などから挑んでみるといいかもしれません。

 「攻城戦YE マッチングボーナスイベント」は2024年1月16日(火)定期メンテナンス開始前までの長期開催となっています。毎週の対戦でコツコツポイントをゲットして、豪華報酬を獲得していきましょう。

 2023年9月26日(火)定期メンテナンス終了後からの変更点がもうひとつ。「復刻コスたま2023 Season3」のラインナップが更新されています。今回でSeason3のラインナップ更新は終了。10月24日(火)定期メンテナンス開始前でSeason3は終了し、ポイント交換ラインナップも変更になります。Season3のポイントも無効になってしまうので、交換がすんでいない方は早めに交換しておきましょう

 ところで、今回のパッチ内容ではないのですが、メンテ時に「11月29日(火)定期メンテナンス以降発生している現象について」が更新され、15番目が追記されています。「物理攻撃判定の一部スキルにおいてRes(物理抵抗力)によるダメージ減少が適用されていない」とのこと。どのスキルが該当するのか、細かいところまでははわかりませんが、頭の片隅に留めておいたほうがいいかもしれません。

 最後に、公式ブログに気になるお知らせが。実装が待たれる上位特殊2次職およびスピリットハンドラーですが、当初の9月~10月を目標に作業中という予定が少し伸びそうな雰囲気らしいです。わりと「そうだろうなと思った」「知ってた」「ちゃんと遅れますって言えて偉い」な反応の“面構えの違うプレイヤー”も多いのですが、実装を楽しみにしていた方にはとても残念なお知らせになってしまっています。

 とはいえ、調整が不完全なまま実装されても逆にもっと大変なことになってしまいますので、そこはじっくりと最終検証してもらいつつ、11月(?)を待ちたいところです。


■エンジェリング育成はできるのか……!? 「エンジェリング育成日記 ~ポリンの見る夢~」挑戦中!

 そんなわけで先週から再び幻想叢書漬けな感じですが、今週実装された「エンジェリング育成日記 ~ポリンの見る夢~」は、これまでにない感じの育成ゲームになっていて驚かされました。

 最終結果が変化するというのは「誰でも簡単に育てられる観葉植物 ~実務の巻~」にもありましたが、今回はより本格的ですね。

 これを書いている時点では実装されたばかりということで、どのようにしたら「エンジェリング」に育成できるのか手探り状態です。どの能力値も大切だなぁと思って平均的に上げていったら、上に画像を上げたように普通の「ポリン」になりましたし、それぞれの能力を極端に上げればそれぞれ別の“ポリン族”になるのだろうなぁという推測はつきます。

 勉強代わりに武者修行に出られるのもポイントで、能力アップのために育成をしたほうがいいのか、武者修行を繰り返したほうがいいのか……。

426_10
▲武者修行を続けると「マスターリング」が登場したりします。

426_11
▲歴史勉強で知力のみを上げ続けたら「マグマリン」になりました。ほかの能力も突出して上げればそれぞれ違う“ポリン族”に変化するっぽいですね。

 育成結果は特に報酬などに影響しないので、自己満足の領域ではありますが、やはり気になってしまいます。せっかくボーナスイベント期間なので、挑戦するたびにいろいろ試してみようと思っています。

 最後に上位特殊2次職+スピリットハンドラーがどうやら少しだけ延期になってしまう件について。熱心にプレイされている方の中には「もう育成するキャラいないよ!」という方もいるかもしれません。個人的にはログインできない日もあったりして、せっかくの「幻想叢書」も十分活用できていない日々で、「育成猶予期間が伸びた」という感じです。このへんのプレイヤー間の温度差は仕方ないのかもしれません。とはいえ、現在の『RO』はBaseLvカンスト状態やBaseLv200までのキャラ用のコンテンツも用意されていたりするので、そういった遊びに挑んでみるのもアリではないでしょうか。

 ……というわけですので、私はこのブログ記事書き終えたらさっそく「幻想叢書」を回してこようかと思っています(笑)。ブログを書いているとプレイができず、プレイしているとブログが書けないというのはゲーム系ブロガーあるあるですよねー。


 では今週もお知らせです。当ブログでは、リンクさせていただけるブログさんやサイトさん、動画チャンネルさんを募集しています。また、『RO』プレイヤーから運営チームへの質問も募集しています。リンクの詳細、質問の方法など、詳しくは以下のそれぞれのカテゴリからご覧いただければと思います。いずれも投稿から記事掲載まで少しお時間がかかってしまいますが、いただいたコメントはすべて確認させていただいていますので、どうぞよろしくお願いします。