ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

2016年10月

【チャレンジ079】大型アップデートに備えてイベント&キャンペーンが目白押し!? 魔女育成の「ハロウィンイベント」も開催中!

01

 「グリード」ができる喜び!


 いきなり失礼しました。「生体工学研究所:獄 実装1周年記念 生体カーニバル」(詳しくはこちら)開催中で「ハロウィンジャック」から「カボチャヘッド[1]」を手に入れる日々を送っている方も多いと思われる『ラグナロクオンライン』ですが、2016年10月25日(火)のアップデートにて、イベントやキャンペーンが一気にスタートしました。


 その中のひとつが、「クエスト参加チケットGetキャンペーン」(詳しくはこちら)。これは公式サイトの「ラグナロクネットストア」から「30日利用券(キャンペーン)」を購入すると、期間限定で開催されているクエストへの参加券がもらえるというもの。利用券の価格は通常と変わらず1500円なので、『RO』を継続してプレイする人なら買っておいて損はない感じです。


 この利用券を購入すると「キャンペーンクエストチケット」のアイテムIDがもらえます。IDを入力すると、該当のアカウントでイズルードのNPC「ギムレット」に話しかけることで、ゲーム内アイテムとして「キャンペーンクエストチケット」(の箱)が手に入ります。そのチケットを持った状態でプロンテラ南西にいる「クラッシャーハッスル」に話しかけると特別なクエストが発生します。


02
▲「キャンペーンクエストチケット」の知られざる秘密が明らかに!? ちょっとしたクエストにもネタを仕込んでいますよね(笑)。


 このクエストは、いくつかのアイテムを渡すことで「[衣装] 平和の眼帯」か「[衣装] 繁栄の眼帯」を作ってもらえるのですが、このアイテムが超絶良性能。2016年11月22日(火)の定期メンテナンス前までの期間、攻撃力増加はもちろんのこと、上の画像のように「グリード」が使えるようになったり、移動速度が常時アップしていたり、特定のモンスターから「時間の結晶」がドロップするようになったりと……まぁ一言で言うと神性能です。ちなみに2種類の違いはグラフィックと、HPが回復寄りか、SP回復寄りかというあたり。詳しくは上記にてリンクしている公式特設Webページをご覧ください。


 『RO』を休止されている方の中には「期間限定とはいえ、なんで突然こんなアイテムが!?」と思う人もいるかもしれません。その理由は「次期大型アップデートの到来」です。

続きを読む

【チャレンジ078】“生体工学研究所:獄”実装1周年の生体カーニバルは2週目に突入! 一方、「ドラモ マシーン」の課題は難度高し!?


 『ラグナロクオンライン』では先週から始まったイベント、「生体カーニバル」が継続中(詳しくはこちら)。経験値アップと「戦死者のマント[0]」のスロットエンチャント緩和は終了しましたが、「ハロウィンジャック」がドロップする「カボチャヘッド[1]」は、付与される効果が変化しており、今週はスキルディレイ短縮のオプションがつくようになっています。


 ちなみに公式特設サイトに追記されていますが、毎週変わるこの効果は、鑑定時に決定されるわけではなく、ドロップ時に決定されるとのこと。つまり、今週手に入れた未鑑定の「カボチャヘッド[1]」を、来週になってから鑑定しても、ついている効果はスキルディレイ短縮のままということになります。まぁ、拾ったら細かいことを気にせずさっさと鑑定しちゃいましょうってコトですね。


 ということで、今週も「リムーバ」から「囚人の腕輪」を500個集めつつ、ダンジョン内をうろついている「ハロウィンジャック」を倒してみます。「囚人の腕輪」を500個集めるのにかかった時間はやはり1時間弱。ソーサラーで行ったのでアイテムを拾うのがちょっと大変でしたが、やっぱり大量のドロップアイテムというのは妙に嬉しいですよね。


 前回は1時間で6個ほどドロップしてくれた「カボチャヘッド[1]」でしたが、今回は3個とやや不作。手に入った中では、物理攻撃時にボスモンスターに与えるダメージ+25%というオプションはまぁまぁといったところでしょうか。スキルディレイ-10%(たぶん最大効果だと思います)という効果も出ましたが、そちらはもうひとつの効果が、魔法攻撃時にボスモンスターに与えるダメージ+5%と微妙でした。


01
▲今週の「カボチャヘッド[1]」には、2番目の効果にスキルディレイ短縮が付与されています。先週同様、数値はランダムなので、1番目と2番目の両方の効果にいい数値がつくのはかなりレアになりそうですね。


02
▲そして、「囚人の腕輪」が500個溜まるごとに別キャラで「ロバート」に渡して、着々と「怨嗟の腕輪クエスト」をクリアしたキャラを増やしていきます。これで後日、複数の「怨嗟の腕輪[0]」をゲットできるはず。


 「生体工学研究所 01」での「リムーバ」狩りは地味なように見えて、経験値やその他のドロップアイテムもかなり美味しいので、復帰者さんなどにもオススメです。先週のアップデートで、「生体工学研究所侵入クエスト」をこなしていないキャラでもダンジョンに入場できる(ただし、BaseLv60以上)ようになっているので、限られているRAGホーダイの時間中でもいきなり挑戦することができます。超久々に「生体工学研究所 01」に行くという人は、「リムーバ」の数の多さとドロップアイテムの多さにビックリすると思うので、ぜひ堪能してほしいところです。


 なお、プレイ利用権がなくてもログイン可能なRAGホーダイは、今月は残すところあと2回! 2016年10月23日(日)と30日(日)の19時~25時となっていますのでお忘れなく。詳しくはこちらを参照してください。


続きを読む

【初心者・復帰者企画41】「モンスターハウス」で遊んでみませんか?(後編)


 前回、「モンスターハウス」の概要について紹介しましたが、今回は実践編とでもいいますか、実際の「モンスターハウス」を遊ぶ際に気をつけたいことなどをまとめて紹介していきたいと思います。


01
▲迫り来るモンスター軍団を退けて、最後に待ち受けるボスを倒すことを目標とする多人数参加型PvEアトラクション「モンスターハウス」。2016年10月現在、毎週水曜日の22時~、毎週金曜日の23時~と、週2回の開催です。


 前回も書きましたが、基本的な流れは「初級」、「中級」、「上級」で大きな差はありません。もちろん、敵から受けるダメージや敵のタフさなどは異なりますので、その点は留意願います。ではさっそくですが順を追って説明していきましょう。


続きを読む

【チャレンジ077】肩にかける物の「[衣装] 大悪魔の翼」がもらえちゃう!? そして”獄”実装1周年記念の「生体カーニバル」も開始!


 『ラグナロクオンライン』では、2016年10月11日(火)の定期メンテナンス後から、衣装装備の拡張が行われ、これまで頭装備のみだった衣装装備が「肩にかける物」にも適用されるようになりました。


 これを記念して、さっそく肩にかける物の衣装装備「[衣装] 大悪魔の翼」が実装されました。しかもこの衣装装備、誰でももらえてしまうという太っ腹企画。冒険者アカデミーにいる「サキュバス」の姿をしたNPC「仮想推進員」に話しかけるだけで、1キャラにつきひとつ、もらえてしまいます(詳しくはこちら)。


 これは2016年11月15日(火)定期メンテナンス前までの期間限定イベント。イベント期間は長めなので、慌てなくてもいいのですが、逆に油断してうっかりもらい忘れのないようにしたいところです。


01
▲いきなり実装された肩にかける物の衣装装備「[衣装] 大悪魔の翼」。結構迫力のある装備です。肩にかける物に関しては、外見に反映される装備はありましたが、衣装装備はこれまでありませんでした。予告なしだったのでサプライズでしたね。


 なお、この「[衣装] 大悪魔の翼」、誰でも入手できるということは、RAGホーダイや、無料開放期間でログインしたアカウントでももらえるということ。タイミングよく、2016年10月15日(土)は無料開放デー、10月16日(日)にはRAGホーダイ(19時~23時)も実施(詳しくはこちら)されますので、久々にログインする人でも、いきなり最新アイテムをゲットできてしまいますよ。


 さてさて、イベントはこれだけではありません。先週からスタートしている「秋のニンジンパワー大開放!」(詳しくはこちら)はもちろん、10月11日(火)の定期メンテナンス後に開始された「生体工学研究所:獄 実装1周年カーニバル」も要チェックです(詳しくはこちら)。


 久々に復帰する方にとっては「生体工学研究所ってことは……ハイレベルなキャラ向けなんでしょ?」と思われるかもしれませんが、それだけではないのがポイント。復帰者にとってもかなり美味しい内容になっているのです。


続きを読む

【初心者・復帰者企画40】「モンスターハウス」で遊んでみませんか?(前編)


 『ラグナロクオンライン』で、ある程度キャラクターの育成が進んでくると、狩りやメモリアルダンジョン以外でも遊んでみたくなるかもしれません。『RO』の代表的なコンテンツとしては攻城戦(GvG)がありますが、対人戦はあまり好きじゃないという人もいますし、初心者や復帰したてでは、ややハードルが高く感じることもあるでしょう。


 攻城戦などよりも、もうちょっと気楽な感じで、なおかつ大勢のプレイヤーと遊べるコンテンツ。それが「モンスターハウス」です。「モンスターハウス」は、いわゆるPvE(Player vs Enemy。対モンスター戦のこと)で、他のプレイヤーと協力して、迫ってくるモンスターの大群を迎え討つというアトラクションです。


01
▲最大120名で大量のモンスター軍団と激戦を繰り広げる「モンスターハウス」。一見上級者向けに見えますが、実は初心者でも十分活躍できちゃうのです。


 参加人数は最大120名。もちろんソロでも参加できますし、レベル差があっても関係なく楽しめるので、臨時でパーティーを組んで戦う人も多いです。「でも敵が強いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。それはまぁある程度正しいのですが、なにせこちらは最大120名のプレイヤー軍団。強い人もいっぱい参加してくれるので、強敵はそういった人におまかせし、倒せそうな敵に攻撃をしたり、支援をしたりすることで役割分担ができるようになっています。


 具体的なコトはおいおい説明していくとして、とりあえずは「モンスターハウス」の概要からざっと解説していきましょう。


続きを読む