ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

2015年12月

年末特別企画! 2015年を振り返る『RO』運営チームインタビュー


 2015年最後の更新は、特別企画のインタビュー。おなじみ、『RO』運営チームの方々を代表し、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の千葉亮一氏、中村聡伸氏、長澤誠吾氏のお三方にお話をうかがうことができました。


 怒涛のように実施された2015年のアップデート&イベントの舞台裏や、ほかではちょっと聞けない話など、現役『RO』プレイヤーはもちろん、絶賛休止中の方(!?)にも興味深い話題満載でお届けします! 聞いてきたお話はほぼ全部ノーカットで載っけていますのでちょっと長めですが、年末年始のお休みなどを利用してご一読いただければと思います。


00
▲今回お話をうかがったお三方。ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社『RO』運営チームの千葉亮一氏(中央)、中村聡伸氏(左)、長澤誠吾氏(右)。

続きを読む

【チャレンジ036】新衣装装備は結構手強かった!? そしてなんと弓職系に嬉しい属性矢の店売りも開始!


 『ラグナロクオンライン』ではクリスマスイベント「クリスマスパーティー2015 ~クリスマス中止のお知らせ!? ニャンタクロースと禁断のコタツ~」が開催中(公式特設サイトはこちら)。とはいえ、これが掲載される頃には、メインである「穴が開いている赤い靴下」(以下、靴下)とプレゼント報酬の交換は終了しているハズ。みなさん結果はどんな感じだったでしょうか。


 私は、イベント開始時にババッと靴下を集めて全キャラで交換。以後、毎日ログインしてはサンタからのクエストを更新して、靴下を渡せる個数を追加していました(交換自体は後回し!)。時間ができたらメカニックなどで比較的狭いマップに行って、アンソニやその手下を倒して靴下をかき集め、倉庫経由で各キャラで引き出して交換する、といった感じです。


 なかには期間中はクエスト更新だけを行って、最終日に露店で靴下を買って一気に交換した、なんて人もいるみたいですね。確かにログイン時間が取れない人はそれもアリかも……?


 そんなこんなで、とりあえず目当てだった新衣装装備「[衣装] かわいいサンタ帽」を手に入れるまではと交換を繰り返していたんですが、これが意外と強敵でした(笑)。「[衣装] かわいいサンタ帽」が出やすいとされている「柔らかい袋」を指定しているにも関わらず、交換すれども交換すれども一向に出てきません。「本当に入ってんのかー!?」とサンタを疑いたくなるほど(苦笑)。


01
▲嬉しいけど今欲しいのはキミじゃない! いや、もらいますけどね。


02
▲「古いカード帖」はありがたい! キミは許す!


 というわけで、いくつ交換したかメモはしていなかったのですが(そもそもこんなに出ないとは思っていませんでした)、「古いカード帖」を7個ほどもらったあたりでようやく「[衣装] かわいいサンタ帽」をゲット!


03
▲思ったより苦労した気がしますが、なんとか新衣装装備を入手。せっかくだからしばらく装備させておきます(笑)。


 まぁ、「穴が開いている赤い靴下」は比較的入手しやすいので、苦労というほどのものではありませんし、いざとなったら露店で「[衣装] かわいいサンタ帽」自体を購入するという手もあります。季節モノだけあって意外とお安いですし……。


 なんだかんだ言いつつも、「古いカード帖」や「宝箱」、その他もろもろのアイテムが入手できたので、結果的には懐が潤ったという人も多いはず。地味なように見えますが、やっぱり季節イベントはちゃんと参加しているといいことがありますよね。


続きを読む

【初心者・復帰者企画28】プリースト育成編・その1


 物理攻撃をメインにした、いわゆる“殴り型”として育てたアコライトは、前回、転職して“殴りプリースト”になりました。途中、マラン島の「ニャンゲーマーズ」クエストで一気にレベルアップしたため、「レベルアップボックス」関連の装備やアイテムをもらっておらず、冒険者アカデミーに戻り、「マスター・スヌス」からいろいろ受け取ります。


 初心者が最初に迷う「レベルアップボックス(Lv65)」の「防具交換チケット」でもらえる装備ですが、殴りプリーストの場合は、基本的にはAgiやFlee(回避力)が高まる「ヘルモードセット(2)」がオススメです。が、無属性のダメージを15%も減らしてくれる「ヴァーリのマント[0]」を含む「ヘルモードセット(1)」も捨てがたいところ。まぁ、3キャラ以上育成していればすべてもらえるわけですが。


01
▲殴りプリーストの場合、Agiを高める方向でも防御を高める方向でも構わないため、どちらのヘルモードセットでも使いこなせます。今回は「ヘルモードセット(1)」をもらい、「ヴァーリのマント[0]」だけ装備することにしました。他のキャラを育成している場合、BaseLv70以上であれば“飛行船セット”も便利です。


 なお、Int型で育成している方は当然のことながら「モルフェウスセット」がオススメです。詠唱を中断されない装備は、悪魔形と不死属性モンスターに超有効な「マグヌスエクソシズム」を使う際には必須です。また、純支援系のプリーストであっても、SPが増加するので便利です。


 「レベルアップボックス(Lv72)」の「武器交換チケット」でもらえる装備は、前回書いたように「治癒の杖[0]」。純支援型にはそこそこ便利ですが、魔法スキルで攻撃を行う場合はマラン島で入手できる“猫武器”「猫両手杖・旗魚[0]」のほうがいいでしょう。


02
▲アコライト系は、「騎乗用手綱」を使うと、アルパカのような動物に乗って移動できます。「騎乗用手綱」の使用前にかけた「速度増加」は有効なので、かなりのスピードで移動することが可能になります。


 また、前回最後に書いたように、殴りプリーストの武器として「スタナー[0]」を購入しました。


03
▲「スタナー[0]」はモロク北西のピラミッド前のマップにいる商人で購入できます。購入資金は「永劫の戦」の報酬のオルムを使って転成儀を回していれば「金塊」や「黄金」が手に入るので、それらをNPCに売却すれば工面できるでしょう。もちろん倉庫経由でマーチャント系キャラクターに渡して「オーバーチャージ」で高く売り、「ディスカウント」で安く買うのは基本です。


続きを読む

【チャレンジ035】クリスマスイベント開始! そして待望のギロチンクロスのセカンドコスチュームも到来です!


 13thアニバーサリーイベントが終了し、いろいろと美味しかったダンジョン「深淵の回廊」も終了。美味しかった期間限定ダンジョンに行けなくなってしまうと、反動で狩りに行く気が起きないという人もいるかもしれませんが、間髪を入れずにクリスマスイベントが開始されています。まぁ、毎年のことなので長年『RO』を遊んでいる方は慣れているサイクルかもしれません(笑)。


 ということで、2015年12月15日(火)の定期メンテナンス終了後、「クリスマスパーティー2015 ~クリスマス中止のお知らせ!? ニャンタクロースと禁断のコタツ~」(公式特設サイトはこちら)が開始されています。マラン島から盗み出された謎のコタツの影響で猫になってしまったサンタクロースを元の姿に戻すため、「穴が開いている赤い靴下」を渡すという内容です。


 イベントの流れ自体は昨年とだいたい同じで、「穴が開いている赤い靴下」を渡せるのは1日に3個まで。1個渡すごとにお礼がもらえるという感じです。もちろん、お礼の内容は変更されているので何が貰えるのかはプレイしてみてのお楽しみ。


 イベント期間中は各マップにニセサンタである「アンソニ」やその手下モンスターが出現し、彼らを倒すことで「穴が開いている赤い靴下」や、「プレゼントボックス」のラッピングに必要なアイテムなどをドロップします。どのモンスターがどのくらい出現して、「穴が開いている赤い靴下」をドロップしやすいモンスターはどれか、などは、イベント会場にいるカプラ職員、「カプラソリン」から聞くことができるので、参考にしてみましょう。


 ということで私もさっそく「穴が開いている赤い靴下」を渡して報酬をもらおうと思ったのですが、去年使いきっていたらしく倉庫内の在庫はゼロ。とりあえず、更新されている「コスチュームミッション2015 12月」(公式特設ページはこちら)の「ドラモ マシーン」による課題と平行して進めることにしました。


01
▲毎年恒例、クリスマスイベントがスタート! イベント自体は2015年12月29日(火)まで継続されますが、「穴が開いている赤い靴下」と報酬の交換は2015年12月24日(木)までとなっています。


続きを読む

【絵師が語る『RO』:第3回】天童まくらさん


 絵師が語る『RO』、第3回は天童まくらさんにご登場いただきました。可愛らしい絵柄で人気の天童まくら先生は『RO』のコミックアンソロジーなどにも参加されていました。当時はセージをメインにプレイされていたということで、現在セージの3次職であるソーサラーをメインにしている私としてはちょっと親近感が(笑)。

 現在の『RO』はプレイされていなかったということで、お休みされていた間に『RO』がどんな風に変わったかを簡単に説明したところ、やはりモロクの復興に興味を示されていらっしゃいました。昔ながらのプレイヤーにとって、モロクの崩壊というのはインパクトのある出来事だったんですよね。今回はそんな驚きをコミックにしていただきました(コミックはクリックにて拡大します)。

続きを読む