久々に4回目まで引っ張りましたが、ウィザード育成編も最終回となります。今回は、前回紹介できなかった英雄の痕跡「飛行船襲撃」のボス、「怒りの船長ペルロック」戦や、ウィザードのスキル振りについてお話ししていこうと思います。


 まずは、いろいろとつまづいた関係上、ボスに挑戦せずに終えていた「飛行船襲撃」から。詳しくはウィザード育成編・その2を参照してほしいのですが、何度か挑戦していくうちに、道中の敵(主に「ワイバーンキッズ」)は、「ストームガスト」Lv1で凍結状態にして、「ユピテルサンダー」からの「ファイアーウォール」+「ファイアーボルト」のやり方で慣れていきました。このあたりは個人で対処法が違うと思いますが、上手くいかないという方は試してみてはいかがでしょうか。


 さて、「ワイバーン」攻略まではすでに紹介していますが、今回はいわゆる“弱いほうのボス”の「怒りの船長ペルロック」に挑戦していきます。といっても何か特別な戦術があるわけではなかったりします(苦笑)。


01
▲「飛行船襲撃」は最後のアイリスとの会話で、ボスの難易度が選択可能。もちろん強いほど報酬がよくなっていきますが、勝てない場合は本末転倒。未転生キャラの場合は「暴走した船長ペルロック」にはほぼ太刀打ちできない(そもそも敵のHPが多すぎます)はずなので、チャレンジ精神旺盛な方は、あらかじめご注意を。


 前回、ウィザード育成編・その3で、Dexにある程度満足したらAgiに振っていくと紹介しましたが、それはこの「怒りの船長ペルロック」戦のためと言っても過言ではありません。実は「怒りの船長ペルロック」は、銃を使っているにも関わらず、命中力(Hit)がかなり低く、ある程度Agiに振ったキャラであれば、大部分の攻撃を回避できてしまうのです。


 今回のウィザードのFleeは240前後。船長の攻撃速度もそれほど早くないため、連続でダメージを受けても、「初心者用ポーション」連打で回復が追いつく感じです。


 回復はなんとかなっても、攻撃はどうするか。実はもっと単純で、ひたすら「ストームガスト」Lv10を連打していればOKだったりします。「怒りの船長ペルロック」はボス属性なので、「ストームガスト」では凍結もノックバックもしません。逆に言えば強力な「ストームガスト」のダメージをすべて与えることができるのです。ボス属性に対して「ストームガスト」が強いというのを実感できると思います。


 もちろん、詠唱中にダメージを受けても中断されないよう、装備はモルフェウスセットを利用しています。


02
▲モルフェウスセットを装備し、回復を叩きながら「ストームガスト」Lv10を連続で! ウィザードとしてはあまりスマートな戦い方ではありませんが、非常に単純でわかりやすいのも事実。


 そんなわけで、蓋を開けてみれば完全な力押し状態ですが、「怒りの船長ペルロック」に勝利してクリアできれば、飛行船シリーズという装備品も獲得できます。セットで装備すればHPなどが底上げされるほか、このシリーズは精錬を行うことでNPCへの販売額が高くなるという珍しい効果があり、金策にもなるのです。詳しくは「飛行船襲撃」の入り口にいるNPCたちに話を聞いてみてください(飛行船シリーズおよびペルロックシリーズの精錬はここでしかできません)。


続きを読む