ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

アコライト系(プリースト)育成編

【初心者・復帰者企画26】アコライト育成編・その1


 初心者・復帰者企画も6キャラ目ということで、基本職のラストは、他のゲームで言うところの回復系職業(ヒーラー)、アコライトです。アコライトは基本職の中で、もっとも育成の幅が広い職業で、攻撃能力をほとんどもたない完全な回復役から、自身で物理攻撃を行う攻撃役を兼ねた中衛的ポジションなど、人によって様々な育て方が可能です。


 また、アコライトはJobLv40以上になると、プリーストかモンクへと転職可能になります。プリーストは上位2次職のハイプリースト、3次職のアークビショップへと転職が可能になり、モンクは上位2次職のチャンピオン、3次職の修羅へと転職が可能です。


 おおまかに解説しておくと、アークビショップへの道のりは一般的なイメージの回復役である支援系、また、不死属性(アンデッド)モンスターや悪魔形モンスターを中心に魔法スキルを使って狩りを行う退魔系といった、プリーストの延長となります。


01
▲アークビショップになると聖属性の範囲攻撃魔法が使えるようになるなど、攻撃役としても活躍できるようになりますが、パーティーの支援・回復役として育成している人も多いです。


 逆に修羅への道のりは、自身の拳や爪系武器、鈍器などを使って敵を殴り倒す直接打撃系です。特に、修羅になると多彩な攻撃スキルが使用可能になり、多数の敵に囲まれても切り抜けることができたりと、ソロからパーティーの攻撃役まで、かなり幅広い活躍が期待できます。


02
▲「残影」による機動性と数多くの攻撃スキルで1体のボス戦から多数の一般モンスター戦まで、あらゆる面で活躍できる修羅。いろいろとピーキーな調整も必要なため、ある程度熟練したプレイヤー向けかもしれません。


 どちらも人気の職業で、それぞれの職業のキャラを、ステータスや戦い方に応じて何種類も育成している人もいるほどです。


 さて、育成するにあたり、どちらの職業にするか迷ったのですが、初心者にオススメなのはどちらかと言えばプリースト系でしょうか。自身で攻撃を行う、いわゆる“殴りプリ”はモンクほどではありませんが、攻撃力もそこそこありますし、プリースト系はモンク系に比べて最大SP値が高く、回復や支援も行いやすくなっています。


 ただ、プリーストを目指してアコライトを育成していくにしても、そのステータスタイプによって育成のやり方がかなり変わってくるのが問題です。ちょっと長くなりますが、具体的に説明していきましょう。


続きを読む

【初心者・復帰者企画27】アコライト育成編・その2


 アコライト育成編2回目にしてプリースト転職編となります。マラン島のクエストのおかげで、1次職後半のレベル上げにほとんど時間をかけることがなくなったため、かなりスピーディーな昨今です。


 ということでサクサクとレベル上げ……の前に前回の補足から。前回、『LORD of VERMILION ARENA』(LoVA)コラボの「永劫の戦」に挑戦しましたが、冒険者アカデミーから「時の狭間」に移動できるのは期間限定だったようです。『LoVA』コラボ自体が永久実装なので、冒険者アカデミーの転送NPCもずっと配置されるのかと思っていました……。そんなわけで、2015年12月8日(火)以降は、プロンテラに移動したあと、マップ南東の次元の歪みから移動する必要があります。詳しくは公式特設サイトを参照してください。


01
▲1次職でもそれなりに育っている(BaseLv40前後で挑戦中)なら、「初心者用ポーション」の回復でも十分クリアでき、経験値も美味しい「永劫の戦」。報酬の“オルム”で転成儀に挑戦すれば、NPCに売却することでZenyに換えられるアイテムや、一攫千金のカードなどが入手できます。


 ……と、「永劫の戦」ばかり繰り返していても参考にならないので、次のステップに進むことにしましょう。


続きを読む

【初心者・復帰者企画28】プリースト育成編・その1


 物理攻撃をメインにした、いわゆる“殴り型”として育てたアコライトは、前回、転職して“殴りプリースト”になりました。途中、マラン島の「ニャンゲーマーズ」クエストで一気にレベルアップしたため、「レベルアップボックス」関連の装備やアイテムをもらっておらず、冒険者アカデミーに戻り、「マスター・スヌス」からいろいろ受け取ります。


 初心者が最初に迷う「レベルアップボックス(Lv65)」の「防具交換チケット」でもらえる装備ですが、殴りプリーストの場合は、基本的にはAgiやFlee(回避力)が高まる「ヘルモードセット(2)」がオススメです。が、無属性のダメージを15%も減らしてくれる「ヴァーリのマント[0]」を含む「ヘルモードセット(1)」も捨てがたいところ。まぁ、3キャラ以上育成していればすべてもらえるわけですが。


01
▲殴りプリーストの場合、Agiを高める方向でも防御を高める方向でも構わないため、どちらのヘルモードセットでも使いこなせます。今回は「ヘルモードセット(1)」をもらい、「ヴァーリのマント[0]」だけ装備することにしました。他のキャラを育成している場合、BaseLv70以上であれば“飛行船セット”も便利です。


 なお、Int型で育成している方は当然のことながら「モルフェウスセット」がオススメです。詠唱を中断されない装備は、悪魔形と不死属性モンスターに超有効な「マグヌスエクソシズム」を使う際には必須です。また、純支援系のプリーストであっても、SPが増加するので便利です。


 「レベルアップボックス(Lv72)」の「武器交換チケット」でもらえる装備は、前回書いたように「治癒の杖[0]」。純支援型にはそこそこ便利ですが、魔法スキルで攻撃を行う場合はマラン島で入手できる“猫武器”「猫両手杖・旗魚[0]」のほうがいいでしょう。


02
▲アコライト系は、「騎乗用手綱」を使うと、アルパカのような動物に乗って移動できます。「騎乗用手綱」の使用前にかけた「速度増加」は有効なので、かなりのスピードで移動することが可能になります。


 また、前回最後に書いたように、殴りプリーストの武器として「スタナー[0]」を購入しました。


03
▲「スタナー[0]」はモロク北西のピラミッド前のマップにいる商人で購入できます。購入資金は「永劫の戦」の報酬のオルムを使って転成儀を回していれば「金塊」や「黄金」が手に入るので、それらをNPCに売却すれば工面できるでしょう。もちろん倉庫経由でマーチャント系キャラクターに渡して「オーバーチャージ」で高く売り、「ディスカウント」で安く買うのは基本です。


続きを読む

【初心者・復帰者企画29】プリースト育成編・その2


 前回、メモリアルダンジョンの英雄の痕跡「飛行船襲撃」でまさかの敗北を喫した殴り型プリーストですが、弱いほうのボス「怒りの船長ペルロック」であれば、「キリエエレイソン」をきっちりかけつつ攻撃していれば、基本的には負けることはないと思います。


 ということで、翌日にサクッとリベンジしておいたわけですが、ボスからは未鑑定品の“鎧”と“靴”系のアイテムが。これは「飛行船シリーズ」と呼ばれる装備で、鎧、肩にかける物、靴の3箇所の装備を揃えると、最大HPやDef(物理防御力)が上昇する便利な装備。


 クリア時に報酬として必ず1個は選択して入手できるため、肩にかける物の「飛行船マント[0]」をチョイス。ドロップ品として2種類入手できた時点でセットが揃うわけです。1回でセット装備が揃うのはちょっとラッキーかも。


 なお、「キリエエレイソン」で防げる総ダメージは、最大HP値から算出されるため、最大HPを伸ばすのはアリな選択。これまで装備していた「ヴァーリのマント[0]」などから、「飛行船セット」に装備を更新することにしました。


01
▲「怒りの船長ペルロック」初撃破でドロップ品2種類! 実はドロップ率は結構高いので、こういうこともわりとあると思います。3種類のドロップ品を一気に落とすことだってあるのです。


 ちなみに、飛行船シリーズは、メモリアルダンジョンの入り口近くにいるNPCで精錬を行うことができるようになっています。同じ系統の装備を消費して精錬を行うという特殊な強化方法で、さらに、精錬値によって高値で買い取ってくれるNPCも存在しています。何回もクリアして複数の装備が手に入ったら、精錬にも挑戦してみるといいでしょう。あ、「飛行船襲撃」内で入手できる「飛行船シリーズ」および「ペルロックシリーズ」の装備は他のアカウントのキャラとは取引ができないため、売り買いもできません(倉庫経由での受け渡しは可能)。自分で使うか、精錬してNPCに売るか、二択というわけです。


 マラン島の「地下排水路」(お掃除ビギナー)、「飛行船襲撃」は、毎日朝5時になると再入場可能になるので、相当のんびり育成していても2~3日もあればBaseLv90を越えると思われます。そして、BaseLv90になったら新たなメモリアルダンジョン「ゲフェン魔法大会」に挑戦できるようになります。


 BaseLv90ともなると転生追い込みの時期ですが、「ゲフェン魔法大会」で育成がさらに加速できるというのはご存知の方も多いと思われます。この連載でも他のキャラ育成で通った道ではありますが(笑)。


02
▲「ゲフェン魔法大会」挑戦前のステータスと装備はこんな感じです。


続きを読む

【初心者・復帰者企画30】プリースト育成編・その3


 殴り型プリーストの育成もいよいよ大詰め。とはいっても、基本的な育成は前回までに紹介している感じで、マラン島の「地下排水路」(お掃除ビギナー)、英雄の痕跡「飛行船襲撃」、同じく英雄の痕跡「ゲフェン魔法大会」(3回戦まで)をこなしているだけでも十分。


 これらのメモリアルダンジョンは、クリアまでの流れがわかってしまえば手早く周回することができ、1時間もあれば余裕で終わらせることができます。もし時間が取れない場合は、全部でなくてもいいので、できるだけこなしていくことで、無理なくレベルアップが可能です。


 ちなみに、最も経験値が稼げるのは、「ゲフェン魔法大会」。メモリアルダンジョン内部での獲得経験値はそれほど高くはないものの、獲得した「ゲフェン魔法大会コイン」をBase経験値に交換することでレベルアップが可能なのは前回書いたとおり。


 3回戦まで勝利できるようになっていれば、獲得できる「ゲフェン魔法大会コイン」は毎回15枚。これをすべてBase経験値に交換すると1,500,000(1.5M)。これはBaseLv98→99になるための必要Base経験値の76%程度なので、転生までの追い込みとしてもかなりラクラク。


 「ゲフェン魔法大会」に挑めるようになるのはBaseLv90以上ですが、上記3つのメモリアルダンジョンをきっちりこなしていけば、フィールドや通常ダンジョンで狩りをいっさい行わなくても、長くとも3~4日程度でBaseLv99にたどり着けると思います。


01
▲「ゲフェン魔法大会コイン」は5枚単位で経験値と交換が可能です。ただし、交換ができるのは前回の交換時間から23時間後(メモリアルダンジョンの再入場可能時間とは異なるので注意!)。交換可能時間はAlt+uで開けるクエストリストから確認できます。


※追記:2016年9月6日(火)のアップデートにて、「ゲフェン魔法大会コイン」と経験値の交換は、午前5時を越えた時点で再度交換可能になるよう仕様変更されました。


 というわけで、今回は一気に転生まで育成していくことにします。


続きを読む