ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

マーチャント系(ブラックスミス)育成編

【初心者・復帰者企画07】マーチャント育成編・その1


 ということで、初心者&復帰者のためのゼロからの育成ガイド、2キャラ目はマーチャント編です。


 第0回でも書いたとおり、マーチャントはアカウント内の“おサイフ係”。他のキャラで集めてきた収集品を、倉庫を経由してマーチャントに集め、NPC相手に高く売って、それで得た資金で消耗品などを安く購入。それらを倉庫経由で各キャラが引き出して使用するという流れです。


 そのほかに、スキル「露店開設」を使って、カートの中に入れたアイテムを他のプレイヤーに販売することもできます。


01
▲ちなみに、街の中に立ち並ぶ露店はほとんどがマーチャント系キャラクターのもの(マーチャント系以外では、スーパーノービスで「露店開設」を習得することができます)。


 これ以外にも、マーチャントに資金を集める理由があります。たとえば、街で見かけた露店から高額なアイテムを購入したいと思った際、アカウント内のキャラにZenyが分散していると「ああ、全キャラの財産を合わせれば買えるのに!」といったことも起こりえます。『RO』では、同じアカウント内であっても、Zenyを移動させるシステムはないため、ふだんから、いざというときに使えるZenyはまとめておいたほうがいいわけです。もちろん、狩り用のキャラでも移動費用や、とっさのときの消耗品代金など、多少は手持ちがあったほうがいいので、何がなんでもZenyをマーチャントに集めなければいけないというわけではありませんが……。


 さて、そんなマーチャントですが、転職できる2次職はブラックスミスとアルケミストになります。ブラックスミスはいわゆる鍛冶師で、自分の銘入りの武器を製造できます。アルケミストは錬金術師で、ポーションや薬品系のアイテムを製造することができます。さらにアルケミストは「ホムンクルス」という人工生命体を生み出すことができ、一緒に戦い、成長させることができます。


 どちらかというと、アルケミストは上級者向けなので、今回はブラックスミスを目指す方向で育成してみたいと思います。なお、育成しやすい型としては、ブラックスミスとアルケミスト、どちらもStr-Agiタイプがオススメです。


 当然のことながら、転生前のキャラはイズルードでステータスの振り直しが簡単に行えるので、「○○に振りすぎたかも?」と思ったら調整してみてください。


 というわけで、方針も決まったのでさっそくマーチャントの育成に移りましょう。


続きを読む

【初心者・復帰者企画08】マーチャント育成編・その2


 前回は、マーチャントのJobLvを40まで育成したところまでご紹介しました。その途中、通常のレベルアップだけでは覚えることのできないスキル、「カートレボリューション」も習得していました。各職業にいくつか用意されている、クエストによって習得できるこれらのスキルは“クエストスキル”と呼ばれています。


 シーフのときは育成には直結しなかったため、習得せずに一気に転生してしまいました。転生を終えて転生1次職になると、クエストスキルは習得した状態になるので、クエストが面倒だなぁと思う場合は気にせず転生してしまっても構いません。が、マーチャントに関しては、攻撃スキルが少ないことと、「カートレボリューション」が強力な攻撃スキルであることから、転生前に習得しておきたいと考えていました。


01
▲「カートレボリューション」は3×3セルの範囲攻撃スキル。対象は西側にノックバックする仕様になっているので、西側に障害物がある場所で使うと連打しやすいです。武器の属性などはダメージ数値には反映されますが、「カートレボリューション」のダメージ自体は無属性となります(なので属性相性的に念属性の敵は苦手です)。


 ちなみに、可能であれば、5分間Strを+4できるクエストスキル「ラウドボイス」も習得しておくのが望ましいと思います。なお、マーチャントのクエストスキルはいずれもアルベルタにいるNPCから習得できるようになっています。


 さて、ということで、ゼロから始めた場合のマーチャントで「カートレボリューション」を習得するにはどうしたらいいか、詳しくご紹介していきましょう。


続きを読む

【初心者・復帰者企画09】マーチャント育成編・その3


 前回、カートレボリューションを習得後、引き続き、「ポリン団クエスト」を進めてJobLv40に到達したわけですが、もし、マーチャントを1キャラ目や2キャラ目として育てているなら、以前シーフ育成編のときに紹介した冒険者アカデミーの「試験」をクリアさせておきたいところ。


 第7試験までクリアすれば冒険者アカデミーの卒業の証であるアクセサリー「アカデミーバッジ[0]」と「アカデミー第一修了帽子[1]」がもらえるほか、試験を担当したNPC「ガルド」からは「冒険者のリュック[0]」がもらえます。詳しい説明はシーフ育成編・その2をご覧ください。


 なお、ここでもらえる各装備は、同じアカウント内なら倉庫経由で使いまわせるので、少なくとも「アカデミーバッジ[0]」が2個あれば育成効率的には問題はありません。とはいえ、「冒険者のリュック[0]」などは取引が可能なので、露店で販売している人もちらほら見かけたりします。BaseLv56になるか2次職になってしまうとNPC「ヘイム」のお手伝い(無料転送)が受けられなくなってしまうので、アカデミー関連のクエストをクリアするなら1次職のうちにやっておくのがオススメです。


01
▲第5~第7試験は移動が多いため、ちょっと時間はかかりますが、一度クリアしたことがあればサクサク進められるはず。


 ということで、思い残すことがなくなったら2次職ブラックスミスへの転職試験を受けに行きます。

続きを読む

【初心者・復帰者企画10】ブラックスミス育成編・その1


 さて、前回、マーチャントからブラックスミスへの転職を果たしたわけですが、「ポリン団クエスト」の最終試験が残っていたのと、JobLv上げを兼ねて「コモドフィールド 06」の「ホード」を相手に戦い、クエスト報酬の経験値でBaseLvも60にアップしました。


01
▲「ポリン団クエスト」でレベル上げをしていても、転職後にひとつかふたつはクエストが残ることも。弱くて美味しい敵「ホード」も対象になっているので一石二鳥だと思います。


 その後、まだ開けていなかった「レベルアップボックス(Lv55)」を開け、「騎乗用手綱」を入手し、向かうはローグのときにもレベル上げに使った「イズルード海底洞窟 3層」(通称、“伊豆3”)です。


02
▲マーチャント系の騎乗生物は巨大なイノシシ!? 凶暴そうな面構えですが、丸っこい身体が妙に可愛いという説も……。ただ、ホワイトスミスやジェネティックになると一定時間の移動速度アップスキルを取得できるので、マーチャント系で「騎乗用手綱」を持っている人はわりと少ないかも?


 さて、BaseLv60になりたてのキャラだと、正直、“伊豆3”はちょっとツライ感じです。が、私のブラックスミスはStrを中心に伸ばしていることと「所持限界量増加」スキルがあるので、「初心者用ポーション」を山のように持てます(さらにカートに予備を詰め込んでいます)。これを連打しながらなら十分戦っていけると思ったわけです。


続きを読む

【初心者・復帰者企画11】ブラックスミス育成編・その2


 さて、前回、「イズルード海底洞窟 3層」の狩りを経てBaseLv77まで成長、その後「異世界クエスト」をクリアしてBaseLv79になったブラックスミスですが、2015年8月11日(火)のアップデートで、「マラン島」などのクエストの報酬経験値が大幅にアップし、同時に「地下排水路」という、低レベルでも挑戦できるメモリアルダンジョンが実装されました。


 さらに、マラン島へは「冒険者アカデミー」からの転送が実装され、未転生でBaseLv40~99のキャラならば無料で送ってもらえるようになっています(その他のキャラはイズルードかアルベルタから1,000Zenyの渡航費がかかります)。


 メモリアルダンジョン「地下排水路」は、いくつかの難度が選択でき、最も簡単な「お掃除ビギナー」はBaseLv40からチャレンジできます。


 ちなみにメモリアルダンジョンというのは、パーティー単位でダンジョンエリアが生成される、いわゆるインスタンス形式のダンジョン。他のプレイヤーが入ってこられないため、他人を気にせずに戦えますが、逆に言えば通りかかった人に助けてもらうことはできません。メモリアルダンジョンの多くはクリアまでの制限時間や、いったん生成したら次に生成できるまでクールタイム(再入場可能までの時間)が設定されています。


 「地下排水路」の制限時間は1時間。いったん生成すると、次の午前5時を過ぎるまで再生成できません(クールタイム)。また、生成後1時間は再度生成できないことになっているので、午前4時以降に作った場合はそのぶん再生成時間が後ろにずれます。ご注意を。


 今回育成しているブラックスミスは、BaseLv40をはるかに越えていますが、それでも十分すぎるクリア報酬が期待できます。さっそく挑戦……の前に、せっかくなので、マラン島を理解するためにも、島内で受けられる各種クエストも把握しておきたいところです。


 マラン島の入口にいるNPC「マニャミ」に話しかけると、受諾可能なクエストとその依頼NPCを教えてくれます。ついでに依頼NPCの元まで転送もしてくれるという親切設計。ストーリークエストをクリアすると、それに関連したデイリークエスト(毎日繰り返し受けられるミニクエスト)をこなせるようになるので、まずはストーリークエストのクリアを目指すといいでしょう。いくつかのデイリークエストでは、毎回経験値が獲得できるため、低レベルキャラの育成にはもってこいなのです。


01
▲1回限りの各種クエストは報酬経験値が多く、クリアすることでかなりの経験値を稼ぐことができます。「地下排水路」だけでも十分成長できますが、いろいろいいコトがある(後述します)ので、できればこれらのクエストも進めていきましょう。


 なお、今回のスクリーンショットではマラン島の風景が「夜」になっていますが、実装記念のイベント中のものであり、通常状態は「昼」です。期間限定のイベントNPCが写っている箇所もありますが、ご了承願います。


続きを読む