ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

2016年07月

【チャレンジ066】トラブルで夏イベントが一時中断!? しかしお詫びイベントで経験値&ドロップ率アップ!


 『ラグナロクオンライン』では、恒例の夏イベントが……と言いたいところですが、「僕のドキドキ冒険記III~復活のボンブー伝説!?~」はスタートしたはいいものの、一部不具合が認められて一時中断となっています。ちょっと残念ですが、こちらの告知にもあるように、開催期間は延長されるようですし、再開したらがっつりと遊ぶことにしましょう。


 ちなみに、お詫びのイベントとして、2016年7月27日(水)18時から8月2日(火)定期メンテナンス開始前までの期間限定で、獲得経験値+50%、アイテムドロップ率+50%の「ワールドボーナス」が適用されています(詳しくはこちら)。


 これを受けて、一部のプレイヤーはレアアイテムをドロップするモンスターを狙いに出掛けているという噂も耳にします。なお、ワールドボーナスは「戦闘教範」などとは別に追加されるので、この機会にレベルの底上げをしておき、イベントの迷宮探索が再開されたときに備えておくというのもアリでしょう。


01
▲「ワールドボーナス」はログイン時に上部に表示されるメッセージで確認できます。あまり頻繁に変化するものではないので、なかなかレアなイベントといえるかも?


 さて、7月もそろそろ終わりということで、公式サイトでは、恒例の来月の予定「2016年8月のイベント&ミニアップデート情報」が公開されています(詳しくはこちら)。すでにチェックされている方も多いと思いますが、8月といえば夏休みということからか(?)、週末に「RAGホーダイ」が開催予定となっているようです。しかも8月11日(木・祝)は謎の祝日「山の日」が実装……じゃなかった、制定されたこともあって、連続4日間のRAGホーダイとなっています。『RO』を休止している友人知人に夏休みの予定を聞いて、うまく期間が被っているようなら「RAGホーダイでログインできるんだぜ」と教えてあげるといいかもしれません。


 また、8月16日(火)からは「猫船長と行く、夏休み豪華クルーズ紀行」が予定されているとのこと。こちらは毎週変わるさまざまな観光スポット(?)を紹介してくれるイベントのようで、紹介された場所のメモリアルダンジョンなどでいろいろボーナスがあるらしいです。経験値アップやアイテム出現率アップはもちろんとして、いいエンチャントがつく可能性まであるということは……!? まだちょっと先ですが、なかなか楽しみなイベントです。


続きを読む

【初心者・復帰者企画32】ガンスリンガー育成編・その1


 以前より、初心者&復帰者向け企画として、各職業における序盤の育成レポートをお送りしてきましたが、このところ、2016年5月に上位職であるリベリオン(公式特設サイトはこちら)が実装されたガンスリンガー系の人気も高まっています。


 ガンスリンガーは、忍者とともに「特殊1次職」と呼ばれる職業。特殊1次職は通常の6職業(ソードマン系、マジシャン系、アーチャー系、アコライト系、シーフ系、マーチャント系)とは異なり、転生ができません。しかし、転生を経ずとも、他の3次職とほぼ同等のプレイ感覚を得られる上位職(特殊2次職)に転職が可能になっています。すなわち、忍者系の影狼(かげろう)&朧(おぼろ)、そしてガンスリンガー系のリベリオンです。


 しかし、特殊1次職はその名のとおり、いろいろ特殊なので、『ラグナロクオンライン』を開始したばかりのガチの初心者にはあまりオススメできません。特殊1次職が弱いわけではなく、強力な攻撃を行うにはスキルに必要な消耗品(を購入するためのZeny)が必要だったり、他の職業には流用しにくい、専用の武具が必要だったりするからです。


 また、初心者の心強い味方である「レベルアップボックス」の恩恵も受けられないため、成長していく過程で必要な消耗品や武具などは自力で調達する必要があります。


 とまぁ、ここまで読んでいただければおわかりのとおり、特殊1次職は、他の職業のキャラクターをある程度育てたことがある人向けの職業になっています。


 とはいえ、初心者&復帰者であっても、2キャラ目、3キャラ目であれば特殊1次職を育成する余裕が出てくる人もいるでしょうし、なにより、忍者やガンスリンガーを育ててみたいという人は多いはず。


 ということで、今回から初心者&復帰者の中でもやや慣れてきた人に向けて、特殊1次職であるガンスリンガーと忍者の序盤(BaseLv99/JobLv70まで)の育成レポートをお送りしていきたいと思います。


 なお、今回の育成条件としては、過去に初心者&復帰者向け企画で6職業の各系統を育成したアカウントを引き続き使用しています。同じアカウント内に、すでに別キャラがおり、消耗品の代金などには困らない状態からのスタートとなっています(「アカデミーバッジ[0]」や「冒険者のリュック[0]」なども入手済み)。


 そんなわけで、今回からお送りするのはガンスリンガーの育成編です。ガンスリンガーは特殊な装備である銃を扱う職業。銃以外の武器は短剣すら装備できないため、これまでの武器の流用は効きません。攻撃スタイルとしては遠距離物理攻撃系ですので、アーチャー系に近いかもしれません。ガンスリンガーは矢ではなく、バレットと呼ばれる弾丸を装備して攻撃を行います。バレットにはさまざまな属性があり、敵に応じて切り替えて使うことで敵の弱点属性を突くことも可能です。


 また、銃にもいくつかの系統があり、ハンドガン系、ライフル系、ショットガン系、グレネードガン系、ガトリングガン系に分かれています。これらは使えるスキルが異なってくるので、自分が使いたいスキルに合わせた銃をチョイスしていく必要があります。なお、上位職であるリベリオンになると、各銃の系統ごとにより強力なスキルが用意されています。


 ガンスリンガーの育成過程においては、最も人気なのはハンドガン型と呼ばれるタイプ。強力な範囲攻撃スキルである「デスペラード」を中心に戦っていくというのがオーソドックスになっています。今回は、このハンドガン型として育成していく予定です。


01
▲銃とバレットを装備して戦うガンスリンガー。代名詞ともなっている「デスペラード」は、リベリオンになっても使っていけるほどの強力スキルです。なお、ガンスリンガーになると、本来「マスター・スヌス」から2週間に渡って支給される「初心者用ポーション」の供給も打ち切られてしまいます。


続きを読む

【チャレンジ065】グラストヘイム メモリアル・ハード&超時空エンチャント登場! 毎年恒例のガンプチサマーキャンペーンにも注目!!


 『ラグナロクオンライン』では、2016年7月19日(火)の定期メンテナンス終了後に「グラストヘイム メモリアル・ハード」と、それに関連した「超時空エンチャント」が実装されました(詳しくはこちら)。


 「グラストヘイム メモリアル・ハード」とは、過去のグラストヘイムで起こった事件を垣間見るというメモリアルダンジョン、「古(いにしえ)のグラストヘイム」のハードモードのこと。「古のグラストヘイム」は、プレイヤー間では“GHMD”という略称で呼ばれているメモリアルダンジョンで、「時空ブーツ」シリーズの作成・エンチャントに必要なアイテムや、換金率のいい報酬で、金策用のメモリアルダンジョンとして根強い人気を誇っています。


 「時空ブーツ」シリーズは、実装時から人気の靴系防具で、各種ステータス値に応じてキャラクターを強化できる高性能装備。破壊の可能性のある最大4回のエンチャントの最後までたどり着けば、驚異的な特殊エンチャント効果が手に入るとあって、数年越しで挑み続けている人も多いのです。


 もちろん、「時空ブーツ」シリーズのエンチャントに挑戦しない人は、各種エンチャント素材を露店で売ることでZenyが稼げるので、どちらにしても“美味しいダンジョン”となっているわけです。


 今回の「グラストヘイム メモリアル・ハード」では、そんな「時空ブーツ」シリーズに、新たなエンチャント「超時空エンチャント」が登場。スロット付きの「○○の時空ブーツ[1]」に対してエンチャントがつけられるようになりました。また、今までランダムで付与されていた「熊の力」「暴走した魔力」「光速」「鋼鎧」「大鷲の眼光」「幸運な日」といった超強力なエンチャントが、事前に選んで付与できるようになっています。……まぁ、選択はできても失敗する可能性はあるのですが……(笑)。


 実装当初は敵の強さからパーティー向けと思われていたGHMDですが、徐々に敵の行動パターンやスキルが解明され、現在主流なのはソロでの短時間クリア。修羅をはじめとして、さまざまな職業のキャラでGHMDソロクリアに挑戦している方も多いようです。


 このように、人が多く通う人気ダンジョンのハードモード実装ということで、実装前から注目を集めていた「グラストヘイム メモリアル・ハード」。一部では、通常モードのGHMDの金策ダンジョンとしての価値が暴落してしまうのではと不安視する声もありましたが、蓋を開けてみれば、ハードモードのほうはより歯応えのあるダンジョンで、報酬もちょっとだけ美味しいという、“いい感じのさじ加減”になっている模様です。


 公式特設サイトを見ればわかるとおり、GHMDとGHMDハードは、ダンジョンの入場制限が共通で、通常モードかハードモードを選んで入場。また、基本的な流れやストーリーも同一になっており、通常モードをクリアしたことがあれば、会話などもいきなりスキップできるようです。敵モンスターのHPなども通常モードとあまり違いはないようですが、決定的に違うのは敵の攻撃力がかなり高くなっている点。通常モードで、強いキャラを使って敵をかき集めて一気に殲滅していた人が、同じ感覚で挑むと、あっという間に戦闘不能にさせられてしまう、なんてこともあるらしいです。


 とはいえ、基本的な流れは変わらないので、初回に撃沈させられてしまったプレイヤーさんも「この程度なら○○すればいけそうだ」という各人の道筋が見えてきている人も多いようです。


 実装日から1週間、2016年7月26日(火)の定期メンテナンス前までの期間限定で、グラストヘイムに「保険屋のオバちゃん」がやってきていて、5,000zeny支払うことで30分間に限りデスペナルティを1回だけ無効化してくれます。保険のある間に様子をうかがい、クリアへの手応えをつかむのがいいかもしれません。


01
▲「グラストヘイム メモリアル・ハード」は通常モードと同様にNPC「フギン」にて作成、入場します。


02
▲西側には噂の「超時空エンチャント」を行ってくれるNPC「上級魔法職人」が。


続きを読む

【チャレンジ064】レンジャーのセカンドコスチュームが到来! そして23日、24日、31日にも無料ログイン可能なRAGホーダイが追加


 2016年7月12日(火)の定期メンテナンス後に、ついにレンジャーのセカンドコスチューム対応が実装された『ラグナロクオンライン』。この“セカコス”追加の際には恒例となっている「セカンドコスチューム体験ワールド」もオープンしています(詳しくはこちら)。


 セカコス体験ワールドは1週間限定で、プレイ利用権がなくてもログイン可能な特殊ワールド。キャラを作成するといきなりレンジャーに転職でき、セカンドコスチュームになった状態で送り出されます。街マップであるトロピカルアイランドにて、実装済みの各種装備を自由にチョイスして着飾ったりできるほか、レンジャーだけで挑む古代遺跡探検も楽しめます。


 このセカコス体験ワールドでは、レンジャーの姿を楽しむだけでもいいのですが、あらかじめステータスや装備、ショートカットまで登録された状態で始められるため、あまりレンジャーを体験したことがないという人でも、いきなり戦える親切設計。古代遺跡探検で得られた報酬は自分の活動するワールドに持ち帰ることができるので、遊んだぶんのメリットもあります。


 なお、レンジャーの場合、ステータスと装備のタイプを「白羽型」と「鳥狩型」の2タイプから選択することができます。白羽型はその名の通り「白羽セット」装備を使って弓攻撃に特化したスタンダードなタイプ。鳥狩型は、「鳥狩セット」装備を使ってファルコンの攻撃を強化したタイプ。攻撃方法は違いますが、どちらもかなりの攻撃力を持っているので、好みで選択していいでしょう。


01
▲最初に自動的に転職する前に、型を選択できます。簡単な説明も聞けるので、好きな方を選択するといいでしょう。


 もちろん、転職だけ行い、自分でステータスやスキルを習得していくこともできますし、ステータス&スキルリセットも可能です。なお、このワールドではBaseLv130、JobLv50の状態でスタートするので、通常ワールドでレンジャーを極めている人はその点には注意しておいてください。


02
▲セカンドコスチュームの女性レンジャー。森の妖精っぽい衣装で、「[衣装] 妖精の耳」なども似合いそうですね。装備とステータスは「白羽型」のもの。ちなみに頭装備が非表示なのは、インビジブルシリーズの衣装装備を利用しています。


03
▲セカンドコスチュームの男性レンジャー。通常のレンジャーのコスチュームは軍隊っぽかったのに対し、こちらは正統派ファンタジーのレンジャーという感じです。装備とステータスは「鳥狩型」のもの。


04

05
▲セカコス体験ワールドではいろいろな衣装装備も自由に組み合わせられます。最新の人気衣装装備もあるので、欲しかった憧れの衣装を着た姿も体験できちゃいます。


続きを読む

【初心者向けメモリアルダンジョン攻略07】「悪夢のジターバグ」(なだらかな道)


 初心者向けのメモリアルダンジョン攻略と題してお送りしてきたこのエントリーですが、公式サイトの「リスタートガイド」における超オススメコンテンツ内でBaseLv90台までに挑戦できるメモリアルダンジョンは、今回の「悪夢のジターバグ」でラストとなります。


 「悪夢のジターバグ」は、NPCである白羽ギルドのメンバーたちとダンジョンに挑むというストーリー仕立ての内容で、途中、「なだらかな道」か「険しい道」を選択することで、難易度が変化します。「険しい道」を選択するには、パーティーリーダーのBaseLvが120以上必要となります。「険しい道」ルートでは、敵の属性や攻撃方法なども多彩になり、下限レベルのBaseLv120付近ではパーティーでの挑戦が推奨されます。


 今回解説していくのは比較的クリアしやすい「なだらかな道」ルートです。


 「悪夢のジターバグ」への入場制限は、3次職、スーパーノービス(限界突破)、影狼、朧、リベリオンとなっており、実質的にはBaseLv90からの挑戦が可能です。クリアによる経験値はパーティー人数で変動するため、数人のパーティーによる挑戦が最適ですが、敵の属性がある程度統一されていることや、ボスへの対処法も確立されており、ソロによるクリアも十分可能です。


 ただし、移動速度の早い敵が大量に出現し、あっという間に囲まれてボコボコにされてしまうことも多いので、できるだけ強力な範囲攻撃か、5桁程度のダメージを連続で繰り出せる単体攻撃があるのが望ましいでしょう。


 また、「悪夢のジターバグ」は、クリアするごとに、NPC「ルナイン」から「外伝」の物語を見せてもらうことができます。この「外伝」では短いストーリーを見ることで、Base経験値を得ることができます。ただし「なだらかな道」のクリアで解放される「外伝」は序盤の5つまで。6話目以降、全10話+1話のすべてのストーリーを見るには「険しい道」をクリアする必要があります。


 この「悪夢のジターバグ」、クリアへの道筋が見えるまでは難しいと思われるかもしれませんが、対処法さえわかってしまえば繰り返しクリアするのは比較的容易となっていますので、諦めずに挑戦してみてください。


■■■【DATA】■■■


【名称/通称】
正式名称:「悪夢のジターバグ」(あくむのじたーばぐ)
プレイヤー間の通称:「ジタバグ」など


01

【プレイヤー間での主な使われ方】
・クリア&外伝ストーリーによる経験値稼ぎ
・「ジターバグの牙」、「グレイトネイチャ」、「オリデオコン原石」、「青ハーブ」獲得などによる金策
・「ジターバグの牙」によるアイテムの入手(ランダム)


【公式サイトリンク】
・特設ページ(「Episode9.2 決戦」アップデート特設サイト内)
http://ragnarokonline.gungho.jp/special/episode/decisive-battle/user-guide/jitterbug.html
・リスタートガイドによる解説
http://ragnarokonline.gungho.jp/comeback/pickup-contents.html#anc13


【「楽園団」への行き方】
・プロンテラ(122,52)の「楽園団空間移動員」に話しかけ、転送してもらう。

・モロクの街の北北東付近のワープリンク(206,289)に入る。


【「悪夢のジターバグ」への行き方】
・楽園団内の1階右手のワープリンクから廊下に行き、さらに左手のワープリンクから白羽ギルドメンバーのいる部屋へ入る。

・「ロエル」に話しかけたあと、「ルナイン」に話しかけて「ダンジョンに行く」を選択後、「次元のワープを準備」を選択してメモリアルダンジョンを生成する。

・メモリアルダンジョンが生成されたら再度「ルナイン」に話しかけて「ダンジョンに行く」から「悪夢のジターバグ入場」を選択する。


【入場制限/再入場時間】
入場制限レベル:3次職、スーパーノービス(限界突破)、影狼、朧、リベリオンのいずれかに転職していること(
再入場可能時間:次の午前5時以降


※道中、「険しい道」を選択する場合はパーティーリーダーのBaseLvが120以上必要


【クリア時報酬など】(「なだらかな道」選択時の場合)
・中途報酬
 Base経験値50万(1人パーティーの場合)
 Base経験値100万(2人パーティーの場合)
 Base経験値150万(3人パーティーの場合)
 Base経験値200万(4人以上のパーティーの場合)

・ダンジョンクリアによる追加報酬
 Base経験値100万(1人パーティーの場合)
 Base経験値200万(2人パーティーの場合)
 Base経験値250万(3人パーティーの場合)
 Base経験値300万(4人以上のパーティーの場合)


【あると便利な装備、スキルなど】
・火属性への耐性が高まる装備(火属性の鎧など)
・地属性、悪魔形に強い武器、スキル


続きを読む