ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の運営するMMORPG
『ラグナロクオンライン』の話題を毎週お届けしていきます!
今回のタイトルイラストは天童まくらさん(ツイッターはこちら)によるものです。

ガンスリンガー育成編

【初心者・復帰者企画32】ガンスリンガー育成編・その1


 以前より、初心者&復帰者向け企画として、各職業における序盤の育成レポートをお送りしてきましたが、このところ、2016年5月に上位職であるリベリオン(公式特設サイトはこちら)が実装されたガンスリンガー系の人気も高まっています。


 ガンスリンガーは、忍者とともに「特殊1次職」と呼ばれる職業。特殊1次職は通常の6職業(ソードマン系、マジシャン系、アーチャー系、アコライト系、シーフ系、マーチャント系)とは異なり、転生ができません。しかし、転生を経ずとも、他の3次職とほぼ同等のプレイ感覚を得られる上位職(特殊2次職)に転職が可能になっています。すなわち、忍者系の影狼(かげろう)&朧(おぼろ)、そしてガンスリンガー系のリベリオンです。


 しかし、特殊1次職はその名のとおり、いろいろ特殊なので、『ラグナロクオンライン』を開始したばかりのガチの初心者にはあまりオススメできません。特殊1次職が弱いわけではなく、強力な攻撃を行うにはスキルに必要な消耗品(を購入するためのZeny)が必要だったり、他の職業には流用しにくい、専用の武具が必要だったりするからです。


 また、初心者の心強い味方である「レベルアップボックス」の恩恵も受けられないため、成長していく過程で必要な消耗品や武具などは自力で調達する必要があります。


 とまぁ、ここまで読んでいただければおわかりのとおり、特殊1次職は、他の職業のキャラクターをある程度育てたことがある人向けの職業になっています。


 とはいえ、初心者&復帰者であっても、2キャラ目、3キャラ目であれば特殊1次職を育成する余裕が出てくる人もいるでしょうし、なにより、忍者やガンスリンガーを育ててみたいという人は多いはず。


 ということで、今回から初心者&復帰者の中でもやや慣れてきた人に向けて、特殊1次職であるガンスリンガーと忍者の序盤(BaseLv99/JobLv70まで)の育成レポートをお送りしていきたいと思います。


 なお、今回の育成条件としては、過去に初心者&復帰者向け企画で6職業の各系統を育成したアカウントを引き続き使用しています。同じアカウント内に、すでに別キャラがおり、消耗品の代金などには困らない状態からのスタートとなっています(「アカデミーバッジ[0]」や「冒険者のリュック[0]」なども入手済み)。


 そんなわけで、今回からお送りするのはガンスリンガーの育成編です。ガンスリンガーは特殊な装備である銃を扱う職業。銃以外の武器は短剣すら装備できないため、これまでの武器の流用は効きません。攻撃スタイルとしては遠距離物理攻撃系ですので、アーチャー系に近いかもしれません。ガンスリンガーは矢ではなく、バレットと呼ばれる弾丸を装備して攻撃を行います。バレットにはさまざまな属性があり、敵に応じて切り替えて使うことで敵の弱点属性を突くことも可能です。


 また、銃にもいくつかの系統があり、ハンドガン系、ライフル系、ショットガン系、グレネードガン系、ガトリングガン系に分かれています。これらは使えるスキルが異なってくるので、自分が使いたいスキルに合わせた銃をチョイスしていく必要があります。なお、上位職であるリベリオンになると、各銃の系統ごとにより強力なスキルが用意されています。


 ガンスリンガーの育成過程においては、最も人気なのはハンドガン型と呼ばれるタイプ。強力な範囲攻撃スキルである「デスペラード」を中心に戦っていくというのがオーソドックスになっています。今回は、このハンドガン型として育成していく予定です。


01
▲銃とバレットを装備して戦うガンスリンガー。代名詞ともなっている「デスペラード」は、リベリオンになっても使っていけるほどの強力スキルです。なお、ガンスリンガーになると、本来「マスター・スヌス」から2週間に渡って支給される「初心者用ポーション」の供給も打ち切られてしまいます。


続きを読む

【初心者・復帰者企画33】ガンスリンガー育成編・その2


 前回は基礎的な説明を行ったため、本題である育成に関しては序盤のさわり程度しか解説できませんでしたが、今回は一気にレベルを上げる手順を紹介していきましょう。


 BaseLv20程度から、「ポリン団」クエストとルーンの依頼の「気になるあの子」進めてBaseLv25に。とりあえずステータスはDex重視、スキルは「デスペラード」を目指して振って以下のような状態からスタート。


01
▲SSには写っていませんが、このあと倉庫から「冒険者のリュック[0]」を引っ張り出してきて装備しています。「冒険者のリュック[0]」は、特殊スキル「プロンテラへの帰還」が使えるほか、1次職(特殊1次職含む)だと「速度増加」も使えるので、非常に便利な装備です。


 今回はメモリアルダンジョンとクエストを中心に、怒涛のレベルアップコースです。まず最初はBaseLv9からでも挑戦できるメモリアルダンジョン「永劫の戦」から。「永劫の戦」については以下で解説していますので、ご存じない方はリンク先を参照してください。


【初心者向けメモリアルダンジョン攻略01】「永劫の戦」


 レベルアップが目的なので「ミニオン」をできるだけ倒しながら進んでいきます。移動時には「冒険者のリュック[0]」による「速度増加」を使って時間を短縮します。


02
▲深淵の騎士タイプの「ミニオン」は特に経験値が美味しいので、マップ左右に配置されている敵をすべて倒していきましょう。


 スキルレベルが最大になっていない「ラピッドシャワー」や「デスペラード」でも、積極的に使っていくことで、敵の殲滅時間を短縮することができ、すべてのミニオンアークを制圧してボスまで行くのも難しくはないと思います。


 ボスマップでは「ドゥクス・ティア」に遠めから話しかけ、出現したボスを各個撃破で倒していきます。ちなみに今回装備していたバレットは転職時にもらった「バレット」。無属性なので、念属性の「真化カトリーヌ」へのダメージは低くなりますが、「ラピッドシャワー」などで強引に押し切りました。


03
▲クリア時にはBaseLvは43、JobLvは27に。ステータスはDexを伸ばしてAgiも底上げ。スキルは「デスペラード」を10にして、「チェーンアクション」も10に。


 なお、「永劫の戦」は3時間ごとに再入場可能なので、時間があるようならあとでまた挑戦してもいいでしょう。


 BaseLv40になったので、「地下排水路(お掃除ビギナー)」へ……と思いがちですが、その前にやっておきたいことがあります。


続きを読む

【初心者・復帰者企画34】ガンスリンガー育成編・その3


 前回の育成でBaseLv89まで育成したガンスリンガーですが、今回はその続きからとなります。日を改めて育成を行ったので、メモリアルダンジョンはすべて再入場可能になっており、まずは前回訪れたメモリアルダンジョンに再び挑戦して経験値を稼ぎました。


01
▲「永劫の戦」のボスでJobLvがアップして70に。特殊1次職の最高JobLvにまで成長したので、これ以上Job経験値を稼ぐ必要はありません。


 その後はマラン島の「地下排水路(お掃除ビギナー)」へ。


02
▲こちらでは報酬経験値によってBaseLvが1上がって90に。


03
▲BaseLv90時のステータスや装備、スキルはこんな感じ。「星タマゴバッジ[0]」は期間限定で入手できたアクセサリーですが、最大HPと最大SPを少し増加する効果があります。

 そしてマラン島から「次元の狭間 時の通路02」へ行き、英雄の痕跡「飛行船襲撃」を再度クリア。


04
▲ボスの「怒りの船長ペルロック」について、前回は「ラピッドシャワー」連打で倒しましたが、今回はSPが温存できていたので「デスペラード」連打で撃破。最大レベルの「デスペラード」は、周囲のセルに3×3の大きさのダメージ判定を10回行うスキル。目標に多数ヒットすると大ダメージを与えられますが、運が悪いとほとんどダメージが与えられないということも……。


 「飛行船襲撃」のクリア報酬でさらにレベルアップしてBaseLvは91に。前回はこのあと「サラの記憶」をクリアしましたが、特殊1次職の場合は報酬がJob経験値のみ。今回はすでにJobLvがカンスト(カウンターストップ。最大という意味)しているのでパスすることにしました。


 そして前回は到達できなかったBaseLv90を越えたことで、新たなメモリアルダンジョン「ゲフェン魔法大会」への入場が可能になりました。ということで早速挑戦してみることに。


続きを読む

【初心者・復帰者企画35】ガンスリンガー育成編・その4


 前回、BaseLv94にまで成長させたガンスリンガーですが、基本的な育成の方法というのはすでに紹介しているとおり。あとは自分に合う方法を選択して経験値を稼いでいけば、BaseLv99になるのはたやすいと思います。


 時間効率的に最もいいのは「ゲフェン魔法大会」の報酬である「ゲフェン魔法大会コイン」をBase経験値に交換する方法。とはいえ、これは23時間に1回しか行えないので、短時間でいいので毎日ログインできる人が有利。まとまった時間で一気に進めたいという人は前回紹介した狩場などで経験値を稼ぐといいでしょう。


※追記:2016年9月6日(火)のアップデートにて、「ゲフェン魔法大会コイン」と経験値の交換は、午前5時を越えた時点で再度交換可能になるよう仕様変更されました。


 今回は、前回紹介した「イズルード海底洞窟 3層」との比較として、人気狩場の「グラストヘイム 室内01」での「セージワーム」狩りも行ってみました。


01
▲「グラストヘイム 室内01」の入り口に到着。右から2番目にある入口の部屋は、「セージワーム」だけが“隔離”されていることが多く、その状態になっていれば、初心者キャラでも比較的低レベル帯から狩りが可能です。今回はBaseLv96の経験値バー86.9%からスタート。


02
▲「セージワーム」はHPが高いため、1体倒すのにかなり時間はかかります。が、Atk(攻撃力)やHit(命中力)はあまり高くはないので、Agi型のキャラなら攻撃をかわすのも比較的ラクです。ということで、BaseLv97にレベルアップしましたが……。


03
▲30分狩ったあとの経験値バーはBaseLv97の13.9%。SPに余裕があるときは「デスペラード」、通常攻撃を続ける場合は「インクリージングアキュラシー」を使って攻撃力の底上げを行いつつ狩っていました。


 今回の「グラストヘイム 室内01」は、ほぼ貸し切り状態。敵を倒したあとで、次の「セージワーム」を見つけるのも簡単でした。30分間狩り続けて得られた経験値は、経験値バーの伸びから逆算して、だいたい46万(460k)といったところ。時給に直すと920kとなり、前回の「イズルード海底洞窟 3層」をやや下回る結果になりました。


 狩場に他プレイヤーがいないことで、敵にありつくのは余裕だったのですが、逆に言えば、共闘ボーナス(他のキャラクターが敵を攻撃した際に敵からの獲得経験値が増加するシステム)を入れてくれる方もいなかったため、そういった環境まで考慮すると、もっと伸びる余地はあると思われます。状況に応じて狩場を選択していくといいでしょう。

続きを読む