ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

2016年02月

【チャレンジ044】ロイヤルガードのセカンドコスチューム、いきなり実装!? 2月最終週も無料でいろいろ遊べちゃいます


 『ラグナロクオンライン』では、2016年2月23日(火)の定期メンテナンス後に、前触れもなくロイヤルガードのセカンドコスチュームが実装されました! いや、前々から「次はロイヤルガードで、もうすぐ実装できるよー」とは告知されていたのですが、公式Blogなどでも実装日の事前予告なしの状態だったのでちょっとビックリ(笑)。


 セカンドコスチュームといえば、やはり特設ワールドでのお試し。今回も1週間限定で、「セカンドコスチューム体験ワールド」がオープンしており、当然のことながら、古代遺跡の探検も楽しめるようになっています(詳しくはこちら)。


 ロイヤルガードはHPや防御力に秀でた職なので、装備などを固めれば生き残るのは難しくはない感じですし、ロイヤルガードを作ったことがないという人もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


 体験ワールドでのステータスタイプは「ヘスペルスリット型」と「インスピレーション型」になっています(独自のカスタマイズももちろん可能です)。とりあえずやったことがないけれど様子見したいという方は、どちらかというと「インスピレーション型」がオススメかもしれません。こちらはいわゆるAgi型で、連射も可能な「バニシングポイント」という攻撃スキルをメインにして戦います。


01
▲セカンドコスチューム体験ワールドでの「ヘスペルスリット型」のステータス&装備。


02
▲ちなみに男性キャラのセカンドコスチュームは背中のマントが特徴的。この柄はグリフォンに乗っていてもよくわかるのが嬉しいです。


03
▲こちらは「インスピレーション型」のステータス&装備。


04
▲セカンドコスチューム体験ワールドでは、かなり自由にキャラをカスタマイズできるので、話題の新装備「エクセリオンレッグ[0]」をお試しすることもできます。プレイしているキャラではまだ入手できていない「ライオットチップ[1]」とのセット効果を体感してみました。……「ライオットチップ[1]」にカードを挿し忘れているのはご愛嬌ということで……(苦笑)。


05
▲なお、今回のセカンドコスチューム体験ワールドでは、「サインボードシステム」という、NPC用の看板機能が活用されています。こちらはいずれ通常ワールドのほうにも導入されるかもしれませんね。


続きを読む

【チャレンジ043】エクセリオン新設計図、ホラーおもちゃ工場関連カードなど新規実装に加えて旧フェイヨンも正式に復活! さらに土日は無料で遊べる!?


 『ラグナロクオンライン』では2016年2月16日(火)の定期メンテナンス後、いろいろなアップデートが行われましたね。いくつかの内容が同時に実装されたので、個々でちょっと方向性がブレるかもしれませんが、ひととおり紹介していきたいと思います。


 まずは懐かしい要素から。


 イベントで期間限定の復活を遂げた「旧フェイヨン」でしたが、以前、インタビューで千葉さんがおっしゃっていたように、引き続いての永久実装になった模様です。しかもフェイヨンへの移動を行った際、現行の「山岳の都市フェイヨン」ではなく、「旧フェイヨン」に移動するようにもできる“拠点変更”も可能に。「旧フェイヨン」にも当時から存在していた精錬NPCや、頭装備作成NPCなどが配置されていて、昔の感覚で使えるようになっています。


01
▲武器屋や防具屋に併設されていた精錬NPC「アントニオ」。「山岳の都市フェイヨン」ではマップ中央付近にいますが、「旧フェイヨン」ではマップ西側の建物内にいます。


 「山岳の都市フェイヨン」から「旧フェイヨン」に行くには、南のカプラ職員からちょっと東に行ったところにある「深い井戸」を使います。井戸にカーソルを合わせるとクリックできる箇所があるので、先日まで行われていたイベント(「ビーンズウォーズ2016」)時と同様に、井戸に飛び込めばOK。


02
▲「旧フェイヨン」へ行くにはここの井戸へ飛び込めばOKです。


 また、「旧フェイヨン」では出現位置のすぐ目の前に案内NPC「思い出のカンパネラ」がおり、ここで「山岳の都市フェイヨン」をメインにするか、「旧フェイヨン」をメインにするかという“拠点変更”を行えます(「山岳の都市フェイヨン」に帰ることもできます)。


 なお、「旧フェイヨン」の外部マップへのワープリンクも機能しているので、デフォルトである“「山岳の都市フェイヨン」がメインの状態”で隣のマップに移動し、再度ワープリンクを戻ると、「山岳の都市フェイヨン」へと戻ります。


 ということで、これからはフレンドなどに「フェイヨンに集合な!」と伝える際は注意したほうがいいかもしれません(笑)。


03
▲「旧フェイヨン」を選ぶと、フェイヨンへの移動を行うと自動的に「旧フェイヨン」に来ることができます。この選択は何度でも変更できます。


 ちなみに、直接関係はないのですが、「ビーンズウォーズ2016」関連のNPCは、いわゆるプロンテラ東カプラの近くに登場していて、桃ポイントと「やわらかい桃」の交換はもちろん、「御供」の呼び出しや成長を行うこともできます。とはいえ、桃ポイント獲得はできませんから、残りポイントの使いみちは計画的に。


04
▲ふたりのNPCと雑談をすると、それぞれ違う内容の会話が楽しめます。クリスマスイベントでは後日談も聞けそう?


続きを読む

【チャレンジ042】旧フェイヨンでのイベント「ビーンズウォーズ」もあとわずか! ウェルスのアップデートに備えよう!?


 『ラグナロクオンライン』では、2016年2月2日(火)から続いている節分&バレンタインイベント「ビーンズウォーズ2016 ~御供とワイワイ鬼退治~」が継続中(公式特設サイトはこちら)。このイベントは2月16日(火)の定期メンテナンス前までとのことなので、まもなく終了になる予定です。


 ちなみに、2016年の季節イベントにカウントされているため、クリアしておくと、次の季節イベントとクリスマスイベントにボーナスが得られます。先週紹介したとおり、5分くらいで参加フラグを立てることができるので、まだ遊んでいないという方も滑り込みセーフですよ?


 2月中は毎週日曜日が「サンデーナイトRAGホーダイ」(詳しくはこちら)ということもあり、ふだんはログインしないようなキャラでクリアさせておいてもいいでしょう。


 さて、今週、2月9日(火)の定期メンテナンス後からは、以前行われたぷちイベント「ウェルス発掘 トリプルダブル!」で発生した不具合の補填が開始されています。これは、クエスト「地下遺跡アドベンチャー」をクリアした際のイベントボーナス分の報酬(Base経験値500万、Job経験値250万、「古びた燃料タンク」20個)が受け取れなかったというもので、今回、プロンテラとウェルス発掘地に登場しているNPCに話しかけることで、これらを受け取ることができます。


01
▲プロンテラの復帰地点近く(と、ウェルス発掘地)に登場したNPC。話しかけると、条件を満たしているキャラであれば報酬を渡してくれます。


 私もさっそく受け取ってみたのですが、告知内に気になる一文がありました。それは「※イベント開始前にクリアしていたキャラクターも対象になります」というもの。


 私のキャラの多くは、基本的には、ウェルス発掘地実装時のイベント中にクリアしており、当時も報酬は「2倍」でもらっていました。なので、今回の補填対象にはならないのかなと考えていたのですが……。


02
▲今回の補填では、2016年2月2日(火)の時点でクリアしていたキャラであればタイミングは問わないようで、私は全キャラが受け取ることができました! 中にはレベルアップしちゃうキャラも……。


 イベント中にクリアしたジェネティックだけが受け取れるとばかり思っていたのですが、意外な臨時収入(!?)。とにかく2月2日(火)定期メンテナンス開始前までに「地下遺跡アドベンチャー」をクリアしているキャラであればこの補填を受けることができる模様です。「よくわからん」という人も、とりあえず話しかけてみるといいかもしれません。


 個人的には棚ぼた系の報酬だったのですが、これで来週(2月16日(火)以降)予定されている「エクセリオンシリーズ」の「設計図」追加に備えた、「古びた燃料タンク」のストックが増加した感じです。


 そんな感じで来週に備えつつも、今週からスタートした「コスチュームミッション2016 2月」もこなしていきたいと思います。


続きを読む

【チャレンジ041】毎週日曜日のRAGホーダイ開催に驚愕しつつ、イベント真っ最中の“旧フェイヨン”へ


 まさかの毎週RAGホーダイだとっ!?


 ということで衝撃を隠せない出だしになってますが、「サンデーナイトRAGホーダイ」ということで、2月はなんと毎週日曜日に、19時~23時までRAGホーダイが実施されるとのこと(詳しくはこちら)。RAGホーダイとは、ご存知のとおり、プレイ利用権がなくても『ラグナロクオンライン』にログインできるイベント。何が驚きって、攻城戦の時間プラス前後1時間の余裕があり、プレイ利用権の切れているアカウントでも攻城戦に参加できてしまうという点です。


 2016年1月30日(土)にも無料開放デーがありましたが、そのときログインしてちょっと「RO熱」が復活したかも、という人は、本格的な復帰の前にリハビリを兼ねて(?)攻城戦などを中心にプレイしてみるのもいいかもしれません。


 もちろん、攻城戦に興味がないという人でも、こちらに紹介があるように、2月のイベント予定も告知されていますので、そちらを楽しむのもアリです。また、イベントで10年ぶりに復活中の旧フェイヨンが気になるという古参プレイヤーの方は、こちらのリスタートガイドを見て、最近の実装内容やレベル帯に合ったコンテンツをチェックしてみましょう。


 久々の復帰でイチからキャラを育てないと……という方は、当サイトの初心者・復帰者企画なども参考にしていただけると幸いです。あっという間に転生ができちゃう今の『RO』に驚くといいと思います(笑)!


 さてさて、そんなわけで、上でもちらっと書きましたが、ついに旧フェイヨン復・活! 妖狐たちの暮らす隠れ里という設定で、節分&バレンタインイベント「ビーンズウォーズ2016 ~御供とワイワイ鬼退治~」(公式サイトはこちら)が開催されています。


 このイベントのもうひとつの目玉は、「御供」と呼ばれるサポートキャラクター。「御供」はいわゆる傭兵システムを使ったもので、アルケミスト系のホムンクルスのようにプレイヤーのあとをついてきて、一緒に戦ってくれます。傭兵システムは英雄の痕跡「魔神の塔」に登場するNPC「ロキ」などでも使われているので、ご存知のかたも多いと思います。


01
▲個性的な「御供」と一緒に、一風変わった冒険が楽しめます。ふだんソロでも擬似パーティーが可能!? ホムンクルスや精霊を呼べばなんと3キャラ! ペットも呼び出せば4キャラに……! えっ、そのくらいにしておけって?


続きを読む