ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

2016年04月

【チャレンジ053】精錬イベント「フワルのお気楽精錬らいふ」実施中! 「EPISODE:EDDA」実装、RAGホーダイ開催と、盛りだくさんなGWスタート!


 ラヘルで続いていた「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」が終了し、間髪を入れずに始まった「ラヘルにおいでよ! フワルのお気楽精錬(かんかん)らいふ」。タイトルにもあるように、待望の“精錬イベント”です。公式特設サイトはこちら


01
▲知られざる神様としてラヘルに引きこも……おかくれになっていたフワル姫様。本気を出すとどこかで見たような姿になって、特殊な精錬を行ってくれます。また、イベントポイントだけで装備の精錬が行えるため、最近復帰して装備が整っていないという人はこの機会に精錬を行うといいかも。ちなみにフワルで検索すると太陽関連の神様の名前が出てきます。イメージソースはコレかもしれないですね。


 精錬イベントとは、その名のとおり、期間限定で特殊な精錬が行えるイベント。イベントで獲得できるポイントを消費して、何日かおきに実施されるフィーバータイム(今回は「ふわふわしょうたいむ」)で、ふだんはできないような便利な精錬が可能になります。具体的には、装備が破壊されることのない「ミラクル精錬」、装備に挿したカードを他の武器に移し替える「合成精錬」、装備からカードを取り除く「リストア精錬」などが可能です。


 これらの精錬を行うには、「ワッフル」と呼ばれるポイントが必要です。「ワッフル」は、各種メモリアルダンジョンに行き、そこに期間限定で登場している「幻燈鬼」に記録、イベントNPCの「五郎」へ報告という流れが必要です。前回の精錬イベントに参加した方であれば、このあたりは同じなのでわかりやすいと思いますが、今回はメモリアルダンジョンクリアで獲得できるポイントが変更されていますし、「幻燈鬼」がお休みしてしまうクールタイムが長くなっているメモリアルダンジョンもあります。


 具体的なことは公式特設サイトを見てほしいのですが、通常は行えない精錬ができる(つまり強力な装備を作りやすい)というだけあって、いろいろとルールが設定されています。特設サイト以外にも、公式Blogなどでも詳細な情報が掲載されていますので、参加する前にひととおり目にしておくといいでしょう。


 また、精錬イベントとあわせて実施されることが多い「トレジャーハント」も開催中。精錬とは直接のつながりはありませんが、こちらのイベントでは以前のインタビューでうかがった「無双」シリーズの武器が入手できるようになっています。


 入手は難しそうだなぁと思っていたのですが、何キャラかトレジャーハントをやってみたら、案外手に入ってしまいビックリ。イベント初日に4キャラほどやっただけで、「+6 無双槍[3]」、「+4 無双剣[3]」、「+2 無双銃[2]」がゲットできました。


02
▲MVP表示とともに無双シリーズが! 1キャラ目から入手できちゃったので奇跡が起こったのかと思いましたが、案外みんな入手できているみたいですね。ああ、ビックリした!


 今回入手した装備は、装備できる職を持っていたので、倉庫経由で受け渡し、NPC「トレジャーハンターの嫁」に「天地エンチャント」を試してもらいましたが、結果はすべて失敗。失敗してもエンチャント権利を1回分失うだけで、装備が破壊されたりするようなデメリットがないため、気軽にチャレンジできます。……が、このエンチャントに成功すると、精錬値も+9まで一気に跳ね上がるようで、そういうモロモロを考えると、エンチャント成功率は結構低そうな気がします……。


 前回登場した「迅雷」シリーズは、入手自体が難しく、「疾風」のエンチャントがついていないものにもなかなかお目にかかれなかったのですが、今回は武器自体の入手は比較的簡単そうです。公式サイトの「2016年5月のイベント&ミニアップデート情報」にも掲載されていますが、6月に予定されているイベント「深淵の回廊2」(仮称)では、今回の「無双」シリーズの武器が役に立つということですから、育成予定のキャラで狩りをするための武器を入手しておきたいところです。


 また、期待の新職業、リベリオンの実装予定日も決定し、2016年5月17日(火)と発表されました(詳しくはこちら)。私もBaseLv99、Job70のガンスリンガーを作って待っていましたが、今回「無双銃[2]」も入手できたのでちょうどいい感じ。あとは「天地エンチャント」に成功してくれれば言うことはないのですが……!


 さらにさらに、イベントとは別に、2016年4月27日(水)のメンテナンス後、「EPISODE:EDDA ~教皇と少女の覚めない夢~」(公式特設サイトはこちら)も実装されました。というか、前々から思っていましたが、盛りだくさんすぎるでしょ、今回のアップデート……(笑)。


03
▲教皇の夢の中に入り、彼女を守り抜くという王道的な内容。果敢に攻撃する教皇様に見とれているとわりとサクッとミッション失敗になってしまいますが、そこは夢。クリアできるまで何度でも再挑戦できるという親切設計です。ここまで親切なメモリアルダンジョンは今までなかったかも!?


続きを読む

【チャレンジ052】「アルナベルツマスター」いよいよ追い込み! 「精錬イベント」(仮称)に向けて準備も進めよう!?


 今週から初心者向けのメモリアルダンジョン攻略記事をスタートしてみました。初心者向けなので、すでにバリバリとプレイしている方にとってはあまり目新しいことはないかもしれませんが、「久々に復帰した方へ説明するのが大変」という人は「ここ見といて」みたいな感じでご紹介いただければいいかな~と。その記事の冒頭にも書きましたが、だいたい2週に1回くらいの若干緩~い更新でやっていければと考えています。


 さてさて本題です。『ラグナロクオンライン』では、イベント「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」もいよいよ最終追い込み期間に突入しています。イベント開催期間は2016年4月27日(水)のメンテナンス開始前までとなっていますので、クリア残しがないように最終確認しておきたいところです。私はこの原稿を書いている時点であと数キャラ残っているので、なんとか全キャラ終わらせたい感じです……。


 このイベントでBaseLv120を越えたキャラでは、英雄の痕跡「フェンリルとサラ」をクリアし、「テレポートピアス[0]」や「ヒールピアス[0]」などを地味に増やしていっています。装備条件はBaseLv100以上なので、5月に実装が予定されているリベリオンでも使えるでしょうし、全キャラに持たせておきたい装備ですからね。


 おっと、話がそれました。「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」のオールクリアでもらえるヌヌヌセレクションのカードは、以前お伝えした「アクラウスカード」、「スコーピオンカード」、「ポポリンカード」、「レグルロカード」、「バンシーマスターカード」に続き、「マグマリンカード」をゲット。しばらく時間が開いて次にクリアしたジェネティックでは予想外に「グレイヴベリットカード」を入手! うおお、当たりだ!


01
▲私の活動ワールドでは35M(3,500万)zeny前後という高額カード。個人的にちょっと欲しいとは思っていたカードですが、いざ使うとなるとどの装備に挿そうか迷います……。そんなことを迷っているならさっさと売ったほうがいいのかも……とかグルグル考えています(笑)。


 この幸運に続けとばかりに次にオールクリアさせたメカニックでは「ネクロマンサーカード」。うーん、強い敵のカードが単純に(Zeny的に)高いというわけではないのが『RO』の面白いところですよねーははは。


 そんなわけで、残りのキャラでいいカード出るといいなぁ……。


 さて、「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」が終了する2016年4月27日(水)は、メンテナンス後には「EPISODE:EDDA ~教皇と少女の覚めない夢~」が実装予定となっています(公式サイトの告知はこちら)。先日のインタビューでうかがったときには「教皇・真昼の弦月」(仮称)とされていたアップデートですね。また、「精錬イベント」(仮称)も開始予定。「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」でゲットしたポイントを使うときがくるわけです。


 また、今週公開されたように(2016年4月のイベント&ミニアップデート情報はこちら)、ゴールデンウィークに突入する来週の週末には、2016年4月29日(金・祝)、4月30日(土)、5月1日(日)の3日間に渡って、連続でRAGホーダイが実施されるとのこと。いずれも19時から23時までの4時間ずつ、プレイ利用権を購入していないアカウントでもログインが可能になります。もちろん「精錬イベント」(仮称)に参加することもできるので、噂の「天地無双」シリーズ装備入手の可能性もありますし、このチャンスに、休止しているフレンドを復帰させる計画を練ってもいいかもしれませんね。


 という感じで、4月末からゴールデンウィークへかけては忙しくなりそうですが、そのぶん今週の更新に関してはちょっと緩め。とはいえ、「コスチュームミッション2016 4月」(詳しくはこちら)のお題は更新されており、来週分の入手支援も行われているのでお忘れなく。


続きを読む

【初心者向けメモリアルダンジョン攻略01】「永劫の戦」


 初心者・復帰者向けのキャラクター育成記事ではいくつかのメモリアルダンジョンを利用しました。『ラグナロクオンライン』では、フィールドやダンジョンでの狩り以外に、メモリアルダンジョンをクリアして育成するという方法も一般的に用いられています。


 メモリアルダンジョンとは、自分たちのパーティー(ソロパーティーを含む)だけで挑むダンジョンで、他のゲームでは「インスタンスダンジョン」などとも呼ばれます。ちなみに「インスタンス」というのはIT用語。メモリ上に展開するとか、そういった意味で使われますね。即席という意味の「インスタント」とはちょっと違うのでお間違いのなきよう。


【ポイント】

 メモリアルダンジョンは、パーティーリーダーが作成NPCに話しかけることで生成できます(生成にはちょっとだけ時間がかかります)。メモリアルダンジョンを生成し、そのダンジョンが有効なうちは他のメモリアルダンジョンを生成することはできません。メモリアルダンジョンの状況はAlt+Bの「メモリアルダンジョン情報ウィンドウ」(ダンジョン生成時のみ展開)で確認することができます。なお、メモリアルダンジョン内にキャラクターがいなくなった場合、そのメモリアルダンジョンは一定時間で自動的に消滅するようになっています。

公式サイト・ゲームガイド:メモリアルダンジョン
http://ragnarokonline.gungho.jp/gameguide/worldmap/memorial-dungeon/


 『RO』でのメモリアルダンジョンは、インスタンスダンジョンとしての狩り場以外にも、ストーリーを体験したり、繰り返し挑戦することでアイテムをゲットしたりする要素もあります。ただし、1回挑戦すると一定期間再度入場ができないなどの制限も設けられており、初心者や、久しぶりに復帰したプレイヤーだと戸惑うこともあるかもしれません。


 なにより、「長時間待たないと入れないんじゃ、失敗したらもったいない」という思いもあるかもしれません。


 そこで、初心者や、新たに作ったキャラクター向けに、レベル上げの助けになるメモリアルダンジョンの攻略法をまとめてみたいと思います。更新は2週間に1回くらいのややスローペースでご勘弁を。中には「そんなこと知ってるよ」という内容もあるかもしれませんが、あくまでも初心者向けということで、ややくどいのはご容赦ください。


 ということで、第1回は『LOAD of VERMILION ARENA』(LoVA)と『RO』のコラボ企画から誕生したメモリアルダンジョン「永劫の戦」です。


■■■【DATA】■■■


【名称/通称】
正式名称:「永劫の戦」(えいごうのいくさ)
プレイヤー間の通称:「LoVAコラボ」(ろばこらぼ)など


01

【プレイヤー間での主な使われ方】
・報酬のオルムを使った「転成儀」での獲得アイテムによる金策
(NPCへ売却可能なアイテムが多め、一部レアアイテムはユーザー間取引)
・最初期(転生後)のキャラ育成用


【公式サイトリンク】
・特設ページ
http://ragnarokonline.gungho.jp/special/lova-collabo/
・リスタートガイドによる解説
http://ragnarokonline.gungho.jp/comeback/pickup-contents.html#anc35


【行き方】
プロンテラ南東の広場(249,54)にある「次元の歪み」

NPC「ドゥクス・ティア」と会話

「ドゥクス・ティア」の後方にある「狭間の門」からダンジョン生成


【入場制限/再入場時間】
入場制限レベル:BaseLv9以上
再入場可能時間:3時間
※報酬再入手可能時間はクリア後2回目の午前5時以降


【クリア時報酬など】
初級:500オルム
(中級:1000オルム)
(上級:1500オルム)
※いずれもポイント扱いでアイテムではありません。


オルム使用で「転成儀」に挑戦可能。
「黄金」などの金策アイテムや“コラボカード”、“マナの欠片”などが入手できます。


【あると便利な装備、スキルなど】
「幻影の刻印[0]」(初回時に入手できるほか、オルム消費で作成可能)


続きを読む

【チャレンジ051】アークビショップのセカンドコスチュームに加えて「スロットエンチャント10th」にも密かな(!?)注目が…


 今回、更新するのが遅くなってしまいましたが、「週刊ROチャレンジ!」を始める前に、前回の記事でひとつ訂正というか補足が。「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」、「トール火山基地進入」のNPC「伝道師」による転送で、「トール火山の秘密」クエストの「トール火山ダンジョン」転送を利用しようと書いたのですが、“基地進入の転送には、ちゃんとNPCの目の前に送ってくれる「トール火山ダンジョン」の転送があるよ”とのツッコミをコメントでいただきました。


 「えっ」と思って確認してみたところ。


01
▲本当だ! ちゃんと「トール火山ダンジョン」の転送があるし、実際に転送されたらNPCの目の前でした!


 あ、あるぇ~? 温度を計って次は基地へというところで「NPC前の転送ないのか」と思ったあの瞬間はなんだったのか……。選択肢が多すぎて見落としたのかもしれません……。ということで、「伝道師」さんはちゃんと仕事してくれていました。すみません。


 また、「警備兵カロム」の行程は実際にはスルーできて、冒険者は部屋の外から某ファイルを取れちゃうので、もうフラれなくてもいいのよという情報も。イベント期間中限定とはいえ、カロムにとってはよかったのか悪かったのか……。


 しかし、コメントいただいて確認した瞬間の気持ちとしては、思わず「そんなバナナ!」という感じでした。


02
▲そりゃコスチュームミッションも「[衣装] バナナの皮」になるさ!


 ……ダジャレ言いたかっただけなんじゃないかという疑惑を抱かれつつも、とりあえず、新たにスタートした「コスチュームミッション2016 4月」(公式特設ページはこちら)へのチャレンジからいってみたいと思います。


続きを読む

【チャレンジ050】来週からのアップデートに先んじて、週末はアルナベルツマスターをどんどん進行させるべし!


 フレイヤ大神殿内部では警備兵カロムがラミールに振られ続け、ラヘルの街では教皇様の演説が流れ続ける昨今、冒険者の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。ジェド大神官は少しは部屋から出てきなさい、ニルエン大神官は考えるのをやめなさいという声が聞こえてきますね。


 ……というわけで、『ラグナロクオンライン』ではラヘルを舞台にした「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」(公式特設ページはこちら)が開催中です。アルナベルツ教国関連の10のクエストの転送支援や追加報酬があるということで、この機会にできるだけ多くのキャラでクリアしようとしている方も多く、ラヘルの街は冒頭のようなカオスな状況になっております(笑)。


01
▲教皇様の連続放送にラヘル住民はもう大騒ぎさ!


 ご存知のように、『RO』では1アカウントにつき1ワールドに12キャラが作成できるわけですが、早くも12キャラ全部でクエストをクリアしている方もいるようで、各クエストを並列化して効率のいい進め方なども模索されていたりします。その一方で、毎日1キャラずつ進める、毎日特定のクエストだけを12キャラ分進めるなど、進行のさせ方は十人十色。ちなみに私は1キャラずつ進めていく感じです。


 と、イベントの話の前に、忘れないうちに書いておきたいことが。もうさんざんいろんなところで言われているかもしれませんが、2016年4月5日(火)の定期メンテナンス後から倉庫の「close」ボタンが復活しましたね!

02
▲searchボタンは虫眼鏡アイコンになり、closeボタンが元の位置に復活。わずか3週間で改善となりました。


 倉庫も以前と同じように使えるようになってひと安心ということで、改めてイベントのお話へ。今回のイベントではすべてのクエストをクリアすると「マスターヌヌヌ」のセレクトしたモンスターカードが入手できますよね。先週、“獲得できるのはランダムとなっているので、残念ながら「ポポリンカード」だったりする場合もあるようですが”などと書いたせいか、アークビショップで報酬をもらった際に……。


03
▲「ポポリンカード」、本当に出なくてもいいんですよ……?


 言霊ってヤツですかこれ……。


 その他の報酬も「レグルロカード」「バンシーマスターカード」など、今のところ微妙な感じのものばかりです……。MVPボスカードまでとはいかなくても、もうちょっと高額系のカードをですね……。


 まぁしかし、私の場合、クエストをクリアしているのは報酬経験値と、4月27日(水)からスタート予定の精錬イベント(仮称)のためでもありますから、カードは「良いものが出たらいいな」程度のおまけとしてとらえておくのがいいかもしれません。


続きを読む