18周年アニバーサリーイベント「ドリームスター・グランプリ2020」が開催中の『ラグナロクオンライン』。2020年12月15日(火)の定期メンテナンス終了後からはクリスマスイベントもスタートしています。今年はアニバーサリーイベント会場にサンタたちがやってきており、2020年の季節イベントNPCとのプレゼント交換やプレゼントボックスのラッピング、「セリーヌのリボン[1]」の衣装化など、恒例の要素が追加されています。

 さらに、フィールドやダンジョンにはクリスマス仕様のモンスターが追加され、この季節ならではのドロップアイテムを獲得できるようになっているほか、ルティエでは特別仕様の結婚式も執り行われます。

 アニバーサリーイベントのポリンビンゴにもビンゴカード3枚目がオープン。新たなビンゴに挑戦できるようになっています。今回のビンゴでパーフェクトを達成すると、「フルエンチャントガチャ」に挑戦できます。「フルエンチャントガチャ」は、+7に精錬された状態の装備品にかなりいい要素のエンチャントが付与されているというもの。……まぁ、どれが“いい”かというのはキャラクターごとに異なるものですが、だいたい「この装備品ならこのエンチャントを目指すよね」と想定できるものがついているみたいです。

286_01
▲3枚目のビンゴカード担当はプルット。ストーリー本編での出番はあんまりありませんが、イベントにはかなり頻繁に出てきている印象ですね。今回もノリノリで参加してくれている模様。

286_02
▲新モンスターの「クリスマスルナティック」。一部では「“マグロの握り寿司”を連想させる」との声も……!?

 さて、12月15日(火)の定期メンテナンス終了後からはYggdrasillワールドに新たなアトラクションが追加されました。それが「蜃気楼の塔YE」です。Yggdrasillワールドで行うPvEアトラクションの第2弾ですね。

 各ワールドで行われていた「蜃気楼の塔」は最大100名の参加者でスタートし、途中で戦闘不能になったキャラが脱落していくというサバイバル風味のアトラクションでした。しかし「蜃気楼の塔YE」は、最初は最大12人ずつの参加者で各エリアを攻略、次のエリアでは前のエリアを攻略した最大24人の参加者が合流して突破を目指す……と、エリアを進めるごとに参加人数が増加していく方式になっています。大きくわけて全4層が想定されており、最終的には最大96名で挑むことになるとのこと。……もちろん、途中で脱落する人もいるでしょうから、いつでも最大人数というわけにもいかないと思いますが。

 「蜃気楼の塔YE」は毎週木曜日と日曜日、15時~16時40分と22時30分~24時10分という昼夜の2回が開催。これにより、火曜日以外は毎日PvEアトラクションが実施されるようになります。

 現在はプレオープンということで、序盤の12名ずつのエリアがオープン。しかも2021年1月26日(火)の定期メンテナンス開始前まで、毎日開催される予定になっています(途中、2020年12月29日~2021年1月12日の「深淵の回廊」開催期間は休止)。

 「蜃気楼の塔YE」にはちょっとした手順が必要になっており、初めて参加する方は戸惑うかもしれません。ここではいくつか注意点を挙げておきますので、まだ参加したことがないという方は参考になさってください。

 Yggdrasillワールドへのキャラクターの作成方法はとりあえず省略しますが、「ティアマト攻城戦YEで遊んでみよう」などを参考にしてみてください。

 「蜃気楼の塔YE」はYggdrasillワールドの3ワールドすべてで開催されます。各ワールドでは6つのHardエリア(BaseLv150以上)とふたつのNormalエリア(BaseLv130以上)があります。

286_03
▲「悠久の王国プロンテラ」の南西付近(復帰地点から西方向)にいる「調査団案内員」から移動します。ここでHardかNormalか、難易度を選択し、該当エリアへ。

 「調査団キャンプ」へ到着したらキャラクターのセッティング。アイテムを補給したりするのも大事ですが、ここで覚えておきたいのが「調査団案内員」から「イグドラシルの雫」をもらっておくということ。

 「イグドラシルの雫」は1キャラにつき3つまで所持できる特殊アイテム。受け渡しなどは一切できません。使用すると自身のHPSPを最大値まで回復すると同時に、「リザレクション」(Lv4)が使用できます。

286_04
▲「調査団案内員」から「イグドラシルの雫」をもらっておくのをお忘れなく!

286_05
▲「イグドラシルの雫」はこんな能力になっています。余ったからといって受け渡しなどはできないので注意。

 各ワールドで開催されていた「蜃気楼の塔」では戦闘不能になったら即退場でしたが、「蜃気楼の塔YE」では戦闘不能になっても復活することができます。ただし「蜃気楼の塔YE」では、「リザレクション」系のスキルや「サテ」などが使えません。唯一、「イグドラシルの雫」使用時に発動する「リザレクション」で復活させることができますので、使いどころを間違えないように気をつけなければなりません。また、キャラクターの復活回数自体にも制限があり、制限をオーバーすると次回の戦闘不能時に強制退場となるので注意しておきましょう。

 アイテム補給をすませ、「イグドラシルの雫」をもらったら、「参加受付員」に話しかけて塔の内部へ。ただし、これで参加が確定するわけではありません。

286_06
▲「参加受付員」から塔の内部へ。

 塔の内部へ入ったら、8つの転送装置のどれかをクリックして「ルート登録」を行う必要があります。各ルートは12名まで登録できるようになっており、ここで初めて参加が確定となります。塔内部へ入っても、「ルート登録」を行わないでいるとアトラクションに参加することはできませんのでご注意を。

286_07
▲ストーリー的には各ワールドで実施された「蜃気楼の塔」の続編になっているようで、最上層にあった謎の水晶の先へ進む様子が描かれています。「ルート登録」前にこのシーンがあるため、先のマップに進んだからといって安心しないようにしましょう。

286_08
▲ジュピロスダンジョンに似たマップへ出ます。ここで最終セッティングも可能です。

286_09
▲ここでルート選択。8つある「転送装置」のどれかに登録して完了です。登録を解除して別の転送装置へ登録しなおすことも可能です(人数が埋まっていなければ)。転送準備時間中には、同じルートに登録したメンバーとパーティーを組んでおくといいでしょう。もちろん、パーティーを組まなくても各個人で参加可能です。

 ということで、参加までの流れはわかっていただけたでしょうか。「調査団キャンプへの移動」、「塔への移動」、「ルート登録」と3段階のステップがあるので覚えておきましょう。

 気になる報酬ですが、「YEポイント」と「蜃気楼の塔YEガチャチケット」、そして2020年12月15日(火)の定期メンテナンス終了後から交換経験値が増量された「鍛錬符」となっています。これらの報酬は攻略の進行度合いに応じて変動するようになっている模様です。

 私も初日に参加してきたのですが、初めてだけにいろいろと失敗も……(笑)。細かいことは後半で。

 この「蜃気楼の塔YE」、いくつかの不具合も確認されています。この記事が公開される前に修正されているかもしれませんが、こちらのお知らせも確認しておきましょう。

 その他のトピックスとしては、先日終幕したRJSの次なる大会が早くも開催。今回は「RJS BitChsh杯 2021冬の陣」として、2020年12月20日(日)の「攻城戦YE(マッチング戦)」から開始となります。年末年始の2週間のマッチング戦は休止(攻城戦、いわゆる乱戦は開催予定)となりますが、2021年3月7日(日)の全10回戦が対象となり、ランキングが決定。新たなシーズンの覇権を目指して各ギルドが競い合います。恒例の勝利予想イベントなども実施される予定ですので、選手以外もチェックをお忘れなく!

 そして、2020年12月17日(木)からは「ラグ缶2021 January」が販売開始となっています。今回は特に魔導ギアタイプのメカニック向けの強力な肩にかける物「パワードウィング[1]」、ロイヤルガード向けのアクセサリー「不死鳥のリング[1]」、白の騎士団エンチャントによるカスタマイズも可能なソウルリーパー専用の「朽ちたガーデンナイフ[1]」が新たに実装されています。また、スペシャルエンチャントが拡張された「名も無き暗殺者のマフラー[1]」もラインナップに入っています。

 ゲーム内の変更点としては、上でもチラリと触れていますが、Yggdrasillワールドのイベントにて獲得できる「鍛錬符」シリーズで獲得できる経験値が大幅にアップしています。詳細は「12月15日のパッチ内容について」を参照してみてください。

 今週からは街やBGMもクリスマス仕様になっていますので、季節限定のロケーションで動画やSS撮影を行ったりするのもいいかもしれませんね。

 それと、直近のアップデートではありませんが、公式ブログによると、先日実施された進化ペットの投票企画、「エドガ」がトップになったそうで、開発がスタートしているそうです。なんと「ワイルドローズ」からの進化を予定しているということで……えっ、ということは「ワイルドローズ」もペット化決定なんですね!?

続きを読む